fc2ブログ

出口なしの量的緩和~このままでは大変なことに-4


JIJI.COM:出口なしの量的緩和やな ~このままでは大変なことになる~【怒れるガバナンス】より


こうした中国のFRBに対抗する姿勢、特に中国が投機的資金ではなく、インフラ需要の資金を新興国中心に提供している点を評価する。


しかし私は、中国の一帯一路政策というインフラ投資が、新興国を債務漬けにしている問題を看過すべきではないと思う。これは単にアンチチャイナの視点というわけではない。


事実、ミャンマーに取材に行った際、中国のインフラ投資によって自然破壊が進み、中国企業排除に乗り出そうとする庶民の怒りの声を聞いている。


中国は、私に言わせれば、投機的資金を提供していないかもしれないが、自国の覇権のためだけに資金をばらまいているように見えるのだ。これはマジック・マネー・システムと同様に問題が大きい


◇恐ろしい状況

彼女にも、このマジック・マネー・システムをやめる、すなわち量的緩和の出口を探る良き方法が提示できないようだ


彼女はニュートンの慣性の法則「動いている物体は、外的な力が加わらない限り動き続ける」という言葉で中央銀行のトップたちの姿勢を表現する。


彼らは、これからもマジック・マネー・システムを動かし続けるのだ。外的な力、すなわち戦争や世界規模の経済的破滅だろうか、それらが起きるまで


ああ、何と恐ろしいことかと天を仰ぎたくなるが、私たちは今、本当に危険な、いつ破滅するとも分からない状況に置かれているのだ


当初の地銀の話に戻すと、地銀の6割もが赤字になり、経営危機になるということは、日本の地方が破滅するということではないか。こんなことを予測して騒いでいるくらいなら、政府も経済界も有効な危機対策を早急に検討すべきだ


それは唯一、量的緩和策の「出口」を探すことだ。このままだと迷路に迷い込んでただ死を待つだけになる可能性がある。


【筆者紹介】江上 剛(えがみ・ごう) 早大政経学部卒、1977年旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)に入行。総会屋事件の際、広報部次長として混乱収拾に尽力。その後「非情銀行」で作家デビュー。近作に「人生に七味あり」(徳間書店)など。兵庫県出身。

記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
メディアの報道の仕方が偏りすぎていると改めて感じました
長尾和宏コロナチャンネル「ワクチン後遺症」
健康情報発信チャンネル
大石邦彦【CBCテレビ公式】
養老孟司【人間関係と花鳥風月】
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
藤原直哉「歴史は繰り返す」
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
健全な精神の小さな火花を燃やせ!