FC2ブログ

MAD MEN


1960年代のニューヨーク、マディソン・アヴェニューにある大手広告代理店を舞台に、そこで働く者たちを描くドラマである。なお、タイトルである「マッドメン(Mad Men)」とは本作品の舞台であり、現在も大手広告代理店の本社が多いマディソン・アヴェニュー(Madison Avenue)の広告マンを指す造語である。Wikipedia


Huluを知り尽くした管理人が、アニメやドラマなどの様々な情報をお届けhttps://kaigai-drama-eiga.com/2016/06/20/mad-men/より


会社で働いたことのある人ならば、だれでも恥、嫉妬、ねたみなどの感情を感じたことがあるはず。「なぜ、あいつの方が出世するのか?」という疑問は、「欲望」から発生するものです。もっと出世したい、お金が欲しい、モテたい、というような「欲望」は、すべて他人と自分を比較することにより発生してきます。


「あいつより出世したい」「あの子よりモテたい」と、常に他人よりも上になりたいと願うことが、会社という集団社会で生きる私たちの「闇」の部分といえるでしょう。この「闇」部分を、マシュー・ワイナーが、秀逸の脚本力で描いているのがドラマ「マッドメン」なのです。


昼間からオフィスでウィスキーを飲み、たばこを吸いまくる登場人物たち。女性の体つきをからかい、「今晩どう?」なんて誘うことは当たり前だった時代。あくまでも、セクハラという言葉すらなかった時代の話ですので、これから社会に出ていく人たちはご安心を。


と、いっても、よくよくドラマを見ていると「なんか見慣れた光景だ」と感じるシーンもあり、現代社会も60年代もさほど変わりがないのかもしれないと思ってしまいました。現在の職場とはどんなところが違うか、そして同じなのか、比較してみるのも面白いと思います。


■主人公:ドン・ドレイパー/Don Draper

才能あるクリエイティブ・ディレクター。天才的な発想力で数々の印象的な広告を世に送り出す。ドンを目当てに名指しで発注してくるクライアントも多い。人に流されやすい広告業界の中で、紳士的に振る舞おうとしている。俳優に間違えられるほどのイケメン。


女性にはとにかくモテる。人もうらやむ美人な妻と、かわいい子供たちがいるのに、女性との情事をやめられない一見、非の打ち所がない人物のように見えるが、暗い過去を抱えており、それが発覚することを非常に恐れている。イライラして、ペギー(秘書)に八つ当たりすることが多い。


記事分類
地球ネコ
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中