FC2ブログ

宝とは人間の魂



アンソニー・スティーヴンズ「ユング」講談社選書メチエ より

大いなる秘密は、私たちの人生における何か本質的なものとして具現化する。それで私たちは、年齢に敗れることなく、威厳意味をたずさえて前進することができ、終わりが近づけば「生命とともに死ぬ」覚悟ができる。なぜなら老年の目標は老衰ではなく叡知なのだから。


ユングが晩年に見せた、円熟生産的活発さとなったのは、二度目の「創造の病」だった。1944年のはじめ、六十八歳のユングは心筋梗塞で死の一歩手前までいった。彼は病院のベッドで臨死体験をし、地上から何千キロも離れた宇宙から地球を見下ろした。


彼は自分が世界から離れていくのを感じ、医師が彼を生き返らせたときには憤慨した。とはいえ、彼は完全に回復し、著作に没頭した。以後十七年間、著作が他の一切の活動に優先した。


病によって人格No.1からNo.2への移行が促進されたようだった。彼は二つの夢によってその確信を得た。彼は最初の夢の中で、蓮華座で深く瞑想に耽っているヨーガ行者を見た。


ユングは、その行者がユング自身の顔をしているのに気づき、びっくりして目が覚めた。「そうか、あの男が私を瞑想しているのだ。彼は夢を見ている。その夢が私なのだ」とユングがは考えた。


ずっと後でみたもう一つの夢では、彼は、旧式の幻灯機みたいな形をした未知の飛行物体の投影だった。彼はこれらの夢を、次のようなことを語ろうとしているのだと解釈した。


無意識こそが経験的人格の発生源であり、<自己(セルフ)>は三次元の現実に入ってくるために人間の姿をとるのだ、と。八十二歳になったユングはこう書いている。


結局のところ、私の人生の中で話に値する出来事は、不滅の世界がこのつかの間の世界に侵入したときの出来事だけである。そうした内的な出来事に比べると、旅や人々や周囲についての他の記憶はすべて色あせてしまった。


だが「もう一つの」現実との出会い、すなわち無意識との勝負は、私の記憶にしっかりと刻まれ、消えることはない。その領域にはいつでも富が溢れていたので、それと比べて、他のものはすべて重要性を失ってしまった。『自伝』

記事分類
BlogPeople
INポイントランキング
ブログパーツ
リンク
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中