fc2ブログ

隠れる場所などない

■トゥルシー・ギャバード:大統領選挙アロハラウンチスピーチ(February 2nd, 2019 )より


トランプが大統領に立候補したとき、彼は、他国の政権を転覆させるための戦争に反対していました。しかし、現在では、彼の回りにいるネオコンの要望に従い、ベネズエラやイランにおいて、体制変換を進めています。


彼ら、強い力を持つ政治家が、犠牲者の名誉を汚しているのです。兵士たちや、私たち国民すべてが、戦争の代償を負わされています。事実、9/11以降の数兆ドルの戦費は、私たちが支払っています。体制変換にせよ、新しい冷戦にせよ、最終兵器競争にしても、すべて我々の税金から支出されるのです。それは本来、私たちの家族や、コミュニティの必要を満たすために、使われなければならなかったお金です。


私たちは強く団結し、終わらない戦争に飽くことのない二大政党に対し、立ち向かわなければなりません。どの政権においても、私たちを巻き込み、新冷戦を悪化させ、核戦争の瀬戸際へ押しやるネオリベとネオコンに対して。


私たちには、より善い価値があるはずです


ちょうど一年前、私たちは、ハワイが核攻撃を受けると思いました。学生たちは、必死に避難所を探して、キャンパスを走りました。父親は娘を、マンホールの中に隠しました。人々は子供を車に乗せ、山へ登り、避難するための洞穴を探しました。母親は子供と浴槽に隠れ、怯えていました。父親は、人生の最後の数分間を、どの子供と過ごすか、選ばなければなりませんでした。


避難場所は、どこにもありません。隠れる場所など、どこにもないのです


兵士たちは、人々や国家に奉仕するために、望んで志願しました。しかし、私の六歳の甥マルーは、そのような選択はしていません。皆さんも、私たちの家族も。私たち兵士は、国を安全に保つため、私たちを脅かすものを倒すため、自分の意志で戦います。


しかし、強力な政治家が戦争のドラムを打ち鳴らし、ロシアや中国などの核武装国間の緊張を高めるにつれて、私たちは核戦争の瀬戸際に追いやられ、それは今、私たちの玄関先に到達したのです。


現在、世界には一万四千発の核兵器があります。それらの多くは、広島や長崎に落とされた原爆よりも、はるかに強力で、世界を何度も破壊するのに十分なのです。


20世紀を通して、ソビエト連邦との冷戦の間、いつ核戦争で全滅するか、恐れて生きるしかないと聞かされて生きてきました。学校の子供たちは、警報を聞いて、机の下に隠れる訓練をしていました。余裕のある人たちは、核シェルターを建てましたが、それ以外の人は、自分たちが生き残れるかどうか不安になりました。


ソビエト連邦の崩壊により、その危機は消えたはずでした。しかし、指導者たちは、私たちを失望させます。私たちは、かつてないほど、原子力災害のリスクにさらされています。この状況を、受け入れることはできません。

記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
健全な精神の小さな火花を燃やせ!
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
金利上げるの?上げないの?【デモクラシータイムス】
2008年金融危機からの禁じ手による反則負け