FC2ブログ

ガラドリエルの試練

『ロード・オブ・ザ・リング』(原題:The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring)は、2001年の映画。アメリカ・ニュージーランド合作で、J・R・R・トールキン作の『指輪物語』を原作とする実写による作品である。『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作の第1作目。 ⇨ 出典: フリー百科事典『ウィキペディア』



ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社 より

健全なタイプ4(内向的直観型)は、すべてのタイプの中で、最も個人的な人たちである。彼らは、その感情と衝動がどんなに不穏当で不快であろうと、それに関して自分を欺くことはしないし、欠点や不合理性を進んで他人の前に表す。


彼らが人間的であるのは、その感情が純粋で深いこと、そして、もしそれがなすべき正しいことならば、たとえ痛みを伴うことがあろうとも、自分自身の気持ちに触れてほしいと進んで思うことにある


健全なタイプ4は、自己実現よりも伝統やしきたりを重んずる人たちに非難される危険を冒してでも、個人として自分に忠実であることを気にかける。私たちが健全なタイプ4の中に目にする感情の正直さは、自分自身にあまり素直であってほしくない人々に敵意、あるいは少なくとも困惑を抱かせる。


しかし、健全なタイプ4が社会にもたらすものは、模範となる人間性、誰もが個々の人間であるがゆえに価値があるというメッセージである。


彼らは人々の個性を尊重し、その感情に敏感で、プライバシーを必要としていることに理解がある。タイプ4は他人をコントロールすることなく、人々が独自の道を見つけることを喜んで許す。これは、彼らが良き両親、友人、聞き手、セラピストとなる理由の一つである。


健全なタイプ4は、個人としての自分を意識しているため、自分の独特の違いだけでなく、あらゆるものの違いに対して鋭い感覚をもつ


彼らは孤独ではないが、人生においては、自分が独自の意識を持つ、たった一人の存在であることを理解している。この観点から言えば、健全なタイプ4は、単に個人主義者ではなく、個人としての存在を意識している実存主義者である。


こうしたことすべてには、ある程度の厳粛さが存在するが、健全なタイプ4は、あらゆることを厳粛にとらえるわけではない。彼らは優れたユーモアの感覚を持つ。というのも、人生のより大きな問題に照らしてみれば、人間行動の多くに痛烈な不条理のあることを、彼らは知っているからである。


彼らは、人間、特に自分自身の中に、悪魔と天使、卑しさと気高さを同時に見ることができる。こうした対立物を皮肉交じりに並べれば、それはおかしなものであるが、それと同じくらい心を打つ。人間の条件が持つ不調和は、健全なタイプ4に面白がって首を横に振らせる。そして、彼らが、人間の条件の不調和を、自分自身の中以上に気づいているところは、ほかにない

記事分類
BlogPeople
INポイントランキング
ブログパーツ
リンク
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中