FC2ブログ

フルメタル・ジャケット

スタンリー・キューブリック監督「フルメタル・ジャケット」1987年


■A・ローウェン「ナルシシズムという病い」新曜社より
あらゆるナルシシストが権力を獲得するわけではないし、権力をもつ人間がみなナルシシストというわけではないけれども、権力への欲求ナルシシズム障害の一部である。


ナルシシストには、強い感情をの持つための、効果的な力が欠けており、そうした欠乏を補うために、彼らは権力を追い求める権力はナルシシストのイメージにエネルギーを賦活し、それ以外では手にすることのできない力を与える


お金や権力があれば、人はどんなイメージにも、見た目の重要性と力を付与することができる。爆弾やピストルがあれば、どんな弱い人間も、自分を世界の強力な勢力と見ることができるのだ。そうなれば彼らは、普通の人間の持たない破壊力を持つことになるからである。


人に傷つけられたり、拒否されたり、侮蔑されたりすれば、我々は誰でも痛みを感じる。だが、誰もが感情を拒否したり、怖いもの知らずの超人といったイメージを投影したり、権力を渇望したりするわけではない。その違いは幼児体験にある。


ナルシシストは子供のとき、深刻な自己評価への痛撃をこうむっている。この外傷は屈辱感、とりわけ権力の行使に対して、無力のままでいるという経験を伴っている。私は、単独の経験で性格ができるとは思わないが、子供が何らかの形で、絶えず屈辱感にさらされていれば、身体にも精神にも、屈辱の恐怖が構造化されていくことになる。


このような人間は、苦も無く次のように誓うことができるだろう。

大きくなったら私は権力を握り、お前にも誰にも、二度とこんなことを私にできないようにしてやる!」


不幸にも我々の社会では、こうしたナルシシズム的外傷が、多くの子供たちに生じている。なぜかと言えば、自分の子供を左右する力を、自分の個人的な目的のために利用する親が多いからである

記事分類
転位
*
*
ランキングに参加しています
BlogPeople
FC2ブログランキング
INポイントランキング
ブログパーツ
リンク
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
私たちは体においてよりも、心において不健康である。⇨ ラ・ロシュフコー

安全で有効なmRNAワクチン?
安全で有効なDNAワクチン?
ファイザー遺伝子ワクチンの副反応
ワクチンの天秤のかけ方
医学部生等まで正体不明のワクチンに捧げるな