FC2ブログ

タイプ2と演技性人格障害

ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社 より

不健全なタイプ2(外向的感情型)は演技性人格障害に部分的に相当する。

MSDマニュアル・プロフェッショナル版 より

■演技性パーソナリティ障害

演技性パーソナリティ障害は,過度の情動性および注意を惹きたい欲求の広汎なパターンを特徴とする。診断は臨床基準による。治療は精神力動的精神療法による。


演技性パーソナリティ障害患者は自分の身体的外見を利用し,他者の注意を得るために不適切に誘惑的または挑発的な形で行動する。患者は自主独往の感覚を欠いており,非常に被暗示性が高く,しばしば他者の注意を維持するために服従的に行動する。


一般人口の1.5~3%が演技性パーソナリティ障害を有していると推定されており,男性よりも女性に多い。


併存症,特に他のパーソナリティ障害(反社会性,境界性,自己愛性)がよくみられ,これらの障害に共通の生物学的脆弱性があることを示唆しているか,または演技性パーソナリティ障害が別個の障害であるかどうかについての疑問を投げかけていると言える。身体症状症も認められる患者がおり,これが受診理由となる場合がある。うつ病,気分変調症,および変換症が併存することもある


*変換症は,無意識かつ意図なく発生する神経症状または神経学的障害から成り,通常は運動または感覚機能を障害する。その臨床像は既知の病態生理学的機序または解剖学的神経支配と合致しない。変換症状の発症,増悪,または持続は,ストレスなどの精神的因子に起因しているのが一般的である。診断は,原因としての身体疾患を除外した後,病歴に基づいて行う。


演技性パーソナリティ障害患者は継続的注目の的になることを求め,そうなっていない場合にしばしば抑うつを生じる。患者はしばしば活発劇的情熱的なれなれしく,新しい知人を魅了することもある。


このような患者は,潜在的な恋愛的関心によってだけでなく,様々な状況(例,職場,学校)でしばしば不適切に誘惑的かつ挑発的な形で衣服を着用し,行動する。患者は自分の外見で他者に印象づけたいと考え,そのため自分の外見にとらわれていることが多い


感情の表現は表面的(急に感情を消したり,見せたりする)で誇張されていることがある。話しかたは劇的で,強い意見を述べるが,その意見を裏付ける事実または詳細はほとんどない


演技性パーソナリティ障害患者は他者および最新の流行に容易に影響を受ける。非常に人を信用しやすく,特に,自分のあらゆる問題を解決してくれると考える権威者を盲信する。しばしば自分と他者との関係を実際よりも親密であると考える。新奇なものを渇望し,すぐに飽きる傾向がある。このため,仕事や友人を頻繁に変えることがある。遅れて来る充足感は患者にとって非常に苛立たしいものであるため,しばしば即座の満足を得ることに興味をもつ。


感情的または性的に親密な関係を得ることが困難な場合がある。患者は,しばしば気づくことなく,ある役割(例,被害者)を演じることがある。患者は誘惑的または感情操作利用してパートナーを支配しようとする一方で,パートナーに強く依存するようになることがある。

構造としての愛

ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社 より


■タイプ2の概観

愛はきわめて多くの様相をもっているので、定義するのはむずかしい。愛は人によって、また相手とどういった関係を結んでいるかによって、別のものを意味する。この言葉は、数々の美徳ばかりか悪徳を表すのにも用いられる。


すべての性格のタイプの中で、タイプ2は愛を、他人に対する肯定的感情をもつこと、他人を世話すること、自己犠牲という観点から考える。こういった側面が愛の全体像の中の重要な部分を占めていることは間違いない。しかし、タイプ2がともすると忘れがちになるのは、至上の愛は感情よりも現実により密接に結び付くということである。


真の愛は、たとえそれが互いの関係を危うくすることになるとしても、相手にとって最高のものであることを欲する。愛は、たとえタイプ2が相手の人の人生から身を引かなければならないことを意味するとしても、愛される者が強くなり自立することを欲する


本当の愛は、決して相手が進んで与えたくないものを取り上げるために使われたりしない。愛は、誰に責任があるかにかかわらず、応答のないこと身勝手過ち超えて生き残る。そして、愛は取り戻すことができない。もしできるとしたら、それは愛ではない


タイプ2は、人生の中のよいことすべての根源は愛であると心から信じており、多くの点で彼らは正しい。しかし、一部のタイプ2が「愛」と呼ぶものとその名に値するものとは、大きく異なったものがある。この性格のタイプの中には、無私の真実の愛から、「快楽」を喜ぶ感情表現やユダヤ人の母的な他人を操る行為(他人を操るために愛を利用するのは、ユダヤ人や母親にかぎらないが)まで、考え得るかぎり様々な愛の形がある。


愛の旗を掲げて行進する人々の中には、最も無私無欲な天使から、最も憎悪に満ちた悪魔まで、きわめて多種多様な人種がいる。性格のタイプ2を理解することは、彼らがどうしてそういうふうになったかを理解するのを助けてくれる。


■タイプ2の著名人

マザ-テレサの箴言

愛のスペクトル

ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社 より

■タイプ2の人物像

健全な状態:利己心がなく、公平無私で、他人のことを第一に考え、他人に無条件の愛を注ぐ、感情移入しやすく、同情心が厚く、気を配り、心が温かく、相手を気遣う、人を勇気づけ、寛大で、気前がいい:他人を助ける愛情深い人物


通常の状態:感情をはっきり表に出し、ものの言い方が大げさ で、愛想がよく、あらゆることに関して善意に溢れている。やたらに人と親しくなり、相手を包み込み、なんでも自分のものにしておきたがる

・他人にいくら尽くしても満足するということがない、自己犠牲的で母親のような人物である。

うぬぼれが強く、自分をかけがえのない人間であると思っているが、他人にしてやったり自分の努力を過大評価する。横柄で、恩着せがましい


不健全な状態:人を操り、自分の有利を図り、他人に罪の意識を植え付け恩を着せる。自分の動機と行動に対して自己を欺く暴威を振るい、高圧的である。

・自分が欲することを、他人にしてもらう権利があると感じる。

・犠牲的で「殉教者」になる。

・自分がひどい目にあっていると感じ、ひどく憤慨し、腹を立て、最後には、心気症や心身症の問題に終わる。


主要な動機づけ:愛されたがり、他人に対する感情を表したがり、他人に必要とされて感謝されたがり、他人が自分に応えることを強要したがり自分自身についての自分の主張の正しさを立証したがる


タイプ2の人物例:マザー・テレサ、マハトマ・ガンジー、エレノア・ルーズヴェルト(アメリカ合衆国第32代大統領フランクリン・ルーズベルトの妻)、レオ・ブスカリア(教育学者『葉っぱのフレディ』の著者)、ビル・コスビー(コメディアン、テレビプロデューサー)、ルチアーノ・パヴァロッティ(オペラ歌手)、サミー・デービス・ジュニア(エンターテイナー)、フレッド・ロジャース(「ミスター・ロジャースのご近所さんになろう」で活躍した聖職者であり、人形術師、脚本家、プロデューサー)



■健全な段階vs不健全な段階

「危険なのは、あの男の子の方でしょ。」我々は精神に及ぼす力について研究している。ああいう力は予想もしていなかった。8958なら我々の基準に合わせられるが、少女は違う。「女の子に合うように基準を変えればいいわ。」それは無理だ。少年には適応する要素がある。自己愛の強い人間ほど破壊行為を好むものだ。人を支配したがり、それができる。8958はそういう幻想をもっている。その点、2121には問題が多い。欲がない、自己愛もなく、度が過ぎるほど善良だ。おそらく我々の思い通りにはならない。これ以上研究しても無駄だ。必要のない存在だ。




段階1

段階9

「空気を読む」理由

ユング「タイプ論」みすず書房/10章-タイプの一般的な説明<外向型・感情>より

外向的な構えにおける感情は客観的な既成事実に従って自らを方向づける、すなわち客体が感情のあり方を決める上で欠くことのできない要因になっている。感情は客観的価値と一致しているのである。つねに感情を主観的な事柄としか思わない人には外向的感情型の本質はなかなか理解されない、というのは外向的感情は主観的要因からできるだけ解放されており、そのために客体の影響に完全に従っているからである。


たとえ外見的には個々の客体のもろもろの性質とは無関係であることがはっきりしている場合でも、やはり伝統的価値やその種の普遍妥当の価値に囚われているのである。たとえば私が「美しい」とか「よい」といった述語を用いなければと感じる場合、それは私が主観的な感情からその客体を「美しい」とか「よい」と思うからではなく、「美しい」とか「よい」と言う方がその場にふさわしいからなのであり、しかもこのその場にふさわしいとは、反対の判断を下すと皆の感情の場を何らかの形で乱すことになるという意味である


このようにその場にふさわしい感情判断をするといっても、それはけっして偽ったり嘘をついているのではなく、一種の順応行為なのである。こうしてたとえばある絵画を「美しい」と言うときも、それはサロンに掛けられている有名な画家のサインの入った絵画は一般に「美しい」はずであるからとか、「嫌い」という述語を述べると幸せな気分になっている持ち主の家族の感情を損なうかもしれないとか、訪問者の側に心地よい雰囲気をかもし出そうとする意図があり、そのために是非ともあらゆることを心地よいと感じなければならないから、といった理由によるものである。


こうした感情は客観的な決定因子を基準にして方向づけられている。これはそれ自体としては正真正銘の感情であり、目に見える感情機能をすべて表している。ちょうど外向的思考が主観の影響を可能な限り排除するように、外向的感情も一定の分化過程を経てあらゆる主観的な不随物を取り除かなければならない。この感情の働きによってなされる評価は客観的評価にそのまま合致しているか、少なくとも何らかの伝統的普遍的な既存の価値基準に合致している


いったいどうしてこれまでに大勢の人々が劇場や演奏会や教会に行き、しかもいかにも杓子定規にそれらを受け容れようとする気持ちをもって行くのかというと、それは大部分この種の感情によるものである。流行や、これよりはるかに価値のある、社会的・人道的・その他の・文化事業が積極的に幅広く支持されるのも、このせいである。


こうした事柄においては外向的感情が創造的要因であることは明らかである。この感情なくしては、たとえば気持ちのよいなごやかな交際など考えられない。この意味において外向的感情は外向的思考と同様に合理的に働く有益な力である。


ところがこの有益な作用も、客体が過度の影響力を獲得すると、そのとたんに失われてしまう。というのはこうした場合過度に外向的になった感情が人格を客体の中へあまりにも極端に引きずり込む、すなわち客体がその人物を同化し、そのため感情の主要な魅力をなす個性が消えうせてしまうからである


こうした感情は隠された意図をつい漏らしてしまったり、いずれにせよそうした疑いを公正な観察者に抱かせてしまう。それはもはや純粋な感情が常に備えている、あの気持ちのよいすがすがしい印象を与えず、たとえ利己的な意図がまったく意識されていない場合でも、そこには気取り芝居気が漂っている。しかしそれはもはや心に訴えかけるものではなく、せいぜい五感ないし、より悪い場合は悟性に訴えるものでしかない。


しかしそれだけのことでそれ以上の効果をもたらすものではない。感情が不毛化してしまうのである。この過程がさらに進むと、感情は分裂して異様なほど矛盾に満ちたものとなってしまう。すなわち感情が客体の一つ一つに感情的な判断を下して自分のものにし、互いに内的に矛盾する様々な関係を結んでしまうのである。


ただしごくわずかでも主体が存在しているかぎり、このようなことは絶対に不可能であり、そのため真に人間的な立場は残る隈なく抑圧されてしまう。主体が個々の感情過程に吸収されてしまい、その結果あたかもそこにあるのはもはや感情の過程だけで、感情の主体は存在しないかのような印象を観察者に与えるのである。感情はこうした状態になるとそもそもそれが持っていた人間的な温かみを完全に失い、気取り気まぐれ信頼できない・といった印象を、よりひどい場合にはヒステリーという印象を与えてしまう。

他人に対する強い感情

ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社 より

タイプ2(外向的感情型)は、他人に対して強い感情を抱いているが、自分自身の感情に関わる潜在的な問題をもっている。相手に対していかに肯定的な感情を抱いているかということを大げさに表現する一方で、否定的な感情にはまったく目をつぶる傾向がある


彼らは、自分自身を愛情深く、人の面倒をみる人間であると見ているが、彼らが他人を愛するのは、ほとんどすべての場合、ただ単にお返しとして相手にも自分を愛させるためである。彼らの愛は無償ではない。お返しの期待がくっついている。


しかし、健全なタイプ2は全性格のタイプの中で最も思いやりがあり、誠実に人を愛する人々である。彼らは強い感情の持ち主であり、親身になって他人を気遣うので、わざわざ他人を助けてやり、本当にいいことをし、本当の必要に応える。


しかし、不健全になると、タイプ2は自分自身に攻撃的感情があるということと、その感情の及ぶ広がりについて思い違いをし、自分がどれほど人を操り放漫になり得るかということを認めない。


不健全なタイプ2は、完全に無私無欲であるといいながら、実は極めて利己的なので、すべての性格のタイプの中で最も油断がならない人々である。彼らは、他人に対して酷い仕打ちをしておきながら、自分は完璧なほど善良であると信じている


問題の核心は、通常のタイプ2でさえも、様々な動機と、矛盾した感情と、自分として満たしたい個人的必要をもつ人間としての、ありのままの姿として自分自身を見ることができないという点である。


逆に、だんだん自己欺瞞的になるにつれ、自分を最も好意的に見て、否定的性質は無視する。タイプ2を理解するうえで難しいのは、彼らが自分の欲しいものを手に入れようと没頭する際の人を操るやり方である。タイプ2が堕落すればするほど、彼らに対する私たちの認識を、「自分は極めて高潔な人間である」という彼ら自身の認識と調和させることがより難しくなっていく。


彼らは常に自分自身を免罪し、私たちにも同じことをするように要求する



■タイプ2の著名人
ガンジーの名言

記事分類
転位
*
*
ランキングに参加しています
BlogPeople
FC2ブログランキング
INポイントランキング
ブログパーツ
リンク
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
私たちは体においてよりも、心において不健康である。⇨ ラ・ロシュフコー

安全で有効なmRNAワクチン?
安全で有効なDNAワクチン?
ファイザー遺伝子ワクチンの副反応
ワクチンの天秤のかけ方
医学部生等まで正体不明のワクチンに捧げるな