fc2ブログ

鬼は外、福は内。

Toshikazu Sakurai「千年のうち」余命一年から千年を考える~より


人間は、都市に、労働(時間)を提供し、都市は賃金を提供する。都市は内部の労働と、外部から大量輸送によるエネルギー・物資を調達(略奪吸引)し、自らを維持する。 そして、消費の終わった物資は、廃棄する。


単純廃棄は、永続不可能であり、浪費と表現できます。(開放系である)➡蓼丸「地球は閉鎖系だから自己矛盾。なので、都市は自己欺瞞でしか維持できない。」 (略奪先に返却循環完結しないため、マイナスのスパイラル圧力がある。➡蓼丸「自由貿易も同様に無理筋


都会での人間の収入は、基本的に時間と比例します。(乗数労働ではなく、比例労働であり単純な構造です) 収入額は利潤を控除されたあとのため、自己消費した場合よりも減額されなければなりません。(売ったら損しなければならない)➡蓼丸「サラリーマンは、常に搾取される構造が当たり前という変なシステム。」


しかも1系統の賃金収入のみで、すべての需要を充足しなければならないのです。収入の多様化ができず、基本的に虚弱で不安定な経済基盤となります。 (ここでもマイナスのスパイラルが潜在的にある。)➡蓼丸「コロナ禍によっていっそうはっきりした。」


(ここでいう多様化は、仮想貨幣のほかに現物経済があるといった多様化であり、仮想貨幣の多様な獲得方法の確保という多様化ではありません。貨幣にたよった収入と蓄積は、すべて一系統で本質的に虚弱と考えています)


なぜなら、貨幣という資産は流動的で、外部から操作が可能だからです。相場変動やデリバティブなどにより、吸い上げられて実質を失う可能性があります。そして・・・時間の切り売りをするしかない都市居住者は、必然的に「時間欠乏症」になります。(エンデのモモの解決は無意味です)


時間の切り売りは、蓄積できず、また不充分なリターンなのだから自転車操業となり、ペースダウンすることもできない。ムダな時間を過ごしたら、生死に直結するのです。(停まったら終わり)➡蓼丸「コロナ禍によっていっそうはっきりした。」


また、都市では、事業拡大のための用地や、必要な物資・エネルギーを自己生産できないので、周辺へ無原則に拡大し、またより遠隔地から消費する物資などを求めていかねばなりません。➡蓼丸「都市は、自ら属する免疫系(地球という閉鎖系の自立システム)から疎外されて、無限増殖しようとするがん細胞。遅かれ早かれ、崩壊する運命


都市の本質は、情報です。経済を経営するための中核人間の対面ネットワークの存在が都市機能となります。そして情報の有無が、行動の質を決定的に左右します。また、物資の集積は、都市そのものです。集積場所は、到着地であり、到着地が物資の配分を決定します。➡蓼丸「税金もまた、同様の理屈で集められ、恣意的に配分されている。」

中間搾取者としての都市

Toshikazu Sakurai「千年のうち」余命一年から千年を考える~より


自己消費した余剰を都市は周辺に配分し、支配します。分配はコストを高くし、結果として周辺よりも、都市のコスト的優越性が保たれます。(周辺の農村や、遠隔地では物価が高くなる)


都会とかでも安いスーパーありますしそれに100円ショップやチェーン飲食店とかの商品や食べ物の値段は何処も同じ 。 田舎とか都会の物価の違いは土地の値段くらいですよね? ➡YAHOO!不動産/教えて住まいの先生「都会は田舎より物価高いって土地の値段くらいですよね?」 のベストアンサー


ーそもそも、日本全国、物価はほとんど一緒でしょう。結局、日本全国どこに行っても物価自体はほとんど同じなので、劇的に安くなるわけではないです。コンビニおにぎりが50円になるわけでも無いし、ガソリン代が100円きるわけでもない。むしろ場所によっては、ガソリン高すぎるところもあるくらいですよ。

ー都市の物価との比較:水道光熱費(あまり変わらないか、むしろ高い)、家賃(安い。東京があり得ないくらい高い)、食費(買い物の仕方で下げることも出来る)交際費(交際することが減る)、車両費(高い。車がないと生きていけない)

➡恩送りの宿ちょ「田舎は物価が安い」はウソだらけ


しかし、情報がITの発達で無償化し、大量輸送が細分化した輸送に変わり、地産地消になれば、都市の優位性は失われ、都市は不要となる(生き残れない)かもしれません。


都市は、エネルギーと物資と、人材を自ら生み出せません。どれも基本的に消費していきます。いわば存在するだけでコストがかかってしまうのが都市です。 (都市ブラックホール論・あるいは都市墓場論 参考)


都市は、投入したエネルギーなどのリターンを少なくする中間搾取者ともいえるかもしれません。


都市は収奪する周辺地帯から比べると、力が集中して隔絶しているためバキューム効果が高い。そのため、単体の地方のひとつが対抗しようとしてもできない力の差があります。ですから、周辺地域は都市に負け続けます。


過去の歴史で飢餓のさいに、農村で餓死が続出しても、すぐそばの都市でほとんど餓死が発生しないのはそのためなのです


都市は吸い取られる側の窮状に手を差し伸べることはないどころか、都市の存在そのものが飢餓や農村衰退の発生原因になりえます。(3.11であきらかになった、原発立地地方と都市の関係も興味深いです)


また、高速移動大量移動は、インフラが必要であり、都市のみに意味がある。 都市にしかできないことは、集中学習・体面による人的交流である。➡ 蓼丸「ITの発達により、田舎でも可能になった。コロナ禍で実証済。」

閉鎖系モデルへの移行

Toshikazu Sakurai「千年のうち」余命一年から千年を考える~より

受取るエネルギーは、もともと、無償であった。(無償の太陽光線、無償の土地、水、森)使用できるエネルギー、資源は限りがある閉鎖空間である。 そのためムダな仕事はしてはならない。


閉鎖空間の限界を越えた仕事は禁止されねばならない。ムダな仕事は貧困に結びつく。 その一方、資源を投入しない効率化(知恵による合理化)は極力行なわねばならない。


同時に、もともと無償の資源を利用するのだから、利用しないでいても、被害者はいない。利益が減り、扶養可能人数が減るぐらいである。(安全な経営が可能である)


人間の投入するエネルギーは、時間の制約があるが、農作物の要求する特定の時間以外は意味がない。 そのため、人間の時間は、繁期と、閑期のバラツキが発生する。(季節変動


この余剰時間が、貧困によるマイナス圧力をうけて、状況の打開・貧困の解消をめざして効率の悪い仕事に投入されると、生活の一切の余裕はなくなる


農業を自動化することは比較的容易です。この場合、単純加工業となり、従事する人口は際限なく減少しても、問題がなくなる。


先進国ほど農業従事労働者か少なく、生産性が高く、作物が余剰になってしまうというパラドックスがあります。しかし、かといって、すべての人間は農業受益者なのだから、関係がないどころか、農業にいかにつながっているかが、農村都市含めた全人間の死活的条件なのです。そのため、エネルギーと資源があれば、複数の系統からの収入が可能となる。


農地→農産物
太陽発電パネル→電力の販売
余剰時間労働→各種手工業
農産物加工品→高付加価値加工食品


しかも、機械化する設備を持つことで、労働成果は時間に比例したものではなく、乗数的に拡大可能である。(収入ソースが複数で、拡大効果、効率化の余地が大きい)


全体に考えれば、農村の活動は、「生産」であり、乗数効果のある「経営」となる。時間と比例した都市の本質的に単純肉体労働(事務など座業であっても肉体労働)とは性格が違う。


複数の収入・生活手段の確保により、長期的により安全な生活環境が維持可能。(冗長性が高く、ひとつの手段が閉ざされても影響が少なくできる)複数の自動的収入があれば、失業は怖くない。むしろ安易な仕事するほうが危険かもしれない。


ハーマン・デイリー

自立した生活、高次の責任

Toshikazu Sakurai「千年のうち」余命一年から千年を考える~より

この場合に必要とされる仕事は、自立した生活を担保しているうえで、さらに高次元な責任と結果を求められる不可欠の仕事になる。つまり、実行者にはとっての名誉な行為となっていく。


この場合、報酬は絶対に必要なものではなくなる。しかし、全身全霊を投入しなければならない天職となってもおかしくない。(私欲を離れた聖職化)


(経営がうまくいかなければ、従事者の拘束時間は、都市の単純労働より長く、激しくなる。一般の会社でも経営者=社長の責務は重く、とるべき公共的責任は命にかえても果たさねばならないときがあるので、当然といえるでしょう・・・。)


閉鎖環境のため、永続するためには限りある資源は、無償で手に入れたものであろうと、循環させねばならない廃棄品は原則として出してはならない。(都市はそもそも永続する発想はない。永遠のその場かぎりの空間主義・使い捨て主義になるしかない


生命の目標は、もともと「永続して存在する・生きること」ことなのだから、安全な環境とは、閉鎖して完全循環する「場所」である。そのため、輸出輸入(貿易)は、エネルギー循環、物質循環を維持できる範囲にとどめる必要がある。(少量の貿易品で、必要がまかなえれば最善)


ところが、基本的に小規模なため、外部から大規模なダンピングが行なわれ、大量で表面上安価なエネルギーと物資が洪水状態でおしよせると、対抗手段がなくなって循環システムが崩壊する。 (まともにやれば都市には勝てない。正攻法では対抗できない。大型店に中小商店がつぶされるのと同じである)


だから・・・コスト差があるものに対しては、時限的な「関税」により、環境を維持しつつ、同じコストで自己調達可能なように効率化しなければならないし、それが実現できたらダンピングを糾弾する論陣を形成して、言論で防がねばならない


20160203 T.Sakurai (おにはそと ふくはうち)


働きもせず紡ぎもしない

自爆テロと巨大建築物

Toshikazu Sakurai「千年のうち」余命一年から千年を考える~より


農村の余剰生産により人口が増加し、結果として、蔓延する貧困は、権力の強化に利用されてきました。


農村から都市に追い詰められた人々には、常にあらゆる方法で死を与えることでバランスをとっていたのです


そのひとつが、死より名誉を求めよとの美名により、長じて貧して死ぬより、華やかな冒険の死出の旅を選ばせるものです。


現代の自爆テロそのものの行動原理で、歴史上、貧者は兵士となり、処分されていきました。(スイスの傭兵輸出は有名です)


同時に、権力(都市)によって、人間が使い捨てにされるのだから、物資が使い捨てされるのは、不思議ではありません。歴代の各地の大都市の生産性をもたない巨大建造物の数々は、物資の使い捨てそのものです。


これは貧民の血を吸い上げ、環境破壊をやっていますと自己表明しているようなものではありませんか?  実に正直です。


足ることを知らない発想の、物質的に略奪したぶんリッチで貧しい思考の表現物なのですが、どの建造物も、数歩離れてみれば、どれもしょせんとるにたらない規模で、後世に負担のみ残す「巨大建築物」でしかありません。


ですから・・9.11は・・・、必然だったのかもしれません。


お互いの自爆テロにより、お互いの搾取のモニュメントを破壊しあう という、象徴的行為だったとしたら、わかりやすくなると思うのです。


(現代中国の、都市と農村住人の扱いの違い(身分差別)は、あまりにもわかりやすい典型例で、今も世界中に堅固にのこる構造の基本を示してくれます。)

20160205 T.Sakurai


「私は都市の成長を悪とみなす。それは人類と世界にとって不幸であり、イギリスにとっても、インドにとってはなおさらのこと不幸である。イギリスは都市を通じて、インドを搾取している。インドの都市はまたインドの農村を搾取している村落の血液は都市に建設される堂々たる建造物のセメントになっている。私は今日ますます太くなっていく都市の動脈に流れる血液をもう一度村落の血管に戻したい」。➡ マハトマ・ガンジー

記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
健全な精神の小さな火花を燃やせ!
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
金利上げるの?上げないの?【デモクラシータイムス】
2008年金融危機からの禁じ手による反則負け