FC2ブログ

人間の商品化

エーリッヒ・フロム「愛について」紀伊國屋書店ー第3章『愛と現代西洋社会におけるその崩壊』より


愛が、成熟した生産的な能力だとしたら、どんな社会に生きている人でも、その人の愛する能力は、その社会が一般の人々に及ぼす影響に左右される。


現代西洋社会における愛について論じるということは、すなわち、西洋文明の社会構造そこから生まれた精神が、愛の発達を促すものであるかどうかを問うことである。


そして、そのように問うということは、すなわち、答えが「」だということである。


西洋社会を客観的に見てみれば、兄弟愛・母性愛・異性愛を問わず、愛というものが比較的まれにしか見られず、さまざまな形の偽りの愛に取って代わられていることはあきらかだ。そうした偽りの愛こそ、じつは愛の崩壊の現れなのである。


資本主義社会は、一方では政治的自由の原理に、他方では、あらゆる経済的・社会的関係を、すべて調整するものとしての市場原理にもとづいている。


商品市場は商品の交換条件を決定し、労働市場は労働力の売買を調整する。有用な物も、有用な労働力技能も、商品化され、暴力の行使や詐欺によることなく、市場の条件によって交換される。


例えば靴は、どんなに有用で必要なものだとしても、市場において需要がなければ、なんの経済的価値(交換価値)もない


資本家は労働力を買って、自分の資本の有効な投資のためにそれを用いることができる。


労働者は、飢え死にしたくなければ、そのときの市場条件にしたがって、労働力を資本家に売らなければならない


このような経済構造は価値体系にも反映している。資本家は労働力を意のままに動かす。蓄積された物品は、生命を持たないのに、労働力や、人間の能力や、生きているものよりも、高い価値を持つ


これが、資本主義が始まって以来の基本構造であった。これはいまだに現代資本主義の特徴でもあるが、多くの要因が変化したために、現代の資本主義は独特の性質を持ち、現代人の性格構造もその深刻な影響を受けている。

タイプ3と自己愛性人格障害



ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社 より

不健全なタイプ3(地位探究者)は自己愛性人格障害に相当する。


MSDマニュアル・プロフェッショナル版 より

■自己愛性パーソナリティ障害
自己愛性パーソナリティ障害は誇大性賞賛への欲求,および共感の欠如の広汎なパターンを特徴とする。診断は臨床基準による。治療は精神力動的精神療法による。


⇨自己愛性パーソナリティ障害患者は自尊心の調節に困難を有するため,賞賛および特別な人物または機関との関係を必要とする;優越感を維持するために,他者を低く評価する傾向もある。


⇨一般人口の0.5%が自己愛性パーソナリティ障害を有していると推定されており,女性よりも男性に多い。

⇨併存症がよくみられる。患者は抑うつ障害(例,うつ病,気分変調症),神経性やせ症,物質使用障害(特にコカイン),または他のパーソナリティ障害(演技性,境界性,妄想性)を有していることも多い。


病因 :自己愛性パーソナリティ障害に寄与する生物学的因子に関する研究はほとんど行われていないが,有意な遺伝要素が存在すると考えられている。養育者が子供を適切に扱わなかった(例えば,過度に批判的であったり,過度に子供を賞賛,称揚,または甘やかしたりすることによる)可能性を仮定する理論もある。特別な才能や能力をもっており,自己像および自己感覚を他者の賞賛や尊敬と結びつけるのに慣れている患者もいる


症状と徴候:自己愛性パーソナリティ障害患者は自分の能力を過大評価し,自分の業績を誇張する。自分が優れている独特である,または特別であると考えている。患者の自分の価値および業績についての過大評価はしばしば他者の価値および業績の過小評価を含意する


患者は大きな業績という空想—圧倒的な知能または美しさについて賞賛されること,名声および影響力をもつこと,または素晴らしい恋愛を経験すること—にとらわれている。普通の人とではなく,自分と同様に特別で才能のある人とのみ関わるべきであると考えている。このような並はずれた人々との付き合いは患者の自尊心を裏付け,高めるために利用される


自己愛性パーソナリティ障害患者は賞賛を受ける必要があるため,患者の自尊心は他者からの肯定的評価に依存し,このため通常は非常に脆弱である。この障害の患者はしばしば他者が自分のことをどのように考えているかを注視しており,自分がどれだけうまくやっているかを評定している。


他者による批判ならびに恥辱感および敗北感を味わわせる失敗に敏感であり,これらを気にしている怒りまたは軽蔑をもって反応したり,悪意をもって反撃したりすることがある。または,自分のうぬぼれの感覚(誇大性)を守るために,引きこもったり,その状況を表向きは受け入れたりすることがある。失敗する可能性のある状況を避けることがある

「タイプ3的」文化

市場販売志向は、人間の中に潜在的にあるものを開発しない。市場販売志向は、態度の可変性こそが、唯一永続的な特質である。この志向においては、最もよく売れる特質が発達する。しかし、それは単なる役割仮面であり、別の特質がもっと望ましいとなれば、即座にそちらに変わり得る。⇨ エーリッヒ・フロム「生きるということ」第7章ー宗教、性格、社会 <市場的性格>と<サイバネティックス宗教>紀伊國屋書店


ところでこの個人の資質に関してであるが、これについて私が言えるのは、明らかに一方には「どのタイプにも適応できる」大きな融通性もしくは能力(態度の可変性)をもっている人々がおり、他方には一つのタイプに適応しもう一つのタイプに適応しないでいる方がうまくいく人々もいる、ということだけである。このことには我々の知識がまだ及んでいない原因・最終的には生理的な要因・が関わっているのかもしれない。そうである可能性は私の見るかぎりかなり高いようである。これは私が経験したことだが、タイプが逆転していると、そのためにほとんどの人は疲れ切ってしまうので、場合によっては生物体としての生理的健康が著しく損なわれることもある。⇨ ユング「タイプ論」みすず書房ータイプの一般的説明/序論 より


ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社より

アメリカは急速に「タイプ3」文化の国になりつつある。自愛的で、印象志向で、実質よりも外観を、実物よりも象徴を大事にする。あらゆるものが商品のように扱われ、優秀さを求めることは、作り物を讃美することにとって代わられる。


政治は、主義主張や公共の福祉のために力を示さず、宣伝に力を注ぎ、注意深く計算されたイメージを大衆に売り込むが、大衆は、そのイメージが実像なのか、まがい物なのか、見分けることが出来ない


メディア媒体は、大衆に何が売れるかということに主に携わっている。浅薄な価値や、人目を欺くイベントの華やかさが、物事を判断する基準になっている。唯一の指針は「注目を集める能力」で、なにが注目され求められているかに価値を置いている。計算されたイメージが現実であるかのように装い、大衆は、見事な包装に惑わされ中に何も入っていないことに気づかない。


人々は、ますます競争が激しくなる市場で、注目されるためには何でもするので、自己顕示欲自己宣伝は受け入れられるものになっている。理想は勝者になること、成功し、有名になり、賞賛されることである。至る所で、人々が成功と名声を追い求めている。私たちは自己陶酔的な空想を売りつけられている。すなわち、他人の少しだけ上をいけば、ひとかどの人物である。自分の印象をうまく操れば、君もスターに、いや、神になれる。


市場販売志向の社会で、通常のタイプ3は、他人が自分の地位や名声についてどう思うかを恐れ、自分を向上させることではなく、自分の印象を高めようとして競争を激化させる。彼らは、自分が投影する心像が、真実であるか否かに関わらず、好ましい印象をつくろうとする。中身以上の様式「他人の心にどんな姿として浮かぶか」がずっと重要になる。


その結果、純粋な人間としては、いっそう好ましくなくなり、商品としては、いっそう好ましくなる




人当たりのよい破壊者




ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社より

人々がタイプ3の心像に引き付けられる理由は、彼らの外面上の完璧さである。練習された見せかけではあるが、他人に対し非常にいい印象を与える「冷静で落ち着いた、いい奴」という特徴である。彼らは、極めて洗練されて人当たりがよく、自分の役割を完ぺきにこなす。


しかし、彼らをよく観察すれば、洗練された外見の下には、本物の感情も、確固たる意見も、個性も情熱もないということが分かるだろう。彼らは何もかも完璧だが、様々な心像を足し合わせても、一個の人格にはならない


欠けているのは、個人としての約束と義務の観念である。通常のタイプ3は自分の自己と自分の感情との繋がりが断たれている。彼らは、期待通りに正確に動き、その結果として常に需要のある、完璧に設計された機械のようなものである。


当然のようにこの生き方には無理がある。通常のタイプ3は、自分の内面の空虚さと、計算高さを見抜かれることを恐れ、真の親密さを避ける。しかし、その少なからぬ魅力と順応性を発揮して、親密さの印象をつくり出し、自分自身をその実際以上に見せる方法は知っている。そのため彼らは、信憑性に対し神経質になり、自分がつくるイメージを人々が信じているかを、必要以上に気にするようになる


他方、これには利点もある。無情であることは、タイプ3に仕事を極めて効率的にこなし、目標達成のためのエネルギーを集中できるようにさせる。彼らは感情に動かされないので、物や人に縛られるということがない。彼らの功利主義が信条とか感情に制約されることなく、状況に適応させてくれるので、実際的な問題解決が得意である。



シドニー・ポラック監督「コンドル」1975年 より、暗殺者との会話

理由には興味がない。いつ?どこ?いくら?だけだ。ハッキリ言って、私の仕事は悪くないよ。雇い主には困らない、楽だし、平和な生活だよ。どっち側も信じなくていい主義もないあるのは自分だけ、それと仕事の正確さだ>

失敗と屈辱への恐怖


私が成功するだけでは十分ではない。他人が失脚しなければならないのだ。⇨ オスカー・ワイルド


ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社より

■搾取的なご都合主義者

失敗と、それによって受ける屈辱への恐怖は、不健全なタイプ3を、これ以上ないほどに不誠実にする。彼らは自分にとって、役に立つか立たないか以外の判断基準を持たないので、自分を実際以上に見せるために経歴を詐称したり、他人の仕事で面目を施したり、文章を盗用したりし始める。この段階のタイプ3は、自分の成功の代償を、他の誰かが払わなければならないとしても、絶対に敗者にはならないと心に決めている。


彼らは「他人を利用しても社会的成功を追求する」人間であり、状況を利用するご都合主義者なので、常に他人に損害を与えるが、皮肉なことに愛情が欠けているので、冷淡に他人を利用することができる。


彼らは他人を現実のものとして見ておらず、固有の価値を持つものとしても見ていないので、ためらいなく他人を利用する。彼らは道徳を持たないため、他人は「自己愛の補給品」にすぎず、従ってタイプ3との関係には相互的なものは何一つない


真実がそうであっても、不思議なことに、人々は不健全なタイプ3にやすやすと利用されてしまう。その理由は、タイプ3が人々のなかにある「自愛的欲求」を目覚めさせ、人々は真の自尊心が欠けている割合に応じて、支配する力をタイプ3に与えてしまうからである。


■悪意の裏切り者

不健全なタイプ3は、ご都合主義的に他人を搾取することによって、罰せられることを恐れ、ますます悪賢く狡猾になり、出来る限り自分の本当の意図と動機を隠す。通常のタイプ3に見られる、イメージをつくり出す能力が今まで以上に当てにされ、完全に人を欺くようになる。他人は必ず、酷い目に逢わされてしまってからやっと、神経症のタイプ3がどういう種類の人間であるかが分かる。


卑劣で裏表のある神経症のタイプ3は、ためらいなく人を背中から突き刺す。彼らは他人の評判を台無しにし、面倒を起こし、裏切り、信頼に背き、秘密を洩らし、偽の噂を広め、人と人を対立させたうえで、甘い汁を吸う


神経症のタイプ3は、それが自愛の後押しをしてくれるので、意味もなく嘘をつくことを楽しむ。彼らの嘘は、他人に重大な金銭的損失や苦痛を生じさせるが、彼らは、他人がもがくのを見ていい気分になる。


今や敵意は、不合理な悪意にまで成長し、自分が手に入れたいものを持っている人に対して異常に嫉妬する


他人を軽蔑しているくせに、他人が自愛的な幻想を追い求めたりせずに、人間的な目標を達成していることに、秘かに強く嫉妬している。


そのため、信頼に足り、感じる能力があり、愛し愛される人は誰でも、彼らの歪んだ優越性に対する脅威であり、不健全なタイプ3の悪意の対象である。自分が勝ち誇っていられるように、他人を破滅させることに憑りつかれてゆくにつれ、悪意は妄想的なまでに巨大化する。

記事分類
転位
*
*
ランキングに参加しています
BlogPeople
FC2ブログランキング
INポイントランキング
ブログパーツ
リンク
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
私たちは体においてよりも、心において不健康である。⇨ ラ・ロシュフコー

安全で有効なmRNAワクチン?
安全で有効なDNAワクチン?
ファイザー遺伝子ワクチンの副反応
ワクチンの天秤のかけ方
医学部生等まで正体不明のワクチンに捧げるな