fc2ブログ

出口なしの量的緩和~このままでは大変なことに-3


JIJI.COM:出口なしの量的緩和やな ~このままでは大変なことになる~【怒れるガバナンス】より


◇大企業はウハウハ

いわゆるジャパニゼーション(日本化)にはならないと言い切ったのだ。その政策が当時、日本も採用していた量的緩和というマネーづくり、マジック・マネーを生み出すことだった。FRBはこのシステムを世界に拡大した。


彼女は、マジック・マネーは世界をカジノ化し、低金利のチープマネーは大企業、大銀行の経営を安定化させ、資産バブルを引き起こし、格差を拡大しただけで、中小企業の貸し出しも増えず、労働者の賃金も上昇しなかったと批判する。


本書には、メキシコやブラジルなどの新興国が最初はFRBのマネーづくりに対抗していたが、そのうち取り込まれてしまう実態が詳述されている。それは欧州も同じだった。しかし、日本はFRBに非常に協力的で、まさに一体化していると言える


第4章は「日本─マジック・マネーをどんどん生み出している国」と題して日本のマネーづくりを詳しく解説する。


日本は、12年に第2次安倍政権が誕生すると、金融緩和策に積極性が乏しいと思われた白川方明日銀総裁を任期途中で黒田氏と交代させた。


黒田総裁は、安倍首相の「無制限に緩和すべき」との意向を受け、「FRBの2倍に相当する過去最大規模」の量的緩和(黒田バズーカ)を実施し、安倍首相の期待に応えたのである。


ついにはマイナス金利に突入するのだが、「アベノミクスとマジック・マネーの年月は賃金上昇との明白な相関関係が示されてはいなかった」という庶民にとっての期待外れは今も続いている。


◇中国は覇権のためのばらまき
彼女は、中国にも1章を割いている。タイトルは「ドラゴンの台頭」だ。中国は、FRBのマジック・マネー・システムに「米ドルの優位性、それに危険な投機的資産バブルにも、公然と懐疑の念を示すようになった」という。


そして中国は、巧みに、ある時は強気に、FRBの言いなりにならないように努める。そのため、米国からの攻撃は強くなる一方(現在も)だが、独自の道を行こうとする

記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
健全な精神の小さな火花を燃やせ!
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
金利上げるの?上げないの?【デモクラシータイムス】
2008年金融危機からの禁じ手による反則負け