FC2ブログ

矛盾に満ちたタイプ


ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社 より

タイプ6は矛盾に満ちている。彼らは感情的には他人に依存するが、自分自身をあまり見せない。他人の近くにいたいが、彼らが信頼できる人かどうかをまず確かめようと試す。権威を崇拝し、しかし、それを恐れる。従順であり、しかし従順でない。攻撃を恐れるが、ときには自分自身きわめて攻撃的である。彼らは安全を求めていながら、不安を感じる。人から好かれ、慕われるが、卑劣で、嫌悪されることもある。伝統的価値を信じるが、それらの価値を覆しもする。罰を逃れたいが、自ら招いてもしまう。


タイプ6は、反応的で、一つの状態から他の状態、たいていは事実上の反対の状態に非常に素早く揺れ動くので、九つのタイプの中で最も当惑させる人々の部類に入る。タイプ6はあまりにもしばしば前言をひるがえすので、不可解で人を失望させることがある:彼らは愛らしくて人に慕われるが、続けてすぐに気難しく非協調的になる:彼らは果断で自己主張的であるが、続けてすぐ、ほとんど次の瞬間には優柔不断で煮え切らない。


自分にとって重要な人からの承認を求めるが、下位にい続けることは拒否する。従順であり、続けてすぐにあからさまに反抗的になり、権威が行うように命じたことからそれてゆく。その結果、タイプ6は最も矛盾した性格のタイプであるため、理解するのが最も難しい人々の一つとなる。


タイプ6を理解する鍵は、彼らは両価的(アンビヴァレント)であるということである。彼らの性格の二つの異なった側面が、攻撃的傾向と依存的傾向の間で揺れている


彼らは自分が強いとも弱いとも、依存的とも自立的とも、受動的とも攻撃的とも感じる。ジキル博士とハイド氏の場合のように、タイプ6の刻々と変わる状態を予想するのはむずかしい。それぞれの<段階>で、彼らは、すぐに通り過ぎてしまい、その後に続くであろう性格とは、本質的に異なる性格をみせる。


事態をいっそう複雑にするのであるが、タイプ6は他人に対してだけではなく、自分自身に対しても両価的である。彼らは自分自身が好きであり、続けてすぐに、他人より劣っていると感じて自分自身をけなす。彼らは自信を持っていて、続けてすぐに、だれか他人の助けがなければまるで何も出来ないとでもいうように絶望して見える。彼らは弱腰で臆病だと感じ、それから突然に、怒りに満ちて人を攻撃する。


彼らの中では依存衝動と攻撃衝動の二重の組み合わせが働いて、さまざまに複雑な結び付きとして絶え間なく互いに影響し合う。なぜなら、タイプ6は外的な権威だけでなく、超自我という内的な権威に対しても、両価的に反応するからである。

タイプ6自身の両価性


ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社 より

その結果、タイプ6は、一つの感情状態から他の状態へと揺れる。彼らは次々と状態を変えるため、これが自分のものであると呼べるような感情の安定や対人関係での安全はほとんどないように見える。これが、タイプ6を「行動に関して最も大きな困難」を持つ性格のタイプと確認することが非常に適切であるとする理由である。


彼らは自分の外に権威からの行動の指示を期待するだけでなく、彼らが実際にとる行動が、しばしば優柔不断で回りくどいからである。


彼らの絶えず揺れる性格を理解せずに、タイプ6を理解することは出来ない。彼らの自己感覚を維持するためには、彼らの心理の「両面」が互いに作用し合う必要がある。タイプ6は自分の一方の面を強調して、もう一方の面を無視することは出来ない。たとえば、自分の依存的な面を抑圧することによって自立的になることは出来ない。善かれ悪しかれ、彼らは自分自身の両面の結合物である


健全であるときは、彼らの両面は互いに手を携えてともに働く。しかし、両面の間に緊張が高まると、不安も増大する。そして、そこに彼らの抱える問題の多くの原因が存在する


その精神は絶えず変化するため、この性格のタイプを単純な言い方で記述することは難しい。タイプ6を「両向性格」外向的感情と内向的感情の結合物と考えると役立つであろう。これが、彼らは不安がかき立てられた場合は特に、それを埋め合わせるために正反対のことをして、自分が行ってしまったことに反応する理由である。


メビウスの輪

また、タイプ6は、感情的であるのに、最も親しい人に対してさえも自分の感情を直接に示さないことを理解することも重要である。自分と他人の両方に対する両価性は、彼らに混成的な信号を送らせる原因となっている。また、これを別の言い方で表現してみれば、タイプ6は自分の感情、とくに不安に反応し、自分の感情よりも反応の方を伝える。非常に健全であるとき以外は、他の人々は、彼らの頭の中に実際に何があるのか確信できることはめったにない


こういう理由で、自立と感情の安定、とくに不安からの解放が、彼らにとって非常に重要である。従順になりすぎると彼らの自尊心は傷つく:じゃけんに扱われている人のように他人に対して劣等感を感じる。一方、自立を求めて攻撃的になりすぎると、彼らに安全を与えてくれる当のその人を遠ざけて、何か恐ろしいやり方で罰せられるのではないか、と彼らは恐れる


タイプ6が直面する挑戦は、自分の性格の両価性をともに維持し、相争う両面の間の緊張を徐々に和らげる手段を見つけることである。互いに引き立て合う一つの単位、健全な人間としての自分自身を形づくるまで

タイプ6の原点

私は子どもである。私は、全知全能への自閉的願望から抜け出せない。私はまだ、人間としての限界や、自分が無知無力であるということを自覚するための洞察力を身につけていない。私は子どもみたいに言い張る。私を救い、見守り、罰する父親がいるはずだ。その父親は、私が従順であれば愛し、讃えればご機嫌になり、言うことを聞かないと怒る。あきらかにほとんどの人は、その人格の発達において、この幼児的な段階を脱していない。したがって、ほとんどの人にとって、神を信仰することは、助けてくれる父親を信じるという子供っぽい幻想なのである。⇨ エーリッヒ・フロム「愛について」より⇨ エーリッヒ・フロム「愛について」より


ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社 より

幼児期の原点

幼児期の体験の結果として、タイプ6は、父親、または祖父や教師のような父親の象徴と肯定的に一体化している。子供として、タイプ6は、父親に認められているという安全を得ようとし、それを得られなければ不安を感じた。成長するにつれ、父親との肯定的な一体感は、そこから安全を得られる地方官憲や信仰体系のような、より抽象的な父親との象徴との一体感へ移行した。


子供として、タイプ6は、要求されるどのような方法でも、父親を喜ばせようとすることで、安全を感じることを学んだ。彼らは、家庭の規律に従うことと、家族という最初の集団で従順で認められた一員になることによって、社会の一員になることを学んだ。しかし、そうする中で、彼らは価値は自分の外部に、言われたとおりのことをすれば報いてくれる権威の中に存在することを学んだ


もし、権威に従わなければ、彼らは、その権威からも、強く活発な超自我という自分が権威を内在化したものからも来る報復を恐れる。もちろん個人々々のタイプ6は、晩年に自分の権威の象徴に反抗しもし、しなかったりもするが、なんらかの方法で、権威の象徴として機能している他人の承認を得ることで、人生に対する自分自身の位置を確定させるパターンは、彼らの性格に深く根付いたやり方である。


すべてのタイプの中で、タイプ6は、健全なときは、想像しうる限り最も魅力があり、愛らしい人たちである。よく反応するその精神の性質は、彼らを気持ちよいほど遊び好きで予測できない性格にする。彼らは人から好かれたいし、また、他のどの性格のタイプにも見ることのない、人に慕われる子供のような性質を持つ。もし彼らがあなたを信用すれば、彼らは最も忠実な友人となり得る。もしあなたが彼らの忠実さを愛でれば、彼らは、自分のためと同じように、実際はそれより激しく、あなたのために戦う


■日本人はみな、十二歳の子供だ。⇨ ダグラス・マッカーサー■

war_senji


しかし、通常のタイプ6は、権威の象徴に対して依存しすぎることがあり、それと同時に、自分の依存に反発して、これまで見てきた受動攻撃的な両価性を見せる。彼らの攻撃的側面が優位に立てば、通常のタイプ6は、最も卑劣で狭量な人間― 偏屈で権力盲従的で、偏見に満ちた人間になり得るし、健全であったときのような愛らしく人に慕われる面は、まったく姿を隠す


net_ijime_man


そして、不健全になれば、タイプ6は痛いほど不安定さを覚え、極度に不安になり、彼らの激しく動揺する感情が自分自身にとっても、他の人たちにとっても深刻な問題を生み出すにつれて、あらゆることに過剰に反応する。もし自分の不安と葛藤を解決することができなければ、彼らは自滅的になり、彼らが非常に恐れる罰そのものを自分の身に招く。


マリリン・モンロー「魅力の秘密」

ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社 より

比較的健全なタイプ6でも、必ずしも自分を主張するとは限らない:あるいは、自分は他の人たちとまったく同等であると感じるとは限らない。彼らは、なんらかの理由によって見捨てられ、人生で一人になることを恐れるので、自分の外部に安全を求め始める。他の人々を必要とし、また、自分の幸福は確固たる人間関係を築き維持することにかかっている、と彼らは感じる


信頼は重要な問題である。タイプ6は、彼らの望む安全を与えてくれる永続的な感情の絆をつくってくれるような、完全に信頼できる人を見つけたいと思う。人々に受け入れられることから生ずる感情面での安全が得られるように、人から好かれたいと思う。この目的のために、健全なタイプ6は、他の人たちを感情的に引き付ける能力を発達させる


健全なタイプ6は大人であっても、紛れもなく人から慕われる特質を持ち、それは知らず知らずに人の心に訴える。この特質は、疑いもなく、ユングが内向的な感情作用を記述するときに伴った困難さについて書いたときに言及していたものである


健全なタイプ6は非常に人に慕われるが、なにが彼らをそのようにしているのかを知ることは、それが主観に作用される特質だけに、ときに難しい:ある人の心に訴えるものが、別の人の心には訴えないかもしれない。しかし、これは常にそうなのであるが、健全なタイプ6は人の心に強い感情的な反応を引き起こすやり方を知っており、人の感情を無意識のうちに引きつける


タイプ6は、タイプ3とともに最も肉体的に魅力のある性格のタイプであるため、人々を彼らに反応させる能力を持っている。彼らの魅力の中には、性的で誘惑的な魅力の要素も多分あるであろう


私は有名になりたかった。みんなが私を好きになってくれるように、そうして、愛情と好意に囲まれていられるように。」     ⇨ マリリン・モンロー


しかし、それだけではない。健全なタイプ6をそのように魅力的で愛らしくさせ、また、彼らの求める安全を、人々が彼らに与えたくなるようにさせるものは何かということに対する答えは、ここに述べられたような相互作用が、すでにタイプ6自身によって準備されているということである。


人々に受け入れられたいという彼らの欲求が、彼らに愛を与えるように人々を励ますやり方で振舞うようにさせる。彼らは人を誘い込み、意を迎えようとする特質を持ち、それが人間関係を刺激する。それでも、彼らの魅力を正確に見分けることは必ずしも容易ではない。なぜなら、それは非常に微妙なものー 目配せ、大いなる微笑、潜在意識的な身振りであるからであるし、おもねるようなやり方で、あからさまに誘惑的迎合的では必ずしもないからである


子供における同様な作用を観察してみれば、彼らの訴えをよりよく理解できるであろう:子供が両親に示す信頼と期待と愛情の特質は、健全なタイプ6が人々に訴えるものと同じである。彼らは言葉を使わない伝言「ここには、恐れることはなにもないー君の近くに行かせてもらえたら、君も僕の近くに来ていいよ」を伝えることができる。


ある人々には、もちろん、これは通じない:そのような人々は、健全なタイプ6の人に取り入る態度は、それが必ずしも成熟し切っていないわけではないけれども、幼稚であると見る。彼らをはねつける人もいる一方で、彼らの訴えに動かされやすい人も多くいるし、タイプ6は意識して好かれようとしているため、好かれる要素も多い。


彼らはきわめて魅力があり、陽気で、ばかげたところすらあり、幾分可愛らしい「小さな男の子、女の子」の悪さ好きなところも持っている。人に伝わりやすい微笑とひょうきんで自己卑下のユーモア感覚を持ち、彼らは、仲良くなりたいと思う人にうるさくせがむ


人と関係を結ぼうとする彼らの努力は、当然、へつらうところがある。人々は、言葉よりも行動によって友情を求められ、お返しに信頼と愛情を提供される。健全なタイプ6との関係は楽しく、双方にとって感情面で報われるものである。しかし、次のことに注意しておこう。相手を引き付けたい欲求は、自動的に相手を優位な立場につけるが、それは、後に重要な結果をもたらすことになろう

他人との安定した統合

ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社 より

統合の方向:タイプ6はタイプ9に動く

最も簡単な言い方で、タイプ6は、自分自身および他人に対する自分の両価性と不安を解決する必要がある。彼らがタイプ9に動けば、まさしく、このことが起きる。


タイプ9でのタイプ6は、人々に対して以前よりずっと、感情的には開かれ、受動的で好意的であり、その結果、彼らの感情の幅もずっと広くなる。統合に向かうタイプ6は、感情的に落ち着き、平和で、沈着である。彼らは自分の依存的な傾向を完全に克服し、独立で、自立的になり、他の人々が彼らに頼ることができ、また実際に頼りにする人物になる


統合に向かうタイプ6は、その<連続体>を通してずっと私たちが見てきたように、他の人たちから再確認と支援を求めるのではなく、他の人たちを再認識して支えることができる。


実際、タイプ9でのタイプ6は、健全なタイプ6からもまったく異なっている。より良い状態に向かう革命的な変化が、統合に向かうタイプ6に起きている:彼らは自立し、しかも、逆説的であるが、今まで以上に他の人たちの近くにいる



こうした発達に伴う思いがけない帰結の一つは、統合に向かうタイプ6は、権威の象徴として、あるいは、内集団の象徴として、あるいは、内集団のメンバーとして他人に保護を求めていたときよりも、はるかに多くの友人を開発することである。もはや人々に反抗することもなく、彼らは、他人と安定した統合を形づくることができる


彼らは、非常に健全で、成熟し、人々に対して気立てがいいため、他の人々が彼らを求める。健全なタイプ6に見たこっけいさユーモアの感覚は失われてしまってはいない。けれども、こうした特質にタイプ9の気立ての陽気さ、楽観主義、心の優しさが加わっており、これらは、通常のタイプ6には見られないが、今や豊富に備えている特性である。


統合に向かうタイプ6は、ついに、安全だけでなく、他人を信頼する能力を、すなわち彼らがこれまで避けてきたものを成就する。今や自分自身を信頼しているので、彼らは、とうとう他人を信じることができるー そして確信する。


記事分類
転位
*
*
ランキングに参加しています
BlogPeople
FC2ブログランキング
INポイントランキング
ブログパーツ
リンク
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
私たちは体においてよりも、心において不健康である。⇨ ラ・ロシュフコー

安全で有効なmRNAワクチン?
安全で有効なDNAワクチン?
ファイザー遺伝子ワクチンの副反応
ワクチンの天秤のかけ方
医学部生等まで正体不明のワクチンに捧げるな