FC2ブログ

近親相姦的固着

私たちはボーグお前たちを同化する抵抗は無意味だ

⇨ 機械使命体ボーグ「スタートレック」



理性の歪曲について、近親相姦的固着の第二の重要な病理学的特徴は、完全な人間的存在としての他人を体験することがないということである。同じ血や土地を共有する人々だけが人間と感ぜられ「異邦人」は野蛮人である。


近親相姦的固着は、進行の程度に従って、それだけ愛する能力を破壊する。近親相姦的固着の第三の重要な病理学的徴候としてみられるものは、独立性誠実との葛藤である。母や種族に結びついている人は、自分自身であること、自己の信念をもつこと、身を委ねること自由ではない。


彼は世界に対して胸襟を開くことも、またそれを抱擁することもできない。すなわち常に民族的・国家的・宗教的な母親固着という牢獄につながれている


人間は近親相姦的固着のすべての形態から自分自身を解放するにつれて、ただ生まれたにすぎぬものから前進し、自分自身となる自由をそれだけもつのである。


近親相姦的固着は、一般に以上のように認識されないでいるか、あるいはまた一見理性的にみえるような方法により合理化されている。すなわち、母に仕えるのは私の義務であるとか、母は私に多くのことをしてくれたし、母はずい分苦労してきたとか、母は、実に素晴らしい人だというように。


固着の対象が母親個人ではなくて国家であったとしても、その合理化の過程は同様である。この合理化の中心には、人はすべて国家に忠誠を尽くす義務があるとか、国家は実に驚嘆すべきものだとか、すばらしいとかいうような概念が存在する


要約すれば次のようになる。母なる人やそれと等価値のもの(血縁や家族や種族)に結合したいという傾斜はたえず葛藤する。正常な発育の場合には、生長の傾向が勝利を得る。重症の病理学的ケースでは共生的結合に向う退行的傾向が勝利を占め、その結果、その人は多かれ少なかれ完全に無能化する


いかなる子供にも近親相姦的衝動が発見されるというフロイトの概念は完全に正しい。しかしこの概念のもつ意味はフロイトの仮説以上のもの がある。近親相姦的衝動は、根本的には性的欲求の結果ではなくて、人間に内在する最も基本的な性向のひとつを構成しているのである。


すなわち自分の出所と縁を切りたくないという願望、自由であることの恐れ、自らを無力化し、何らかの独立性を放棄している対象によって、破壊されはしないかという恐れがそれである。⇨ エーリッヒ・フロム「悪について」紀伊國屋書店 より

記事分類
転位
*
*
ランキングに参加しています
BlogPeople
FC2ブログランキング
INポイントランキング
ブログパーツ
リンク
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
私たちは体においてよりも、心において不健康である。⇨ ラ・ロシュフコー

安全で有効なmRNAワクチン?
安全で有効なDNAワクチン?
ファイザー遺伝子ワクチンの副反応
ワクチンの天秤のかけ方
医学部生等まで正体不明のワクチンに捧げるな