fc2ブログ

男らしさの歴史

エーリッヒ・フロム著「生きるということ」紀伊國屋書店


私たち自身や、ほとんどすべての人びとの行動や、政治的指導者たちを吟味してみれば、私たちにとってのよきもの、価値あるものの典型が異教の英雄であることは、否定しえない。ヨーロッパ=北アメリカの歴史は、教会への改宗にもかかわらず、征服誇り貪欲の歴史であり、私たちの最高の価値は、他人より強くなり勝ち他人を征服し、搾取することである。


これらの価値は、〈男らしさ〉の理想と一致する。戦い征服することのできる者だけが、男である。力の行使において強くない者は、だれでも弱い、すなわち、〈男らしくない〉のである。ヨーロッパの歴史が征服搾取制圧の歴史であることは、証明するまでもない


ほとんどいかなる時代も、これらの要因を特徴としない時代はなく、いかなる人種も階級もこのことから除外されるものはなく、しばしばアメリカ・インディアンのように大量虐殺をされた例もあるうえに、十字軍のような宗教的な企てでさえ、例外ではない。


このような行動を動機づけたのは、ただ外的な経済あるいは政治であって、奴隷商人、インドの支配者たち、インディアンを殺した連中、中国人に強要して彼らの国へ阿片を輸入させたイギリス人、二つの世界大戦の扇動者たち、そして次の戦争の準備をしている連中は、みな心の中はキリスト教徒なのだろうか。


それとも、おそらくは指導者たちだけが強欲な異教徒で、大部分の人びとは依然としてキリスト教徒であったのだろうか。もしそうなら、私たちはもっと勇気づけられるだろう。残念ながら、そうではない


確かに、指導者たちはより多くを得られるゆえに、彼らに従う人びとより強欲であることが多かったのだが、征服し勝ちたいという望みが、過去も現在も社会的性格の一部でなければ、彼らは計画を実現することができなかっただろう。


私たちはただ、人びとが過去三世紀のさまざまな戦争に参加した時の、激しい気違いじみた熱狂ぶりを思い起こすだけでよい――何百万という人びとが、〈最強国〉、〈名誉〉あるいは利益のイメージを守るために、国民的自殺の危険を冒そうと決意したことを。


権威主義1


権威主義2


記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
メディアの報道の仕方が偏りすぎていると改めて感じました
長尾和宏コロナチャンネル「ワクチン後遺症」
健康情報発信チャンネル
大石邦彦【CBCテレビ公式】
養老孟司【人間関係と花鳥風月】
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
藤原直哉「歴史は繰り返す」
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
健全な精神の小さな火花を燃やせ!