FC2ブログ

産業政策の失敗と糊塗

■大竹まことゴールデンラジオ#金子勝 (文化放送 2019-08-16)より https://www.youtube.com/watch?v=m3YLTL0gU0c


経産省の産業政策の失敗がひどすぎる。対韓輸出規制で、現実に日本のメーカーがフッ化水素とかの輸出規制をやっちゃったわけ。


「政府は何であんなことしたの?」

いやがらせでしかないでしょう。はっきりいって、自民党としてのお終いですよ。自民党は韓国とか中国の問題をいろいろ言ってるけど(以前の自民党は)経済と政治は分離してたんですよ。企業の経営者や努力をしてる人たちを、政治的な理由で妨害したりするようなことはしなかったんですよ。今はもう、そういうことを平気でするようになった。しかも軍事転用のはっきりした証拠もないんですよ。


「世界では白物家電、サムソンは独り勝ちなわけ?」

「欧米がやってる、東南アジアのリゾート行くと、昔は一流ホテルとか絶対ソニーだったのよ。それがある時期からサムソンに変わったの」。


デジタル関係とか情報通信に関して、日本の競争力はガタ落ちで、特に衝撃的だったのは、官民ファンドの産業革新機構が、3500億円もぶちこんだジャパンディスプレイが、ついに債務超過になっちゃったのよ。しかも、それを隠そうとしてるとしか思えないくらいに、ひどい対韓規制したりする。


有機ELに関しても、サムソンが97%くらいのシェアを握っていて、これの原材料がフッ化水素などの、三品目だったわけです。つまり日本の企業は、半導体とか液晶とかの産業がダメになっていくなかで、原材料産業(化学産業)が必死に食いついて、水平的分業のなかで業績を伸ばしてきたのに、それをぶち壊した


「原発、海外で売ろうと思ってさ、企業力なくしたの経産省だしね。誰が考えてんの?ダメだったらさ、その人たちの予想がうまくいかないんだったら、ちょっと変えてみようかってなんでならないの?」

だから、ダメになる度に情報を隠したり、データーを改ざんしたり、メディアが韓国問題で煽ったりして逃げ切ろうとする


「もし、この日韓問題が足引っ張ってるんだとしたら、経済界からも『ちょっと、これ勘弁してよ』って声が聞こえてきてもいいと思うんですけど?」

多分潜在的には、そういう声はあると思うんですけど、自分たちが本当に努力して、本当の意味で競争してくるっていう気概が全然ないから、ちょっと何か言われるとすぐ黙っちゃう


ジャパンディスプレイの子会社のJOLEDを、何とか生き延びさせようとしたんだけど、結局債務超過になって、奉加帳回して住友化学とかそういうところにまで、金を出させようとしてる。だけど、住友化学は輸出規制品目の、フッ化ポリイミドとかつくってるわけで、規制したいけど、規制できないような状態なんです。


「でも巷では、こうやって三品目規制すれば、そのうち韓国が音をあげるだろうって感じなんだけど・・・・」

一年二年は確かに苦しいけど、韓国もその間に自国開発して、結局、原発の問題と同じように、自分たちの科学産業を壊してしまうようなことになるんですよ。


「あれだよね、政治はもっとクールじゃなくちゃね。若い人たちが『韓国大好き』『日本大好き』とかハッシュタグつくって、とりなそうとしてるのに・・・・」

ほんとだよね。だから免許制のせいなのか、メディアがちょっとひどすぎるな。


記事分類
地球ネコ
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中