FC2ブログ

ナチス人種理論

講座・差別の社会学「差別の社会理論」弘文堂ー米本昌平『科学の言説と差別』2、ナチス社会=人間の国有化 より


ナチス人種理論では、ヨーロッパの白人は、三系統六種に分類され、その中で北方ゲルマン人は、長頭・とがった顎・狭い鼻・金髪・長身が特徴とされた。これも19世紀以来の多様な人種理論の寄せ集めである。


35年以降、さまざまな理由で血統証明書が得られなかった人や、戦線の拡大で新しくナチスの占領下に入った人たちにとっては、このような外見的特徴は、そのまま本人の運命が決まってしまうことでもあった。


人種政策の実働部隊である親衛隊人種植民局は、多数の人種検定員というテクノクラートがいた。そしてナチス人類学の基準にあてはめて、多くの人々の運命を裁断したのである


ナチズムを体現している組織は親衛隊であった。それは人種的エリートとされたばかりではなく、断固たる意志で最も困難な任務も行われなければならなかった。


それは武装親衛隊として第一線に出るだけではなく、秘密政策としてユダヤ人の絶滅収容所の運営も、まったく逆の秘密組織である「レーベンスボルン」の業務も親衛隊が担当した。レーベンスボルンは、ドイツ人私生児や新占領地域からゲルマン的形態だとして人種間定員が誘拐してきた乳幼児をゲルマン的な名前を付けなおして、未来のドイツ人集団に組み入れようとするものであった


その上に、親衛隊長官ヒムラーは、ナチス・イデオロギーを「実証」するために私的なアカデミー「アーネンエルベ」までもっていた。ヒムラーは、新たな占領地でユダヤ人の生首を密かに集めさせ、その頭蓋骨を測定してユダヤ人の劣等性を「確認」しようとした


このような、人種問題から頭蓋容量へ執着する態度は、19世紀の頭蓋計測学の直系である。そして、このユダヤ人の頭蓋骨収集は、45年のニュルンベルク裁判の一つで、その訴追理由の一つにあげられるほどの規模のものだったのである。

記事分類
転位
*
*
ランキングに参加しています
BlogPeople
FC2ブログランキング
INポイントランキング
ブログパーツ
リンク
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
私たちは体においてよりも、心において不健康である。⇨ ラ・ロシュフコー

安全で有効なmRNAワクチン?
安全で有効なDNAワクチン?
ファイザー遺伝子ワクチンの副反応
ワクチンの天秤のかけ方
医学部生等まで正体不明のワクチンに捧げるな