FC2ブログ

生に対する蔑視

ネクロフィラスな人間は、過去に住んで未来には住まない。彼らの感情は本質的には感傷である。すなわち彼らは昨日まで持っていた感情、あるいは持っていたかに信じている感情の記憶を心に抱いている。彼らは「法と秩序」の冷淡な信奉者である。彼らに価値あるものは、我々の一般的生活に関連を持つ価値とは正反対のものである。すなわち生ではなくて、死が彼らを興奮させ満足させる



生に対するネクロフィラスな蔑視と、スピードや機械的なものをすべて賞賛する傾向とが婚姻関係にあることは、ここ数十年の間にはじめて明らかにされたことである。にもかかわらず、1909年の昔、<未来派宣言>でマリネッティがこのことを簡潔に表現している。


■未来派宣言ーフィリッポ・トンマーゾ・マリネッティー(1876~1944)詩人・批評家

1、われわれは危険を愛し、エネルギッシュで勇敢であることを歌う。

2、われわれの詩の原理は、勇気、大胆、反逆をモットーとする。


3、在来の文学の栄光は謙虚な不動性、恍惚感と眠りであった。われわれは攻撃的な運動熱に浮かされた不眠クイック・ステップとんぼ返り平手打ち殴り合いを讃えよう。


4、われわれは、世界の栄光は、一つの新しい美、すなわち速度の美によって豊かにされたと宣言する。爆発的な息を吐く蛇にも似た太い管で飾られた自動車・・・・・霰弾に乗って駆るかのように咆哮する自動車は<勝利の女神ニーケ>の像より美しい。


5、われわれは軌道の上に自らを投げた地球を貫く軸をもった舵輪を握る人を歌う。

6、詩人は熱狂と光彩と浪費に熱中すべきである。その根源的要素たる熱狂的な情熱をかきたてるために。


7、争い以上に美しいものはない。攻撃なしには傑作は生まれない。詩と歌は未知の力を人間に屈服させるための、激しい突撃でなければならなぬ。


8、われわれは世紀の突端をなす岬に立っている。不可能なるものの神秘の門を破らねばならぬとき、なぜ後ろを振り向かねばならぬか?時間と空間は昨日すでに死んだ。われわれは永遠にして普遍なる速力を創造した。故にもはやわれわれは絶対の中に生きている


9、われわれは戦争 ーそれはこの世の唯一の健康の泉だー 軍国主義愛国心アナーキストの破壊力殺すことの美的傾向女性蔑視を讃えよう。


10、われわれは博物館、図書館を破壊し、道徳主義、フェミニズム、一切の便宜的、功利的卑劣と闘おう。


11、われわれは労働、快楽、さては反抗によって刺激された大群衆を、近代の首府における革命の多色多音な波動を、電気のどぎつい月の下にある兵器庫や造船所の振動を、煙を吐く蛇を飲み込む貧焚なる停車場を、黒鉛の束によって雲にまで連なる工場を、体操家のように日に輝く河の凶暴な刃物を飛び越えている橋梁を、水平線を嗅いで行く冒険的な郵船を、長い筒で緊められた鋼鉄製の巨大な馬に似てレールの上を跳躍する大きな胸をした機関車を、プロペラの唸りが翼の羽ばたき、熱狂興奮した群衆の喝采にも似て滑空飛揚する飛行機の歌を歌う。

記事分類
地球ネコ
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中