FC2ブログ

強者への崇拝と弱者への嫌悪



「論座」国民の自画像としての安倍/菅政権(上・下)白井聡 京都精華大学人文学部専任講師(葉梨愛ツイッター的ブログ経由)より


根本的な問題は「政治システム」にあるのではなく、戦後75年を経た日本人の精神の危機的状況にあるのではないか、ということだ。これほどに腐敗し、政治の常識を破壊し堕落させ、法治主義を崩壊させ、三権分立を踏みにじり、嘘と欺瞞の上に開き直る権力――これに対して、積極的にせよ消極的にせよ支持を与えてきた国民精神には、巨大な闇がある。


その闇の内容について、筆者は『国体論』において、戦前天皇制国家から引き継がれた臣民メンタリティに内在する奴隷根性を指摘した。それは、近代天皇制が生んでしまった、自由への希求に対する根源的な否定の上にあるような主体性である。


この主体はつねに主人を求めるが、それは責任ある決断に基づく服従ではないから、主人が没落すれば容易に見捨てる。さらには、こうした精神態度を拒否する自由人を、その存在そのものが奴隷に対する告発になるので、嫌悪し抑圧する。この論点を敷衍して言えば、安倍晋三のキャラクターは、奴隷が甘え依存する格好の対象として現れたのではないか


安倍は、ムッソリーニやヒトラーのようにカリスマ的指導者として熱狂的支持を取りつけたわけではなかった。同時代のドナルド・トランプと比較しても、トランプが大統領再選に失敗した後も熱狂的支持者を失っていないのに対し、いま失墜の始まった安倍を徹底擁護する者が全然見当たらないのは対照的である。昨年8月の辞意表明会見の後に跳ね上がった支持率、それを支えたはずの人々の思いはどこかへ消えてしまった。


いま明らかになってきつつあるのは、安倍への長年の支持は真の情熱をそもそも欠いたものにすぎなかった、という事実なのだろう。「落ちた偶像」への信仰を失わず、擁護する行為は、真の情熱精神の強靭さ を必要とする。してみれば、安倍を支持するとは、徹底的に怠惰な行為であったことがわかる。それは知的に怠惰であっただけでなく、知性の基礎となる精神の構えにおける怠惰なのだ。


怠惰だというのは、安倍が広く支持されている時代には、「安倍晋三=総理大臣=国民の代表:偉大な政治家=偉大な総理大臣=偉大な国民の代表」という定式が成り立ち、それにより「安倍を支持する一国民としての私=偉大な私」という定式が自動的に得られるからである。「私の自意識」を嵩上げするお手軽なドーピング手段として安倍支持は機能した


この心理は、「安倍信者」などと揶揄されるネトウヨ層において最も明白に見て取れるが、それは「極端すぎる例外的な現象」などではさらさらない。大メディアがやってきたアベノミクスに対する足並みを揃えての翼賛や「外交の安倍」などといったフレーズの連呼は、こうしたドーピングを多少の水で割ったようなものであって、ネトウヨの言説と本質的には何にも異なるところがない


こうしたメカニズムの作用を支えていたのは、つまるところ安倍の総理大臣という地位、それが帯びる権威と権力だった。それが失われれば、メカニズムは止まる。安倍が最高権力者から犯罪者へと転落する道行きにあるならば、彼には何の価値もないことになる。ゆえに、安倍晋三という存在は、依存の対象として消費された挙句に、いまや役立たずとして放り捨てられつつある。支持者にとって大事であったのは、「偉大な政治家としての安倍晋三」ではなく、「安倍を支持することによって確保することのできる支持者自身の心理上の利益」であった。

記事分類
転位
*
*
ランキングに参加しています
BlogPeople
FC2ブログランキング
INポイントランキング
ブログパーツ
リンク
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
私たちは体においてよりも、心において不健康である。⇨ ラ・ロシュフコー

新型コロナワクチンはパンドラの箱
新型コロナとワクチン/知らないと不都合な真実
半年後のワクチンの安全性保障がない
正社員雇用破壊!4年以上前から進んでいたシナリオ
リベラルの本当の意味を知っていますか?
クソどうでも良い仕事" は誰のため?