FC2ブログ

生物医学モデル

フリッチョフ・カプラ「新ターニングポイント・ポストバブルの指針」工作舎 第五章 ひろがる医療危機 1、生物医学モデルと現代医学 より


デカルトの時代から300年を経た今もなお、医学は、ジョージ・エンジェルの言葉を借りれば「身体は機械であり、病気はその機械が故障した結果であり、医者の職務は壊れた機械の修繕であるという考え方」いわゆる生物医学モデルに立脚しているのである。


現代医学は人体を限りなく小片に分解することに気をとられて、ともすればひとりの人間としての患者の姿を見失い、健康というものを機械作用に還元することによって、もはや癒しという現象に対処できなくなっている。


それがおそらくは、生物医学の最大の欠陥であろう。臨床医なら誰しも、癒しこそがあらゆる医学の本質的な側面であることを心得ているにもかかわらず、癒しの現象は科学の埒外に置かれ、「治療師(ヒーラー)」という言葉には胡散臭さがつきまとい、医学校では一般に、健康及び癒しの概念が論じられることはない


癒しという現象が生物医科学から排斥される理由ははっきりしている。癒しは、還元主義者の用語では把握しきれない現象なのである。それは外傷の治療についても、また、それ以上に、人間をとりまく物理的、心理的、社会的、環境的要因による複雑な相互作用を伴うことが多い疾病の治療についても、言えることなのである。医学の理論と実践に癒しという考え方をとり戻すためには、医科学が健康と病気に対する偏狭な見解打破する必要がある。


非科学に甘んじるべきだということではない。反対に、その概念基盤をひろげれば、医学はいまよりもっと、現代科学の新たな推移と足並みがが揃うようになるだろうということなのだ


あらゆる時代を通じて癒しは、患者の肉体だけでなく精神、たとえば患者宇宙および至高なるものとの関係をはじめ、患者の自己に対するイメージ、物理的・社会的環境への依存度といったものをも含む全人的な不調和をもってとする、伝統的な知恵に導かれた土俗的な治療師たちによって行われてきた。


現在もなお、世界の大半の患者を診ているそうした治療師たちは、それぞれそれなりに全包括的であるさまざまな方法に従い、多彩な治療術を駆使している。彼らに共通しているのは、生物医学モデルが拘泥している物理的現象だけこだわらないということだ。


治療師たちは儀式や祭礼を通じて患者の精神に働きかけようとする。つねに病いの重要な要素である恐れをとり除き、患者が、あらゆる生体に備わる自然治癒力を喚起するのに手を貸すのである。こうした治療の儀式はふつう、治療師と患者との密接な関係を伴い、治療師を媒介として超自然的な力が発揮されることも少なくない。

記事分類
転位
*
*
ランキングに参加しています
BlogPeople
FC2ブログランキング
INポイントランキング
ブログパーツ
リンク
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
私たちは体においてよりも、心において不健康である。⇨ ラ・ロシュフコー

安全で有効なmRNAワクチン?
安全で有効なDNAワクチン?
ファイザー遺伝子ワクチンの副反応
ワクチンの天秤のかけ方
医学部生等まで正体不明のワクチンに捧げるな