FC2ブログ

ブロックチェーンの定義


FUTURE STRIDE/ソフトバンクのビジネスWEBマガジン「超わかりやすいブロックチェーンの基礎知識」、Bettina Warburg「How the blockchain will radically transform the economy 」(TED)より


■ブロックチェーンの定義

ブロックチェーンとは「参加者の中に不正を働く者や正常に動作しない者がいたとしても正しい取引ができ、改ざんが非常に困難で、停止しない多数の参加者同一のデータ分散保持させる仕組み」(超わかりやすいブロックチェーンの基礎知識)


■ブロックチェーンの特徴

1、改ざんが非常に困難 2、システムダウンが起きない 3、取引の記録を消すことができない 4、自律分散システム


ブロックチェーンは、ハッシュや電子署名という暗号技術を用いることで、データの改ざんを容易に検出できる。 また、不特定多数の参加者が取引するが、多数の参加者が全員の取引履歴のコピーを記録しているため、一部のコンピュータがダウンしても、残りの多数の参加者が記録を保持し続けるため、システム全体がダウンすることはない。この取引履歴のコピーは削除もできないため、一度記録された取引の記録は消えずに証拠として残り続ける。(超わかりやすいブロックチェーンの基礎知識)


「例えるなら、ウィキペディアなんかが近いでしょう。ウィキペディアは全てが丸見えです。情報はつぎはぎの状態で表示され、常に変更・更新されます。ウィキペディアは変更履歴を辿ることもできますし、自分のウィキページを作ることもできます。突き詰めれば1つのデータ基盤でしかないからです。ウィキペディアとは、言葉や画像を保管し、それらのデータへの変更も蓄積していく、オープンなプラットフォームだと言えます。一方、ブロックチェーンは様々な種類の資産を保管するオープンな基盤であると言えます」(ベッティナ・ウォーバーグ)


今までの分散システムには管理者が存在していたが、ブロックチェーンは、全ての参加者が自律して取引履歴をコピーし続ける自律分散システム。この自律分散システムの、不正改ざんを許さず、公正な取引の履歴を安定して記録し続ける特性は、仮想通貨を筆頭とした高い信用度を求められる取引には欠かせないものだった。


従来のデータベースでも、複数のコンピュータに分散したバックアップから、エラーや改ざんの修復は可能。しかし、その仕組みは中央集権的であり、サービスを提供する管理者の存在が不可欠。サービスが停止すればデータベースの中身は消失するし、都合によってデータを抹消される可能性もある。また、管理者に悪意があればデータの中身を改ざんできてしまう。


一方で、ブロックチェーンは、サービス提供者であっても記録されたデータの改ざんや消去はできないし、参加者が自身の取引履歴を消すこともできない。この点がブロックチェーンとデータベースの最大の差だ。この特性があるために無名のサービス提供者であっても、通貨などの取引を任せることができると言える。(超わかりやすいブロックチェーンの基礎知識)

記事分類
BlogPeople
INポイントランキング
ブログパーツ
リンク
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中