fc2ブログ

市場的性格

エーリッヒ・フロム著「生きるということ」紀伊國屋書店


この現象を市場的性格と名付けたのは、それが自分を商品として経験すること、そして自分の価値を〈使用価値〉としてではなく、〈交換価値〉として経験することに基づいているからである。


生きている人間は、〈パーソナリティ市場〉における商品となる。評価の原理は、パーソナリティ市場においても、商品市場においても、同じである。前者においては、パーソナリティが売りに出され、後者においては商品が売りに出される。価値はいずれの場合においても、交換価値であって、〈使用価値〉は必要条件ではあるが、十分条件ではない。成功のための前提条件としての、一方における熟練および人間的な資質と、他方におけるパーソナリティとの比率はそれぞれ異なるが、〈パーソナリティ要因〉が常に決定的な役割を演じる


成功を大きく左右するのは、人びとが市場においていかにうまく自分を売るか、いかにうまくパーソナリティを認めさせるか、彼らがいかにすてきな〈詰め合わせ〉であるかであり、彼らが〈快活〉で〈健全〉で〈攻撃的〉で〈頼もしく〉て〈野心的〉であるかどうかであり、さらには、家庭的背景がいかなるものであるか、いかなる社交クラブに所属しているか、〈しかるべき〉人びとを知っているかどうか、なのである。


要求されるパーソナリティの型は、或る程度までは人が働こうとするその特定の分野に左右される。証券業者、外交員、秘書、鉄道の経営者、大学教授、ホテルの支配人は、それぞれ違った種類のパーソナリティを売りものにしなければならないが、それらはその相違には関係なく、一つの条件、すなわち需要があるという条件を満たさなければならない


自己に対する態度を形成するものは、或る与えられた仕事を成し遂げるための熟練と素養だけでは十分ではない、という事実であり、成功するためには、ほかの多くの人びととの競争に勝たなければならないという事実である。


もし自分の知っていること、およびなしうることにたよるだけで十分に生計を立てることができるなら、人の自尊心はその能力、すなわち、自己の使用価値に比例するだろう


しかし、成功はいかにして自分のパーソナリティを売りつけるかに大きく左右されるので、人は自分を商品として、というよりは、同時に売り手でもあり、売られる商品でもあるとして、経験する。


人が専念するのは、彼もしくは彼女の人生や幸福ではなく、売れるようになることである。市場的性格が目標とするのは、パーソナリティ市場のあらゆる条件のもとで望ましい人物となるための、完全な順応である


T3・主要な動機づけ1

T3・主要な動機づけ2


記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
メディアの報道の仕方が偏りすぎていると改めて感じました
長尾和宏コロナチャンネル「ワクチン後遺症」
健康情報発信チャンネル
大石邦彦【CBCテレビ公式】
養老孟司【人間関係と花鳥風月】
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
藤原直哉「歴史は繰り返す」
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
健全な精神の小さな火花を燃やせ!