fc2ブログ

働けば働くほど、貧しくなる

Toshikazu Sakurai「千年のうち」余命一年から千年を考える~より


人間が受けとれるエネルギー総量に制限があるならば・・・


それが効率よくカロリーに変換され、公平に分配されれば、あとは個人の自由。であるはずです。(基本的に受けとれるエネルギーは、太陽からふりそそぐ日々のエネルギーしかない。例外は地熱と原子力と化石燃料だが、これらのみに永続的に頼ることはできない)


機械との競争に人は負けます。古くはラッダイト運動、現在では単純工の消滅、将来においてはシンギュラリティによる2045年問題で、知的作業でも、やがて個人は機械化した組織に負けるのです。


そして、人の仕事はより低いものか、より高いものに二極分化して、中間層のサラリーマンが得ていたエネルギーと資源は機械に使われてしまう


機械は自己増殖をまねいてしまうので、これをくいとめねば、人間は自分が使うはずだった余剰エネルギーを、機械の機械による機械のための生産のために、くいつぶされてしまうのである。


機械・あるいは、家畜でもいいです。


人間を上回る情報処理能力や、筋力をもった相手に人間の頭脳や肉体は負けます。両手で鋤をもち、腰を曲げて畑をたがやしても、馬に引かせる鋤にかないません。現在はその相手が家畜から変化してエンジン付トラクターになり、コンピュータになっただけで、将来はさらに格差が広がります


問題は、その馬を食べさせるために、人間の食料がなくなってしまうこと。機械を作るために、人間のためのエネルギーや時間を使われてしまうことです。


しかし、これはサラリーマンならあたりまえです。サラリーが決まっているなら、それ以上の支出はひかえるしかないし、無駄な労力を使えば、生活が苦しくなるばかりです。


➡ 高賃金を得るためには、長時間働かなければならない。そのため、自由に使える時間が無くなる ➡ 長時間労働で健康が損なわれ、リストラされる。自分のためでなく、企業やシステムのために働き、使い捨てにされる(蓼丸)


自転車操業で時間の切り売りを盲目的にしていれば、そんな状況が変化するはずないのです。都市生活をする中産階級というのは、日本では、1960年代から50年しか存在できなかったようです。


一時的な化石燃料というボーナスを盛大に使って50年の夢を見たということである

記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
健全な精神の小さな火花を燃やせ!
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
金利上げるの?上げないの?【デモクラシータイムス】
2008年金融危機からの禁じ手による反則負け