fc2ブログ

「影」と「自己超越」

ケン・ウィルバー「無境界・自己成長のセラピー論」平河出版社より

もちろん、この自己/非自己の境界線はきわめて柔軟なものである。ということは、自我とか頭のなかにまた別のタイプの境界線が生じてきても驚くにはあたらない。


あとで論議するさまざまな理由で、人は魂の特定の局面を自らのものとして認めることを拒絶するようになる。心理学用語を使うなら、それらを疎外抑圧分断投影するのだ。


自己/非自己の境界を自我的傾向の特定の部分までせばめてしまうのである。このせばめられた自己イメージをわれわれは仮面と呼ぶことになるが、その意味は先に進むにつれだんだん明らかになってくるはずである。


だが、魂の特定の局面だけにアイデンティティをもつようになってくると、残りの部分異質な領域、相容れない恐ろしい非自己と感じるようになる。そして、魂の地図を作りなおし、自分自身の好ましくない局面(これらの好ましくない局面は「影」と呼ばれる)を意識から追い出し、否定しようとする、程度の差こそあれ、「正気を失う」のだ。


ストーの名言


カランの名言

これがもう一つの一般的なタイプの境界線であることは明らかである。この時点で、われわれはこれらの自己地図のうち、どれが「正しいか」、「正確か」、あるいは「真実か」を決めようとしているわけではない


自己/非自己の境界線にはいくつかのおもなタイプがあることを、公平に指摘しているだけである。このように、この問題に関して判断しない形でアプローチしているわけであるから、今日注目を集めているもう一つのタイプの境界線を取り上げてもよいであろう。それは、いわゆるトランスパーソナルな現象に関連した境界である。


「トランスパーソナル」とは、個人のなかで個人を超える何らかのプロセスが起こっているという意味である。このもっとも単純な例はESPである。超心理学者たちはESPには、テレパシー、透視、予知、既知体験などのいくつかの形態があることを認めている。ここでは身体離脱体験、超個的自己や超個的目撃の体験、至高体験なども含まれるであろう。


こういった体験すべてに共通しているのは、自己/非自己の境界が有機体の皮膚の境界を超えて拡大することである

記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
健全な精神の小さな火花を燃やせ!
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
金利上げるの?上げないの?【デモクラシータイムス】
2008年金融危機からの禁じ手による反則負け