fc2ブログ

境界の発生

ケン・ウィルバー「無境界・自己成長のセラピー論」平河出版社より

この本のテーマは、このタイプの自覚、すなわち統一意識ないし至高のアイデンティティが、生きとし生けるものすべての本性であること、ところがわれわれはつぎつぎと世界をせばめ、さまざまな境界を受け入れていき、自らの本性に背を向けてしまうことにある。


「わたしは誰か?」。おそらくこの質問は文明の曙から人類を苦しめてきたものであろう。そして、今日も最大の難問の一つとしてとどまっている。この質問に対して、これまで、聖から俗、複雑なものから単純なもの、科学的なものからロマンティックなもの、政治的なものから個人的なものにいたる、あらゆる範囲の答えが出されてきた。


だが、ここではこの質問に対するこれらの膨大な答えを調べるかわりに、「わたしは誰か?真の自己とは何か?わたしの根源的アイデンティティは何か?」という質問に答えるときに決まって起こる基本的プロセスを見てみよう


誰かが「あなたは誰か?」と尋ね、ある程度詳細な正直かつ道理にかなった答えをしようとするとき、あなたはいったい何をするのだろうか?そのとき、あなたの頭のなかで何が起こっているのだろうか?ある意味であなたは、自らが知るにいたった自分自身を描写している。その説明のなかには、自分のアイデンティティにとって根源的だとあなたが思っている事実の大半が含まれている。良いものもあれば悪いものもある。価値のあるものも価値のないものも、科学的なものも詩的なものも、哲学的なものも宗教的なものも含まれる。


たとえば、「わたしはユニークな人間で、特定の能力を授けられている。やさしい人間だが、ときには狂暴になる。愛にあふれているが、ときには攻撃的になる。父親で弁護士であり、魚釣りとバスケットボールが好きだ」・・・と考えるかもしれない。このように、あなたのさまざまな想念のリストは、果てしなくつづく。だが、アイデンティティを確立する手順の根底には、さらに基本的な一つのプロセスが潜んでいる


きわめて単純なことが「あなたは誰か?」という質問に答えるときに起こっているのだ。自分「自身」を描写したり説明したり、あるいは内側で感じているときに、あなたが知っているかどうかにかかわらず、実際には頭で自分の体験の全領域を横切る線や境界を引いているのである。


その境界の内側にあるものはすべて、「自分」と感じたり、呼んだりしているものである。一方、その境界の外側にあるものは全部、あなたが「非自己」と感じているものである。言い換えると、自分のアイデンティティはすべて、その境界をどこに設けるかにかかっていることになる。


あなたは人間であり、椅子ではない。あなたにそれがわかっているのは、意識的あるいは無意識のうちに、人間と椅子のあいだに境界を設けているからである

記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
メディアの報道の仕方が偏りすぎていると改めて感じました
長尾和宏コロナチャンネル「ワクチン後遺症」
健康情報発信チャンネル
大石邦彦【CBCテレビ公式】
養老孟司【人間関係と花鳥風月】
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
藤原直哉「歴史は繰り返す」
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
健全な精神の小さな火花を燃やせ!