FC2ブログ

タイプ6自身の両価性


ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社 より

その結果、タイプ6は、一つの感情状態から他の状態へと揺れる。彼らは次々と状態を変えるため、これが自分のものであると呼べるような感情の安定や対人関係での安全はほとんどないように見える。これが、タイプ6を「行動に関して最も大きな困難」を持つ性格のタイプと確認することが非常に適切であるとする理由である。


彼らは自分の外に権威からの行動の指示を期待するだけでなく、彼らが実際にとる行動が、しばしば優柔不断で回りくどいからである。


彼らの絶えず揺れる性格を理解せずに、タイプ6を理解することは出来ない。彼らの自己感覚を維持するためには、彼らの心理の「両面」が互いに作用し合う必要がある。タイプ6は自分の一方の面を強調して、もう一方の面を無視することは出来ない。たとえば、自分の依存的な面を抑圧することによって自立的になることは出来ない。善かれ悪しかれ、彼らは自分自身の両面の結合物である。


健全であるときは、彼らの両面は互いに手を携えてともに働く。しかし、両面の間に緊張が高まると、不安も増大する。そして、そこに彼らの抱える問題の多くの原因が存在する


その精神は絶えず変化するため、この性格のタイプを単純な言い方で記述することは難しい。タイプ6を「両向性格」外向的感情と内向的感情の結合物と考えると役立つであろう。これが、彼らは不安がかき立てられた場合は特に、それを埋め合わせるために正反対のことをして自分が行ってしまったことに反応する理由である


そのあとで彼らはこの新しい状態に反応し、続いてすぐ次の状態に反応しと、無限に繰り返すもし、矛盾の塊である人を理解するのが困難であるときは、おそらくタイプ6を相手にしているのである


また、タイプ6は、感情的であるのに、最も親しい人に対してさえも自分の感情を直接に示さないことを理解することも重要である。自分と他人の両方に対する両価性は、彼らに混成的な信号を送らせる原因となっている。また、これを別の言い方で表現してみれば、タイプ6は自分の感情、とくに不安に反応し、自分の感情よりも反応の方を伝える。非常に健全であるとき以外は、他の人々は、彼らの頭の中に実際に何があるのか確信できることはめったにない。


こういう理由で、自立と感情の安定、とくに不安からの解放が、彼らにとって非常に重要である。従順になりすぎると彼らの自尊心は傷つく:じゃけんに扱われている人のように他人に対して劣等感を感じる。一方、自立を求めて攻撃的になりすぎると、彼らに安全を与えてくれる当のその人を遠ざけて、何か恐ろしいやり方で罰せられるのではないか、と彼らは恐れる。


タイプ6が直面する挑戦は、自分の性格の両価性をともに維持し、相争う両面の間の緊張を徐々に和らげる手段を見つけることである。互いに引き立て合う一つの単位健全な人間としての自分自身を形づくるまで。

記事分類
BlogPeople
INポイントランキング
ブログパーツ
リンク
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中