fc2ブログ

自己/非自己の境界

ケン・ウィルバー「無境界・自己成長のセラピー論」平河出版社より

誰もが正当なものとして受け入れるもっともありふれた境界線は、有機体としてのからだ全体を取り囲む皮膚の境界であろう。これは普遍的に受け入れられている自己/非自己の境界線のようである。この皮膚の境界の内側にあるものは、ある意味ですべて「わたし」であり、その境界の外側にあるものはそのすべてが「わたしではない」。


皮膚の境界の外にあるもののなかには「わたしのもの」と呼べるものもあるが、それは「わたし」ではない。たとえば、わたしは「自分の」車、「自分の」仕事、「自分の」家、「自分の」家族というとらえ方、をするが、それらは自分の皮膚の内側にあるものをすべて「わたし」とするような形で直接「わたし」であるわけではない。


つまり、この皮膚の境界はもっとも根源的に受け入れられている自己/非自己の境界の一つなのだ


この皮膚の境界は、あまりにも明白で現実的かつ共通したものであるために、たとえば統一意識のような稀な出来事とか、どうしようもない精神異常を除いて、他の種類の境界はほとんどありえない、と感じるかもしれない。だが、実際にはほかにも大多数の人が引く、きわめて一般的かつ確立された境界線が存在する。皮膚を当然の自己/非自己の境界として認め、受け入れたうえで、大半の人が自分にとってより重要なもう一つの境界を、自らの有機体のなかに設けるのである


有機体のなかの境界線という考えは奇妙な感じがするかもしれない。だが、「あなたは自分がからだだと感じますか?それとも自分がからだをもっていると感じますか?」と問いたとすると、ほとんどの人が車や家やほかの物と同様に、自分はからだをもっていると感じる。こういった状況の下では、からだは「わたし」というより「わたしのもの」である。そして、「わたしのもの」とは定義上、自己/非自己の境界の外側にあるものである。


人は自らの有機体全体の一局面に、より基本的で親密なアイデンティティを感じる。人が自らの真の自己であると感じるこの局面は、心、魂、自我、人格などとして知られている。生物学的にはこの心とからだ、魂と身体、自我と肉体の分裂や大きな溝には、いかなる根拠もない。だが、心理学的には疫病的な作用を及ぼす


そして、この心身の分裂それに付随する二元論は、西洋文明の基本的とらえ方となっている。ここでわたしが人間の行動全体の研究に関して、「サイコ・ロジー」ということばを使わなければならないことにお気づきだろうか。


このことば自体が人間は基本的に心であり、からだではないという偏見を反映している。聖フランシスでさえ、自分のからだを「哀れなロバ」と呼んだ、ほとんどの人が、ロバにでも乗るように自分のからだを乗り回している感覚をもっていることは否定できないであろう。

記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
健全な精神の小さな火花を燃やせ!
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
金利上げるの?上げないの?【デモクラシータイムス】
2008年金融危機からの禁じ手による反則負け