FC2ブログ

どん詰まりのリストラ


藤原直哉のインターネット放送局:「日本と世界にひとこと」2019年7月3日どん詰まりのリストラ より

昭和のバブル崩壊のときは、まだ海外進出とかグローバリゼーションみたいな、日本にとっては「昭和の延長」で飯の食えるようなビジネスモデルが、まだ存在したんですよね。


国内はデフレですから「御用足し」の経済に切り替えて、完全に縦から横にして、自立連帯で行かないと生き残れない時代になってたんですけど、世界に出ていくとですね、昭和の延長線上の組織運営でも、充分回るようなビジネスモデルがまだあったんですね。


ですから、海外に行った企業の多く、特に大企業は役所の決めた事業を、助成金もらうために仕事する「事実上の官営企業」みたいになってしまった。海外の部分は円安に乗っかって「昭和の商売のやり方」をそのまま延長するというやり方をやってたんですね。


金融なんかは、国内はゼロ金利で回してて、海外では、ほとんど全損に近いぐらい焦げ付かせた銀行もあるようですけど・・・昭和の時代も日本の銀行は、海外に変な融資してましたからね・・・同じことをやっていたわけです。


しかし、それはもう全部終わりですよね。だからその、昭和の延長線上グローバリゼーションと、政府の助成による(事実上の)官営企業で運営してきた会社は、もうどうにもならないですね。


平成の時代になって、どうして日本だけ、こんなに組織が沈滞化陳腐化したのか?なぜ新しいことをやらないのか?理由は簡単で、いつまでも国債刷っても不思議に日本つぶれなかった、ということに尽きるんですね。一千兆の借金があるといいますけど、だいたい全部、平成の時代に作った借金なんですね


普通の国はですね、一千兆の借金つくる前に国が潰れちゃうんですよ。金利が急騰したりですね、ハイパーインフレ起きたりして。しかし、なぜか日本は潰れなかったんですね。まあ、世界最大の債権国っていうのは、そういうことなんでしょうね。だから、みんないい気になってズルズルと、金引っ張り出し続けてきたんですよ。


その結果の「官営企業化」、要するに政府の金を貰えるプロジェクトしかしない、自力でやると危ないから。そんなことになっちゃって、結局、自力でものを考えて新しいことをやるという遺伝子が、消えてしまってるような会社が結構あるんですよね。


だから、政府は金出しませんよとか、激しい円高が来て海外で仕事できませんよ。ということになったら、いよいよどん詰まりですよね。次が無いという状態に追い込まれたんですね。

記事分類
地球ネコ
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中