FC2ブログ

ナルシストの盲目性

エーリッヒ・フロム「悪について」紀伊国屋書店 より


ある人が医院に電話をかけて診察の約束を求める。医者は今週は無理だから、翌週のこれこれの日ではどうかと答える。患者はもっと早く診てほしいと言い張り、急ぐ理由を何も言わずに、自分は医院から五分しか離れていない所に住んでいると言う


医者が自分のところへあなたが来るのに時間がかからなくても、私の時間の問題は解決しないと返答しても、患者にはわかったような気配がない。彼はもっと早く診てくれるのが当然だと言わんばかりに、医者に主張しつづける。もしその医者が精神科医であったなら、これは既に重要な診断をしたことになるだろう。すなわち、その人間が相当なナルシシズムの人、つまり重症患者であることを。


その患者は医者の立場が、自分のそれとは別であるということを理解できない。患者の視野にあるものはすべて、医者に会いたい自分の願望と自分が行くのに時間がかからないという事実だけなのである


自分とは別の予定と用事を持つ、別個な人間としての医者は存在しないのである。患者の理論は、自分が行くのが容易なら、医者が診察してくれるのも容易だと言うことなのだ。医者の最初の説明に答えて、患者が「ああ先生、もちろんですとも、馬鹿なことを申し上げてすみません」と答えるなら、患者に対する診断もすこしは変わってきただろう。


自分と医者の立場を区別できないことに変わりないが、最初の患者に比べて重症ではない。注意されると自分の立場に対する現実を理解することができ、それに対応することができるからである。この二人目の患者は、自分の失敗に一度気づくと、まごつくだろうが、最初の患者は全然まごつかないだろう。彼はこんな簡単なことが分からない鈍感な医者を、いくら酷評してもしたりない気がするであろう。


自分に反応のない女性に恋するナルシシズムの人にも、同じような現象が容易にみられる。彼には女が自分を愛していないとは、とても信じることができないのである。彼は次のような理屈をつける。「僕がこんなに愛しているのに、僕を愛さないなんて事があろうか」と。そして女性が応じないのを次のように合理化する。「彼女は無意識に僕を愛しているんだ。彼女自身の愛情が烈しいのを恐れているんだ。僕を試して、僕を苦しめたいのだ」というふうに。


前者の場合のようにここでも重要な点は、ナルシシズムの人は、他人の現実が自分の現実とは違うということが理解できないのである

記事分類
地球ネコ
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中