FC2ブログ

安定して幸福な子供時代

これらすべての経験は統合され、私は愛されているという経験へと結晶する。私は母親の子供だから愛される。私は可愛い良い子だから愛される。母親が私を必要としているから、私は愛される。これをより一般的な言い方でいえば、私は今のような私だから愛されるということになろう。もっと正確には、私が私だから愛されるということになろうか。母親に愛されるというこの経験は受動的である。愛されるためにしなければならないことは何もない


母親の愛は無条件なのだ。しなければならないことといったら、生きていること、そして母親の子供であることだけだ。母親の愛は至福であり、平安であり、わざわざ獲得する必要はなく、それを受け取るための資格もない


しかし、母親の愛が無条件であることには否定的な側面もある。愛されるのに資格が要らない反面、それを獲得しよう、作り出そう、コントロールしようと思ってもできるものではない。母親の愛があるのは神の恵みのようなものであって、もし母親の愛がなく、人生が真っ暗になってしまったとしても、どんなことをしても創り出すことはできない。⇨ エーリッヒ・フロム「愛するということ」紀伊國屋書店 より

『ロード・オブ・ザ・リング』(原題:The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring)2001年、アメリカ・ニュージーランド合作。監督・製作 : ピーター・ジャクソン■キャスト /フロド : イライジャ・ウッド、アルウェン : リヴ・タイラー


ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社 より

幼児期の原点

子どものとき、タイプ9は、両親もしくはそれに代わる人物を肯定的に同一視した。両親と同一視することによって、彼らの感情面の要求は完全に満たされていたため、両親と自分を区別しようとする衝動ごくわずかであった。


タイプ9は、少なくとも、その性格の様式が形成される初期年代の間は、安定して幸福な子供時代を典型的に送った。彼らの子供時代は、愛着を持ってふり返る詩的で美しい時代再び取り戻したい時代であった。貧乏や病気や他の災難によって、それまでののんびりした生活がめちゃめちゃになってしまった一時期が、子供時代の終わりにあったかもしれない。しかしそのときまでに、彼らの最も重要な性格構造はすでにしっかり固まっていた


タイプ9は両親と肯定的に同一視したため、他の人たちと深い同一感をもつことによって、自分の自己感覚(アイデンティティ)を維持することを学んだ。その後の人生では、彼らは、最初に両親との結びつきに非常な満足を味わったのと同じように、他の人たちと結びつき、それに、自分の結びつきの一形式である平和との結びつきを求める


タイプ9は、自分が同一感を持った相手との分離を最も恐れる。こういう理由で、通常から不健全までのタイプ9は、たとえそれが他人に従属しすぎることを意味するとしても、可能な限りあらゆることをして、自分自身や他の人たちとの間の感情的な絆を維持、強化する。

『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(原題:The Return of the King)2003年、アメリカ・ニュージーランド合作。監督・製作 : ピーター・ジャクソン■キャスト /メリー:ドミニク・モナハン、エオウィン:ミランダ・オットー、エオメル:カール・アーバン、ギャムリング:ブルース・ホプキンス、セオデン:バーナード・ヒル

記事分類
転位
*
*
ランキングに参加しています
BlogPeople
FC2ブログランキング
INポイントランキング
ブログパーツ
リンク
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
私たちは体においてよりも、心において不健康である。⇨ ラ・ロシュフコー

安全で有効なmRNAワクチン?
安全で有効なDNAワクチン?
ファイザー遺伝子ワクチンの副反応
ワクチンの天秤のかけ方
医学部生等まで正体不明のワクチンに捧げるな