FC2ブログ

「おとぎ話」を重視する世界

デモクラシー・ナウ!2019/9/24(火)「よくもそんなことを!」 生態系が崩壊する中で経済の「おとぎ話」を重視する世界をグレタ・トゥーンベリが非難 より

世界中の多くの首脳が9月23日、国連気候行動サミットのためにニューヨークに集まりました。しかし、世界で最も多く二酸化炭素ガスを排出する国々は気候危機に取り組む新たな対策をほとんど発表しませんでした。トランプ大統領とマイク・ペンス副大統領はこのサミットに一時的に出席しましたが、わずか14分で会場を去りました。


16歳のスウェーデンの気候活動家グレタ・トゥーンベリはサミット開始時、各国首脳に対し、気候危機に対して彼らが何もしないことを明確に指摘する熱のこもった演説を行いました。「人々は苦しんでいます。人々は死んでいます。生態系全体が崩壊しています」と、グレタは述べました。「私たちの種としての絶滅が始まろうとしているのに、あなたたちが話すことといえばお金のことと終わることのない経済成長というおとぎ話だけ。よくもそんなことができますね!」



ジェレミー・リフキン「エントロピーの法則」祥伝社 より

以前から言われていることだが、もし地球上にもう一つのアメリカという国が存在していたら、この世界は到底持ちこたえられないだろう。アメリカ人と同じように世界全体が生産と消費に努めるとしたら、その姿を想像するだけで怖気が立つ


中産階級のアメリカ人一人のライフスタイルは、奴隷二百人が生産する仕事量に匹敵するという。バックミンスター・フラー(建築家)はアメリカ人を評して、再生不可能な資源を食いつぶし「エネルギーの奴隷」二百人を所有する人種と呼んでいる


ここで見方を変えて、生命を維持するのに必要なカロリー数に目を向けてみよう。平均的な人間が一日に必要なのは二千カロリーである。ところが、自動車、電気、食品などにおいて、我々一人一人が一日に消費するエネルギー・カロリーは約20万カロリー、つまり、我々が絶対的に必要とするカロリー数の100倍以上である。アメリカの人口は3億2700万人(2018年)だが、エネルギー消費という点からみると、なんと327憶人分に相当する


古典経済学理論では、将来の人類が必要とするエネルギー量を満たす方法は見つからない。市場は将来の世代については考えていない。


経済的・社会的活動においても、物質的進歩という幻想の例が繰り返し見られる。というのも熱力学の第二法則をどこかに捨て去っているからだ。たとえば、農業、輸送、都市化、軍備、教育、そして健康といった問題を採りあげてみても、この間の事情は明白だ。


この六つの分野すべてにおいて、我々は大きな進歩を遂げたと思い込み、また、時につまずいたり退歩することはあるにしろ、進歩とは「永遠のもの」であると信じて疑わない。ところが、綿密に検討してみると、それが単なるたわごとであると、すぐにわかる。


■【熱力学の法則】熱力学の基礎をなす三法則。(1)第一法則。物体に外部から加わった仕事と熱量との和は、内部エネルギーの増加に等しいという法則。熱と仕事は等価で、熱を含めてエネルギーは保存される。(2)第二法則。熱は高温から低温に移動し、その逆は起こらないという法則。あるいは、孤立系のエントロピーは不可逆変化によって増大するという法則(エントロピー増大の法則)。(3)第三法則。絶対零度ではどんな物質のエントロピーも零になるという法則。(デジタル大辞泉)

アメリカによる政権転覆戦争


http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-1f0d85.html

2019/10/24日/マスコミに載らない海外記事■全国放送TVで、アメリカによる政権転覆戦争とずばり言ったトゥルシー・ギャバード■記事原文https://www.strategic-culture.org/news/2019/10/18/tulsi-nails-national-tv-us-regime-change-wars/より


民主党のボス連中と主流メディアが、大統領候補トゥルシー・ギャバードを葬り去ろうとしているのは少しも不思議でない。彼女は、自分たちの政府と軍が、非合法の政権転覆戦争を行い、おまけに、その目的のためテロリストを支援して、本当は何を狙っているのか知るべきことを、アメリカ国民に語っているアメリカ唯一の候補者、多分唯一の政治家だからだ。


今週、ギャバードが民主党テレビ討論を活発化させた時ほど、明白になったことはない。それは、これまでテレビで放送された最大の大統領選討論会と喧伝され、このハワイ出身の議員は、ゴールデンタイムに、国民に耳の痛い真実を語ったのだ。


「ドナルド・トランプの手はクルド人の血で濡れていますが、2011年にシリアで始まって進行中の政権転覆戦争を擁護し、応援団になっている主流メディア内の多くの人々同様、この政権転覆戦争支援してきた両党の政治家の多くもそうなのです。」


この38歳の退役軍人は、更に、ダマスカス政府を打倒する目的のため、アメリカがいかにして、アルカイダ・テロリストを支援したか を非難した。


それはシリアや中東の他の場所におけるアメリカ政策を驚くほど痛烈に批判する評価だった。ワシントンのいわゆる「介入」の野蛮さや残虐さについて、ギャバードが、アメリカ人に本当のことを言ったのは、決してこれが初めてではない。


ギャバードの衝撃的ながら穏やかに語られた発言の後、テレビ討論で、ステージ上にいた他の11人の民主党候補者は、驚いているように見えた。他の連中全員、アメリカ軍はシリアで「テロと戦っている」というエセ言説を語っていた。連中は、イスラム国(ISあるいはISIS)や他のアルカイダ関連集団に対する戦いに悪影響を及ぼすので、北東シリアからアメリカ兵を撤退させるという先週のトランプ発表を非難していた。彼らは、トランプが部分的軍事撤退で「クルド人同盟者を裏切った」ことも強く非難していた。


ドナルド・トランプ大統領は「果てしない戦争を終わらせ」「我々の兵隊を帰国させる」ことについて語っている。だが彼は、アメリカが彼の監督下で「ISISを100パーセント破った」と軽々しく信じているのだ。その意味で、彼は本質的に、アメリカが、世のためになる勢力「白い帽子をかぶって馬に乗って日没に向かってゆく善人」だという民主党やマスコミと同じ陳腐な意見に同調しているのだ。


一方、ギャバードはアメリカ国民に明白な酷い真実を話す上で孤立している。アメリカ政策が基本的問題なのだ。シリアや他の場所での政権転覆戦争を終わらせ、テロ集団との邪悪な共謀を終わらせることが、中東に平和をもたらし、うなぎ昇りの戦争負債という経済大惨事から普通のアメリカ人を救う方法なのだ


アメリカ国民は、自分たちの政府や軍やメディアや政治家が、中東諸国のみならず、けがやトラウマや自殺や薬物乱用などで破滅している何百万というベテランを含め、普通のアメリカ人の生命や生活に与えているこの犯罪的政策の恐ろしいブーメラン効果について真実を知る必要がある。


今週のテレビ討論後、真実を語ったことで、ギャバードが一般投票で勝利したように思われる。ドラッジ・レポートによる主要オンライン投票で、彼女は他の全ての候補者を出し抜いて、投票者のほぼ40パーセントの支持を勝ち取った。トップ候補者のはずのエリザベス・ウォーレンやバーニー・サンダースやジョー・バイデンは、7パーセントかそれ以下で彼女の後に続いている。


明らかにギャバードはアメリカの戦争を率直に描写し、アメリカ国民の琴線に触れたのだ


彼女の衝撃的暴露と、見た目の大衆の支持にもかかわらず、大半の主流メディアは、テレビ討論後、彼女を葬り去ろうとした。VoxやCNNのようなチャンネルは、話の要点が主に内政問題だったウォーレンが討論の勝利者だと宣言した。


(中略)

だが国際的な出来事はハワイ選出下院議員が正しいことを証明している。アメリカ軍部隊は他のNATO軍隊同様、シリア領土を不法に占領しているのだ。彼らは国連安全保障理事会から負託を受けていない。(中略)

ワシントンが、その犯罪的な政権転覆戦争と代理テロリストに対する支援を最終的に終わらせる時、シリアと中東に平和が来るだろう。トゥルシー・ギャバードは、アメリカ人に真実を話す知性と高潔さを持った唯一の政治家であるように思われる

パンドラの箱

藤原直哉のインターネット放送局:政藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2019年10月9日 これが贈収賄でなくて何なのだ より


岸・佐藤時代の密約というのは、物凄いものがあって、その上に原子力利権なんかが乗っかっているわけです。ですから、第二次世界大戦のときの「残りの清算」をしなければいけなくて、そのためには、どうしてもアメリカが先ずやらなければならないんですね。アメリカが清算すれば、日本も清算ということになるわけで、トランプ大統領になってその方向で動き始めてるんじゃないでしょうか。


日本でもウクライナでも、サウジでもイスラエルでも、いやそれはもう、どんどん暴かれてきますよね。彼らも退くに引けないんでしょうけど、トランプの猪突猛進にはお手上げだし、ロシアが協力してますからね、サウジもイスラエルも、ロシアががっちり首根っこ押さえてますから身動きできないですよね。


こうやって、悪い奴らは排除されてゆくわけですけれども、そうすると日本の原子力の話は、相当奥の深い酷い話が出てきますから、これは突破口が空いたと見ていいかもしれません。で、時代が変わるときは、やはり古い時代の真相が明らかになることが、すごく大事なんですよね


政権交代といっても、しょうがない形で終わることが多いんですけど、元に戻さないためには、秘密を全部バラしちゃえばいいんですよ。そうするともう、元には戻せなくなりますよね


だから体制というのは、最後はもう情報の問題なんです。たとえば中国共産党が全部バラされたら、1秒と持たないですよね。それぐらい情報というのは、強権政権では物凄い力を持っていて・・・最後は誰かが情報バラしちゃうんですよ。多くは中からバレちゃうんですよね。仲間割れですよ。たとえば、今のアメリカ民主党・・・


2016年の大統領選挙と同じになってきましたよね。2016年は暴露合戦で、クリントンはこんなに酷い奴だっていうことが分かって、落選して・・・だから、今の段階でバイデンはもう無理ですよね・・・バイデンがもう大統領になれないってことは、ネオコン戦争屋今だけ・金だけ・自分だけの、民主党系大金持ちを支援する大統領候補は存在しないんですよね。来年の大統領選挙は、トランプとウォーレンが戦うんじゃないかと言われてますが、まあ、(ウォーレンは)真ん中から左ですよね。


一巻の終わりですよね。後はもう、トランプ暗殺するかとか、そんなことしか考えられなくなると思うんですよね。だけど、暗殺したからって何も変わらないわけで・・・もう情報が出ちゃって、時代の流れが変わってしまったわけだから・・・ケネディの時は情報が隠されてましたから、今はネットの時代だから、出るときは一瞬で出ちゃいますよね。


ネオコン・戦争屋・大金持ちがアウトということになると、結局、日本も含めてイスラエル、サウジ、ウクライナなんかの、戦争屋とつるんでいた部分は、いちばん元が断たれるわけだから・・・。


第二次世界大戦のあとは、警察・検察なんかもいかにとんでもないことやっていたか、小林多喜二の拷問死とか、いろんな闇が全部とは言いませんが、そうとう明るみになったでしょ。


今度も同じですよ。いったい米軍の陰に隠れて、どんな密約があって、どんなをついてきたか、どのような隠ぺい工作をやってきたのか、どんな偽装をしてきたのか・・・、それって全部、内部から出てくるんですよ。

裸の王様

王は生あるものの家より墓を立派にし、先祖の名を息子の名より大事なものとみなした。跡継ぎのない王たちは紋章を見て日を過ごすか、高く寒い塔の中で星を占っていた。そしてゴンドールは滅亡に向かった。王の血筋は絶え、白の木は枯れた。ゴンドールの支配は臣下に委ねられた。⇨ 白のガンダルフ「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」


藤原直哉のインターネット放送局:政藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2019年10月9日 これが贈収賄でなくて何なのだ より

要するに彼ら、生きてゆく「空間」がなくなってくるわけで、物凄い不安を感じるわけです。そうすると何か起きた時は、自分だけ助かろうとするんですよ。自分だけ助かろうとして、おみやげ情報持って出ちゃうんですよ、そうやって内部から崩れてくるんですよね


歴史的にみると、規律が崩壊した役所とか軍隊とかは、戦いに弱いと思っていいんですね。組織の本当の強さは、腐敗してるか、してないかでわかるんですよ。役所が意気に燃えて結束しているときは、多くの困難を克服できるんですが、いったん腐敗し出すと、今だけ・金だけ・自分だけですから、もうそれは、上から下まで滅茶苦茶なんですよ。現状維持が関の山で、何かやろうとすれば、必ず中から瓦解しますよね。アメリカの利権屋がくっついていたから、何とかやってこれたわけで、これが剥がれたら、一番上から一番下まで、今だけ・金だけ・自分だけなんですよ


今回の、関電の事件もそうですよね。まあ、とにかくこれほど金にまみれたデタラメな奴らはいないってことなんですよ。時代劇みたいなデタラメやっておいて、だれも責任取ろうとしないなんて、一番上がこんなことやってたらね、下まで全部同じか、もっと酷いと思った方がいいですよ。これが実情なんですよ、規律なんて何もないから、こういうところは、つっかい棒外されたら倒れちゃうんですよ


時代は本当に変わって、こういうタテ型の組織みたいなものは、生息することが難しくなってきたんじゃないですか。たいていどこでも、腐敗しきって、腐敗するための養分もなくて枯れ果てたという状況まで来ていますよね。まあ、自然の摂理って言ってもいいと思うんです。だから我々は、日本がどういう状況になっているのか、世界の裏とどうなっていたのか、あるいは世界の裏はどうなったのかという情報に触れる時期に、いよいよ入ってきたんですね。


狭い世界の常識でやってきたものが、どんどんオープンになって、今まで国民には知らされていなかったものも、次々知らされるようになってますよね。だから我々は、冷静になって常識の転換を受け入れなければならないですよね。昨日までホントだと言っていたものが、今日からはウソだとか、昨日までウソだと言っていたものがホントだとか言われると、ほとんどの人は思考停止してしまうんですけど、本当はどうなのかという、現状の把握に努めて、未来を予測するということに精を出さなければならないと思いますね


それからやはり、第二次東京裁判が必要でしょう。原子力村なんか贈収賄事件で第二次東京裁判ですよ。日米安保の裏側で胡坐かいてた連中なんか、皆これ、第二次東京裁判ですよ。それをしなければ、日本は立ち直れないし、世界から信用されないと思いますよ。


それから、財界が一番悪いね、ごり押しをするわけですね、消費増税しろと、だけど俺たちのところは減税しろと、いうわけですよ。こういう奴らは追い出さないと・・・。政府に巣くってる財界は放逐しなければならないんですよ・・・、これが寄生虫みたいに、財政に寄ってたかって寄生して、金吸い上げて、今だけ・金だけ・自分だけやってるわけだから、とんでもない連中で・・・排除しないとダメなんですよ。


トランプなんか、果敢にやってるじゃないですか。金融とかITとか、とんでもない寄生虫を・・・なかなか全部追い出すの大変だけど、一生懸命やってるじゃないですか。ああいうこと、ちゃんとやらなきゃだめですよ。寄生虫の退治は、中国だってやってるじゃないですか。日本だって、やらなければだめですよ。だけど、だいたい方向性が見えてきたので、誰がやるっていうより、これから何をやるってことが大事ですから、未来志向でやらなければと思います

出生率が下がる理由

www.ne.jp/asahi/ts/hp/file6_limits/text/026_two_ethics2.html

Toshikazu Sakurai「千年のうち  In Millennium」余命一年から千年を考える より


■都市で人口の再生産はできない
Reproduction of the population in the city

近代以前も、近代以降も、都市は人口を吸収することはできるが、吸収した人口を、再現することができていない。これは、都市の余裕のなさと、表面的なリスクの少なさによるものかもしれない。


農村部の余剰作物による余剰人員を吸収するが、吸収した後で子供二人以下の生活を送らせることしかできないのが都市ということである。(なんとなくみんなわかっているはずである。地方から出てきて都会暮らしをする次男三男に、農家の実家から「コメ」が届く。あるいは特産品が送られてくる。というのは、ごく当たり前の出来事である。実家から出ていかざるをえなかった同族へのおわびと、連帯は切れてない、必要ができたらもどってきてくれ。そちらでは、生産手段の保有にともなう余裕がないのはわかっているから、生活のタシにしてくれ。ごめんな。必要なかったら戻らないで、消えてくれ。というメッセージなのだ)


教育の奨励は都市生活をしなさいというメッセージでもある。教育は、都市生活を有利にする。余剰人員が都市生活可能になり、結果として出生率を下げる。というのは、最悪の選択ではない。少なくとも平和だからだ。


エネルギーがほどほどに豊かであれば、余剰作物の出た地域を次々切り替えて、都市に供給すればいいのだから、問題はないようにとりつくえる。戦後の日本のように。


しかしエネルギーが本当に余剰生産物のみとなれば、都市は周辺を支配しつくして、やがては環境的に崩壊する。現在の都市が維持できるのは、化石燃料があるからにすぎない


もともと都市は、「領主の館」の拡大版であろう。領主のみが世代交代可能な一軒の家のまわりに種々の家来(貴族)、召使や職人が集合して、都市を形成していくわけである。城下町とはよくいったものである。領主の「所有」する土地が大きくなればなるほど、余剰作物を吸収して「都(みやこ)」が大きくなる


領主のまわりの有象無象の取り分も急速な増加が可能なので、全体でみればゼロサムどころか縮小再生産であっても、都市の魅力は成立して、つじつまはあうのである。


都市が人口の再生産ができない理由

・収入を得るためには就職しかない。そのため高度な教育が必要になる。・また高い収入を得るまでに時間を必要として晩婚化する。・子育ての支援のできる親族から切り離される

そして、根本的なことを書けば、
・都市は空間が狭く、エネルギーが自給できない・資源がない・人材の再生ができない・事業を展開するための空間がない・官僚機構を含めたサービス産業しかできないのです。


結局、都市は自立できない。のです。だから必要ではない。という時代がくるかもしれません。2013年7月13日


都市を擁護する意見は当然あります。
都市生活者は寿命が長くなり 安全で清潔でエコであるという。災害にも強いという。検討しましょう。
 

都市で自給自足はできません。 そして充分な子孫を残すことはできませんこれを指摘するだけで足りるではないでしょうか、補足として。


クオリティオブライフとして

ケージに閉じ込められ、決まった種類の穀物しか餌に与えられないブロイラーと、庭に放されて生きた虫や草を食べて生きる鶏と どちらが良いか?寿命は庭の方が短いかもしれないが、それが問題となるでしょうか?それに平均寿命は、大都市よりも地方の方が長いのではなかったでしょうか


都市のスラムは農村のスラムよりましだという意見については、都市で貧困者が生活できる理由として、供給される食料を生活のダンピング合戦で、結果的にシェアするから、最低限でも食えるだけの話である。2013年8月26日

記事分類
地球ネコ
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中