FC2ブログ

蓄えられない富

https://grsj.org/about.html「ゲゼル研究会」

フレデリック・ソディ「デカルト派経済学」より

生計の手段は、農作業による太陽エネルギーの毎日の収入から得られます。 生活の付随品である衣料や家屋、燃料、快適品や贅沢品はその大部分が過去の地質時代から保存されてきたエネルギーの資本蓄積による収入の増加によって得られています。


生命は、一瞬一瞬、連続するエネルギーの流れに依存しているので、生存を可能にする必需品としての富はストックとしてよりもむしろフローの性質を帯びているのです


こうした回答は社会科学や政治哲学にとって最も重要なものですが、現行の経済体制にはほとんど応用されていません。 というのも、こうした体制は富と負債とを、いい代えれば、社会の富とその個々のメンバーの富とをまったく混同することで築かれているからです。


社会の富はその収入であり、すなわち前述の分析によれば、生存目的に利用可能なエネルギー収入とされます。 これに基づけば、現存の知識で利用されうる形状で、社会の生命にとって必要なすべてが維持可能です。


このフローを相当程度に溜めたり蓄積したりすることは不可能なのです。 正確には、多額の費用をかければ川をせき止めダムを造ることはできます。 しかし、たとえ使われなくても溜められた水は蒸発して少しずつ消えてしまいます。


同じように、条件はいっそう不利になりますが、電気エネルギーを蓄えることもできます。 しかし、富を国家規模で一日分でも蓄えようとするのは、世間が一日に必要とする電力を賄う電池を考えるようなものです


実際には自然は太陽エネルギーを石炭として地質年代を不可欠とするプロセスで蓄えてきましたが、我々がしているのは、より楽なその取り崩しであり、またそれが我々にとってほとんど役立たなくなる前にフローに変換することです。


繰り返しますと、短期的には、このフローはいくつかの実際の商品に姿を変えるかもしれませんが、食品の場合は腐り、家屋は絶えず修復しないと朽ち果て、鉄道、道路、公共建造物、工場、岸壁、船舶など、我々の文明の有形資産はすべて同様なのです


すべてのものが一様に複合減少のプロセスに準じていて、それらの維持には絶え間なく増大する新たな富の年間経費を必要とし、それもまた科学の進歩により急速に時代遅れになっていきます。


こうした蓄積資産は蓄財としてではなく、よくて利用可能なエネルギー収入からの富の維持や増加における補助、ないし付属品として分類されるわけです。 富は収入であり、そ_れ_は_蓄_え_ら_れ_な_い_のです

記事分類
転位
*
*
ランキングに参加しています
BlogPeople
FC2ブログランキング
INポイントランキング
ブログパーツ
リンク
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
私たちは体においてよりも、心において不健康である。⇨ ラ・ロシュフコー

安全で有効なmRNAワクチン?
安全で有効なDNAワクチン?
ファイザー遺伝子ワクチンの副反応
ワクチンの天秤のかけ方
医学部生等まで正体不明のワクチンに捧げるな