FC2ブログ

心はどこに向かうのか

ゲルニカ

■菅靖彦「心はどこに向かうのか」NHK BOOKSより

日本においてトランスパーソナル的な考えに基づく、種々の実践を適用する場合、日本社会の特殊性というものを考慮する必要がある。日本の近代化は既に指摘されているように、歴史的必然が産んだものではなく、いわば仮面のように上から押しつけられたものである。


そのため、日本社会は表面的には近代化したものの、内部には依然として、前近代的集団的思考を温存させる二重構造を呈している。こうした二重構造が、逆に会社に献身する会社人間を生み出し、日本の経済成長を支えてきた、という指摘もなされている。


しかし、国際化が進み、人も物も情報もお金も、自由に国境を越えて行き来する今、もはやそうした二重構造は通用しなくなった。日本は今、精神的な意味での開国を迫られているのだ。


トランスパーソナルは「自立」と「つながり」のバランスをとろうとする動きである。だから個人主義が行きすぎたアメリカでは「霊性」の開発が重視され、「つながり」や「一体性」が強調される。しかし、古い「つながり」への執着を未だ断ち切れずにいる社会で、自己超越を展開する場合には、「自立」や「批判精神」を重視する姿勢をもたなければならない。


霊的体験や神秘主義は「批判精神」の対極にあると見なされているが、決してそうではない。確かにそのような体験は、一時的に「批判精神」を手放すことを要求する場合もあるが、それは、曇りのない「批判精神」を培うことに貢献するものであり、決して対立するものではないのだ


現在の「霊的なもの」に対する関心は、規範なき社会で個人の境界があいまいになることに起因するものであり、退行と成長、両方のベクトルを持っている。もう一方では、「霊的なもの」が情報として安易に消費される傾向もあり、自閉的な人たちの幼児的幻想を掻き立てる格好の素材ともなっている。


集団に順応しやすく自閉的な日本人は、瞑想的なものは受け入れやすいが、怒りを表現したり、はっきりと意志を表明することが苦手である。というより、深層に集団主義を温存している社会そのものが、そうした自己表現の道を閉ざしていると言った方がいいかもしれない。


したがって、日本におけるトランスパーソナルの役割は、自己表現を妨げている数々の障害を明確にし、自己表現を広げられるような場所を提供することにある。したがってこれは、単にセラピーの問題ではなく、教育の問題とも深く関ってくるだろう

記事分類
転位
*
*
ランキングに参加しています
BlogPeople
FC2ブログランキング
INポイントランキング
ブログパーツ
リンク
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
私たちは体においてよりも、心において不健康である。⇨ ラ・ロシュフコー

安全で有効なmRNAワクチン?
安全で有効なDNAワクチン?
ファイザー遺伝子ワクチンの副反応
ワクチンの天秤のかけ方
医学部生等まで正体不明のワクチンに捧げるな