FC2ブログ

不健全な外向的思考型

ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社 より


■不健全なタイプ1の分析【狭量な人】


不健全なタイプ1は、客観的な事実によっても、他の人のより優れた論証によっても、自分が間違っていることを証明されることには我慢ができない自分の言うこと成すことすべてに自分は常に正しいと、彼らは完全に確信している。理想は実を結ばず、危険な絶対なるものとなってしまっており、不健全なタイプ1は、その絶対なるものに関しては絶対に譲らない


彼らの理想は厳格な教義であり、彼らはそこから逸脱することはできない。彼らはあらゆるもの、あらゆる人を絶対ー 正と邪、善と悪、救われた者と地獄に落とされた者ー の光に照らして見る。中間地帯どっちつかずの領域も、例外が生ずる可能性もない。彼らは絶対的な完全さとの妥協を必要とするような状況を考えることを拒否する。彼らが見るところでは、不完全さは最小のものであっても、全体を台無しにするので容赦なく根絶しなければならない。


しかし、絶対なるものに従って生きることは、必然的にそれに対応する自らの人間性の否定を伴う。高く登れば登るほど、彼らはますます遠くに人間性を置き去りにする。彼らは人間性は愛するが、個々の人間は憎悪する人間嫌いとなる


完全主義の通常のタイプ1は、少なくとも時々は自分自身も批判の対象とし、完全さに到達できないときは罪悪感を覚えるという点で、狭量で不健全なタイプ1との違いがある。このことは、自分自身を批判から除外する不健全なタイプ1には当てはまらない。


不健全なタイプ1は極度独善的で、完全さについての最も厳格な理想を実践しようとしまいと、自分を正当化させると感じる。(私は正しい。だから、私の言うことすることはすべて正しい」。)


怒りは彼らの最も顕著な、そしておそらく唯一の感情として残る。不健全なタイプ1は、悪事を働く者たちに正義を行うとき、個人的な感情をまったくまじえていないと思いたがる。しかし、紛れもない復讐心の要素が彼らをつき動かし始めていても、彼らは自分に対して認めることができないし、ましてなおさら、他人に対しては認めることはない


彼らが自分に対して抱いているイメージはあまりにも崇高なため、完全な動機にもとるものはどのようなものでも決して認めない


実際、彼らは他の人たちの信念や行為をまったく我慢することができず、自分に同意しない者は誰でも、不道徳で邪悪であると考える。不健全なタイプ1は憤慨して自分の見解を人に押し付け、人は、もちろん彼らの定めた正しいことをするようにしなければならないと、感じる。宗教、正義、真理ー 彼らの理想のどれか、またはすべて ーは、自分の立場を強め、他の人たちには誤ったり、罪を犯していると感じさせるように行使される


しかし、そうするうちに不健全なタイプ1は皮肉なことに、奇妙な立場に自分を置いて詭弁によってでしか擁護できないような理論をもち出すが、詭弁に気づくことは、不健全なタイプ1を瞬時も妨げはしない。というのは、彼らは自分の行為が自分の表明した信念に大きく矛盾しょうとも、自分の行為のすべてを正当化することに熟達しているからである


不健全なタイプ1は、あまりにも強く他の人々に腹を立てるので、その怒りの不合理性は、彼ら自身すらも混乱させるが、彼らはその怒り自体が正当であるとも感じる。そうであっても、彼らは怒りが手に負えなくならないように、自制を強めようとする。しかし、皮肉なことに、不健全なタイプ1は今までにも増して、その自制心を失っていく。彼らはあまりにも強くねじを巻かれているため、そのまきの強さ自体が避雷針として働いて、抑圧された感情が思いがけずほとばしり出る。

記事分類
転位
*
*
ランキングに参加しています
BlogPeople
FC2ブログランキング
INポイントランキング
ブログパーツ
リンク
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
私たちは体においてよりも、心において不健康である。⇨ ラ・ロシュフコー

安全で有効なmRNAワクチン?
安全で有効なDNAワクチン?
ファイザー遺伝子ワクチンの副反応
ワクチンの天秤のかけ方
医学部生等まで正体不明のワクチンに捧げるな