FC2ブログ

「病人」のたちあがり方

講座・差別の社会学2「日本社会の差別構造」弘文堂『近代日本における病者の差別』成田龍一 より


「何人にも医学思想を養成せしめん」とし、「素人の医学智識を開発」することを目論む医学博士、糸左近の「家庭医学」を繙いてみよう。


「家庭医学」は「医療」のもとで「病気」を記述し、さまざまな知識の断片を与えるが、ここには不在の主体としての「病人」が想定され「病人へと照準が合わされる。通俗医学書においては、「医療」と「病気」との関係から「病人」が立ち現われ、不在のままふるまいはじめる。


こうした「病人」のたちあがり方が「病人」への差別と排除を創出することとなるが、第一に「病人」が「異常」を持ち、病気の原因そのものとなること、第二に「病人」は「病気」への警戒を怠り、不注意(あるいは無知)であったことが論難される


異常」を持つことそれ自体で、「病人」は排除と差別の対象とされる。さきの吉岡「家庭衛生」は「伝染病」を論じ、「一家の悩みであるばかりでなく、実に国家の災厄」「病者はその業を廃し、家族はこれが看護に従事して働くべき暇を潰すから、生産力を減ずる」と述べ、「家内」と「国家」に「災厄」をもたらすものとして「病人」を語る。「病人」は関係性のなかで浮上するのであるが、その関係性にとっての「異常」- 負の要素として認定され扱われる


とくに「伝染病」の場合は事態は深刻にとりざたされ、吉岡は続けて「病毒が直接に吾々の身体へ入り込んで感染するのであるから、少しでも不潔と認るものは、必ず是を吾々の敵だと看破して、一切身に近づけぬやうにしなければならない」という。敵として扱われるのは、実在としての「病人」である。


一般論としても「伝染の経路」は「患者及び保菌者の排泄物」が多いと取り沙汰されるが、慢性伝染病の代表格たるトラホーム、結核、性病の記述は、それぞれの「病状」を持った「病者」を実体化したうえで「病者」をことごとく標的とする


遠山は「結核征伐の歌」を紹介するが、10番の歌詞は「結核菌は病人の/はきだす痰の中にあり」と歌いだされ、11番は「ことに病者に注意せよ/軽きは他目にわかぬゆゑ/咳せぬ程の人にても/対座は四尺をは隔つべし」とされている。


コレラのようにパンデミーをもたず、いつ感染したかがわからず、徐々に進行するため日常的な注意を必要とするが、警戒を要する対象として「病人」がことあげされる

記事分類
転位
*
*
ランキングに参加しています
BlogPeople
FC2ブログランキング
INポイントランキング
ブログパーツ
リンク
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
私たちは体においてよりも、心において不健康である。⇨ ラ・ロシュフコー

安全で有効なmRNAワクチン?
安全で有効なDNAワクチン?
ファイザー遺伝子ワクチンの副反応
ワクチンの天秤のかけ方
医学部生等まで正体不明のワクチンに捧げるな