fc2ブログ

愛着を持たず無関心

エーリッヒ・フロム著「生きるということ」紀伊國屋書店


市場的性格は自分にも他人にも何ら深い愛着を持っていないので、彼らは言葉の深い意味での思いやりというものを持たないのだが、それは彼らがそこまで利己的であるからではなく、他人および自分とのつながりがそこまで弱いからなのである。


このことはまた、彼らが核兵器による破局や生態学的破局の危険を示すすべてのデータを知りながら、なぜそれらの危険に関心を持たないのかの説明にもなるかもしれない。自分個人の生命にかかわる危険に関心を持たないということならば、彼らがたいそう勇敢で利己心がないからだろうという説明が、まだできるかもしれない。


しかし、子供や孫に対する関心すら欠いていることを見れば、このような説明は許されない


これらのあらゆる水準における関心の欠如は、彼らがいかなる情緒的なきずなをも、最も〈身近な〉人びとへのきずなさえも、失ったために起こったことである。事実、市場的性格と親密な者はいないし、彼らは自分自身とも親密ではないのである。


現代の人間は買ったり消費したりすることが好きなのに、どうして買ったものにこんなにも愛着を持たないのかという難問は、市場的性格の現象の中に最も意味深い答えを見いだす。市場的性格は愛着心を欠いているので、物に対してもまた無関心になるのである。


問題になるのはおそらく物の与える威信あるいは慰めであって、物自体には何の実体もない。物はまったく消費の対象なのである。それは友人や恋人においても同じことであって、彼らのだれに対しても物以上に深いきずなは存在しないので、彼らも消費の対象なのである。


市場的性格は与えられた環境のもとでの〈正しい機能〉を目的とするので、彼らは世界に対して主として頭脳で反応する。理解するという意味での理性は、ホモ・サピエンスの独特の資質である。実際的目的を達成するための道具としての操作的知性は、動物と人間とに共通している。


理性を持たない操作的知性が危険であるのは、それが理性的に見れば自己破壊的な方向へ、人びとを動かすからである


実際、制御されない操作的知性優秀であればあるほど、それは危険なのである。


タイプ3とタイプ9-1


タイプ3とタイプ9-3


記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
健全な精神の小さな火花を燃やせ!
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
金利上げるの?上げないの?【デモクラシータイムス】
2008年金融危機からの禁じ手による反則負け