fc2ブログ

出口なしの量的緩和~このままでは大変なことに-2


JIJI.COM:出口なしの量的緩和やな ~このままでは大変なことになる~【怒れるガバナンス】より


◇実感なき景気回復

こんなに金融緩和、低金利にしても景気が良くなったという実感はない


日本が金融緩和に手を染めたのは2001年のことだ。あまり効果がなかったので、13年にはアベノミクスによる異次元の金融緩和である黒田バズーカ政策を始めたのだが、それもあまり効果が見られない


効果が見られないと言うと、そんなことはないと反論されるだろう。雇用は回復し、株価は上昇し、物価上昇は目標の2%に届かないが、国内総生産(GDP)もプラスになっているではないかと。

確かにその通りだが、各国の金融緩和(それによる低金利)は大企業、大銀行、資産家のみを潤し、格差を拡大しているだけだと強く批判する書籍がある。


中央銀行の罪─市場を操るペテンの内幕」(ノミ・プリンス著、藤井清美訳、早川書房刊)だ。著者は米国のゴールドマン・サックスなどに勤務経験のある気鋭の女性ジャーナリストだ。


金融緩和という「共謀

彼女はメキシコ、ブラジルなど、新興国や中国、欧州、そして日本の中央銀行を徹底的に取材し、そこに君臨するトップたちが、世界中に低金利のカネを無尽蔵にばらまいている「COLLUSION(共謀)」(本書の原題)の実態を暴露している。


この共謀、すなわち金融緩和(量的緩和)による低金利政策は、FRBが中心となっているのだが、彼女はこれをマジック・マネー・システムと呼び、低金利のチープマネーづくりを行う中央銀行トップたちをマネー・マジシャンと呼ぶ


彼らは07年のサブプライムローン不況や08年のリーマン・ショックなど、米国発の金融危機に対処するため、量的緩和という非伝統的金融政策に手を染めた


彼女が言うマジック・マネー・システムとは、「コンピューター上でマネーを作り出し、国債や証券(や株式)を買い取る見返りに、そのマネーを民間銀行や金融市場に注入する」操作のことだ。


私は08年4月、リーマン・ショックが発生する5カ月前に米国を訪問した。サブプライムローン不況で沈帯する米国の実情を取材したのだが、その際、ある有識者から「米国は日本のように不況を長引かせるようなことはしない。スピード感を持って対応する」と言われた。

記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
健全な精神の小さな火花を燃やせ!
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
金利上げるの?上げないの?【デモクラシータイムス】
2008年金融危機からの禁じ手による反則負け