fc2ブログ

情緒的生活の萎縮

エーリッヒ・フロム著「生きるということ」紀伊國屋書店


純粋に科学的な、疎外された知性のもたらす結果と、その人間としての悲劇を明らかにしたのは、ほかならぬ科学者チャールズ・ダーウィンであった


自叙伝によれば、三十歳になるまで彼は音楽と詩と絵画に熱中していたが、それ以後はずっと、これらに対する趣味をすっかり失ってしまった。


「私の頭は多くの事実の収集をすりつぶして一般法則を生み出す、一種の機械になってしまったようだ・・・・・。これらの趣味の喪失幸福の喪失なのだ。それは私たちの本性の情緒的な部分を弱めることによって、おそらくは知性を害するだろうし、より確実に道徳的性格を害するだろう」。


ダーウィンがここで述べている過程は、彼の時代から急速度で続いてきて、理性および心からの分離はほとんど完全なものとなった。とくに興味深いのは、この理性の堕落は、最もきびしく革命的な科学(たとえば理論物理学)の指導的な研究者の大部分においては起こらなかった ということ、そして彼らは哲学的、精神的問題に深い関心を持つ人びとであったということである。


私が言っているのはA・アインシュタイン、N・ボーア、L・シラード、W・ハイゼンベルク、E・シュレディンガーのような人たちである。


頭脳による操作的思考の至上権に伴って、情緒的生活は萎縮する。


情緒的生活は促進されることもなく、必要とされることもなく、むしろ最適度の機能の妨げであるとされたために、発育不良のままであって、子供の水準以上に発達してはいない


その結果として、市場的性格は情緒的な問題に関するかぎり、奇妙に単純である。彼らは〈情緒的人物〉に惹かれることもあるが、自分の単純さのために、それがほんものなのかいかさま師なのかを、判断できないことが多い。


このことが、なぜこれほど多くのいかさま師が精神的、宗教的分野で成功できるのかの説明になるだろう


それはまた、なぜ強い情緒を表現してみせる政治家市場的性格に強く訴えるのか――またなぜ市場的性格は真に宗教的な人物と、強い宗教的情緒を偽る宣伝の産物とを区別できないのか――の説明にもなるだろう。


生を取り戻す見込み1


生を取り戻す見込み2


記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
健全な精神の小さな火花を燃やせ!
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
金利上げるの?上げないの?【デモクラシータイムス】
2008年金融危機からの禁じ手による反則負け