FC2ブログ

「量」より「質」の成長

サスナビチャンネル「ハーマン・デイリーの定常経済を考える」より 話し手:枝廣淳子・環境ジャーナリスト、聞き手:足立直樹・株式会社レスポンスアビリティ代表取締役


枝廣:定常経済っていうと、経済が動いていないとか死んだ経済っていうイメージを持たれるのですが、そうではなくて、本当に活発な経済活動が行われていて、新技術、面白いものも出てくる。だけどその新しいものを皆が受け入れるのであれば、それを作るのに必要な原材料やエネルギー、それから出る廃棄物と同じ量のものを何か減らさないといけない


あっちも持っておいてこっちも増やしていくとスループットが増えるので、これを取りたいんだったら、どれか止めていく、そういうかたちで活発な経済活動は行われる・・・。よく、定常経済の話をすると、自転車はこぎ続けるから進むので、こぐのやめたら倒れるでしょ、定常経済になったら経済倒れるんじゃないですか?ということを言われる方がいるんですが、実は今の成長経済というのは、自転車を加速している状況なんですね。


前よりも早く前よりも早く、そっちの方が本当は危なくて、定常経済というのは同じ速度でこぎ続けること、それが一番安定してるし、倒れる心配がない。


足立:もう一つ思ったのは、私たちどうしても、成長というと量のこと考えてしまうのですが、質が進歩していけばいいわけですよね。量は今までと同じ、あるいは少なくなっても、質が高まっていくことを別に否定するのではなくて、同じスループットの中で、どんどん質が高まっていく、そういう意味での発達っていうものは、定常経済ではOKなんですよね?


枝廣:そうです。そういう意味でいうと、スループットは変わらなくて質が高まった場合、付加価値が高いという理由でお金をたくさん払うのであれば、定常経済でもGDPは成長できるんです。だけど、量だけでGDPを測るという考え方だと定常経済ではない、スループットが地球の限界を超えてしまっているわけですから、このままでは続けられない


足立:その定常経済を、どうしたら実現できるのかということなんですが、ちょうど私たちがやっている「自然資本」という考え方なんですけれども、いままで「自然資本」というものは外部経済、経済の外にあるものだったので、いかに汚しても、いかに棄損しても、ノーカウントなんですね。そうではなくて、それをきちんと見ていこうと。

記事分類
転位
*
*
ランキングに参加しています
BlogPeople
FC2ブログランキング
INポイントランキング
ブログパーツ
リンク
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
私たちは体においてよりも、心において不健康である。⇨ ラ・ロシュフコー

安全で有効なmRNAワクチン?
安全で有効なDNAワクチン?
ファイザー遺伝子ワクチンの副反応
ワクチンの天秤のかけ方
医学部生等まで正体不明のワクチンに捧げるな