FC2ブログ

デルポイの神託

それゆえ、自分自身を知れ、神に任せておくべきではない。人間の真の研究課題は人間である。⇨ アルグザンダー・ホープ「人間に関する小論」


ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社 より

なぜ性格のタイプの研究が有意義であるかについては、さまざまな理由があるが、なかでも重要なのは、人間というものがそもそも興味深く、また危険な存在であるということである。なぜなら人間こそこの世界で最も変わりやすく、人を苛立たせ、喜ばせる、不可解なものだからである。


多くの人々ー 家族、友人、街や会社で出会う人、テレビに映る人、自分の空想や恐れの中に存在する人ー と直接、間接に接触しないで過ごすことは、たとえ一日たりとも不可能であろう。あらゆる場所に人間がいて、あらゆる種類の影響ー 善きにつけ悪しきにつけー を私たちに及ぼす。


私たちは、よく知っていると思っていた相手を、実は理解していなかったということに突如として気づいた経験が必ずある。自分自身を理解していなかったということに気づいた経験さえあるかもしれない。他人の行動はー そして自分自身の行動でさえもー 時には異様で心を騒がせる


おかしな行動がひょいと飛び出したり、場違いなことをしでかしたりする。これらの思いがけない行動の中には微笑ましいものもあるが、不愉快で、後々まで不幸な影響を及ぼすようなものもある。


それだけに、人の特質が現れている性格のタイプというものをあまり顧みないでいると、大きな不幸を招く危険を冒すことになる。よく知っていると思っていた人物が実は怪物だったり、どうしようもない自己中心的人物だったことが分かったりするかもしれない


洞察力がなければ、ひどく侮蔑される可能性がある。その逆もまた真実である:洞察力がなければ、ダイヤの原石を見過ごしたり、大切にすべき関係を断ち切ってしまったりするかもしれない


しかし、問題は他人の性格を見抜くことには誰もが熱心であっても、自分自身をそれほど積極的に見つめようとする人はほとんどいない、ということである。私たちは、他の人々を動かす動機は知りたいが、自分自身に関してのギクリとするようなことを発見するのは恐れている。


現代の競争社会は、古代デルポイの神託命令の重点を「汝自信を知れ」から「他人の精神分析をせよ」に移してしまった。私たちは、X線で透視したように他人の内部を見通したいものだと思うくせに、他人には自分の弱点や欠点を知られたくない


私たちはすべてを逆さまにしている。これを正すには、他人に対しては主観的に、自分に対しては客観的になれといったキルケゴールの助言を思い出せばいい。すなわち、他人の行動を判断するときは、自らを相手の立場に置き、他人が自分自身や自分の世界をどう見ているかを理解するように努め、自分の行動を判断するときは、他人の目で自分を見るようにし、自らに情状酌量の余地を見つけるような安易さを克服するべきである。


それには、自分を見つめるときには自己愛自己欺瞞を、他人を評価すときには皮肉癖自己弁解を克服する必要がある。私たちは、自分に対しては勇気を他人対しては共感をもたなければならない。


自分自身を知るまでは、他人を知ることは出来ないし、他人を知るまでは、自分自身を知ることは出来ない。自分を知ることと他人を知ることは、実は一つのコインの裏と表である

記事分類
BlogPeople
INポイントランキング
ブログパーツ
リンク
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中