FC2ブログ

優柔不断と受動攻撃



ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社 /通常のタイプ6(忠実な人・内向的感情型)の分析 より


受動攻撃の両価性は、日常生活に絶えず入り込み、優柔不断、動揺する態度、相反する行動と感情、そして、一般的な随伴性と予測不可能の結果を招く、安心と安全を得る手段としての他人の要求に忠実であるか、「それとも」自分に頼るか、従順に人に頼るか、「それとも」断行として抵抗し自立するか、自分の世界を支配するのに主導権をとるか、「それとも」受け身で他人の指導をただ待つか、彼らは決めることができない。彼らは動揺し、それから、諺のロバよろしく、一方にいったかと思うともう一方に行き、どちらの干し草の束がよいかを決めることが決してできない。⇨ セオドア・ミロン「人格の障害」


両価性は、タイプ6に、自分の行動に対する責任を回避させるが、それは、大きな感情面の緊張をもたらし、彼らを緊張させ疲れ果てさせる。片足をアクセルに、片足をブレーキに同時に乗せているようなものなのである。なんらかの緊張にさらされているときはいつも、彼らは不満を並べ立て、機嫌が悪く、拒絶症のようになる。


タイプ6は、自分の欲求に関しては様々に異なる信号を送りながら、決定に責任を持つように人に迫るので、関係していて極端に欲求不満になる。その結果の一つは、誰も素直な答えを彼らから引き出すことができないイエスはノーを意味し、ノーはイエスを意味する


通常のタイプ6の責任逃れは、他人に万事主導権をとることを強い、一方、彼らの方は、あるときは決定したことを受け容れ、ある時は拒否することで、ただ予想のつかない反応をするだけである。なにかがうまくいかないと、彼らはそれに対して声高に不平を言うが、そのうまくいかなかった決定についてはどんな責任も避ける



受動攻撃性
記事分類
転位
*
*
ランキングに参加しています
BlogPeople
FC2ブログランキング
INポイントランキング
ブログパーツ
リンク
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
私たちは体においてよりも、心において不健康である。⇨ ラ・ロシュフコー

安全で有効なmRNAワクチン?
安全で有効なDNAワクチン?
ファイザー遺伝子ワクチンの副反応
ワクチンの天秤のかけ方
医学部生等まで正体不明のワクチンに捧げるな