fc2ブログ

人間の意識の基本的な側面

ケン・ウィルバー「無境界・自己成長のセラピー論」平河出版社より

トランスパーソナルな体験はある意味で統一意識に似ているが、両者を混同してはならない。統一意識においては完全にあらゆるものにアイデンティティをもつようになるが、トランスパーソナルな体験では、アイデンティティは全体にまで拡大せず、有機体の皮膚の境界を超えるだけである


あらゆるものと同一化しているわけではないが、有機体だけに閉じこめられているわけでもない。トランスパーソナルな体験をどう考えようと(本書のなかでその多くに関して詳細に議論することになる)、少なくともそういった形態のものが存在するという、無視することのできない証拠がある。つまり、これらの現象が、また別のタイプの自己の境界線を表していると断言できるのである。


この自己/非自己の境界に関する議論で重要なのは、アイデンティティには一つではなく数多くのレベルがあるということである。これらのアイデンティティのレベルは、理論的な仮説ではなく、観察可能なリアリティである。自分自身で立証できるのだ。


これらのさまざまなレベルを見るかぎり、身近でありながらも究極的には神秘的な「意識」と呼ばれる現象は、数多くの帯域ないしアイデンティティのレベルによって構成される一条の虹のような一つのスペクトルに見える。


読者は、これまでわれわれがアイデンティティの五つの種類ないしレベルを概説してきたことにお気づきであろう。もちろん、これら五つのレベルにはヴァリエーションがあり、個々のレベル自体も細かく再分割されうるが、これら五つのレベルは人間の意識の基本的な側面のように思われる


意識のスペクトル図1


記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
健全な精神の小さな火花を燃やせ!
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
金利上げるの?上げないの?【デモクラシータイムス】
2008年金融危機からの禁じ手による反則負け