fc2ブログ

個人主義と順応主義

figure_ningenkankei_fukuzatsu.png


ロバート・N・ベラー「心の習慣・アメリカ個人主義のゆくえ」みすず書房 より


個人主義はアメリカ社会史に深く根ざしたものである。ここにおいて召使いは自由になり、借地人は小土地所有者となり、ベンジャミン・フランクリンの言う自尊心ある「ミドリング・コンディション」(中等身分)が生活の標準となった。


しかし植民地時代の、現われ始めたばかりの「自立的市民」は、自分たちが結束力の強い共同体のなかにいることを感じていた。すなわち家族や教会への結びつきとか共同体の「生え抜きの指導者たち」への尊敬がなお強力であるような、「平穏な王国」だった植民地の町町がなお健在だった。


個人主義は植民地の生活の市民的・宗教的構造体に深く埋め込まれていたので、ジョン・ロックの個人的自律の思想がよく知られていたにもかかわらず、まだ個人主義を表わす言葉は生まれていなかった。新しい国家の地理的・経済的膨脹、とくに1800年以後数年の膨脹とともに、物質的生活の改善の飽くことなき探求が始まる。


トクヴィルは、彼が目にしたこうした状況を記述するために「個人主義」なる言葉を用いたのである。近代個人主義のイデオロギーは、新しい社会的・経済的状況が生み出したものではない。その構成要素の大部分は19世紀よりもずっと古いものである。


しかし私たちの言う功利的個人主義――と後には表現的個人主義――が、市民的・宗教的な生活形態からの相対的独立を果たして、(それでもなお、市民的・宗教的な生活形能は依然重要ではあったが)、自らに固有な傾向を展開することができるようになったのは、こうした新しい社会的・経済的状況のおかげだったのである。


鋭敏なトクヴィルは、新しい個人主義の主たる両義性の一面を指摘している。すなわち個人主義は奇妙にも順応主義と共存可能だというのである。トクヴィルの描き出すアメリカ人は、自らの意見の形成にあたっては、受け入れた権威ではなくてつねに自らの判断を頼るべきであり、そうして作られた自らの意見を自らの拠りどころとすべきであると主張する。


こうした姿勢は、先の数章に記した会話のなかにすでに多く出てきている――たとえば、他者との妥協は望ましいことかもしれないが、しかし自分の「価値観」を犠牲にするのは良いことではないという主張などがそれである。

記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
健全な精神の小さな火花を燃やせ!
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
金利上げるの?上げないの?【デモクラシータイムス】
2008年金融危機からの禁じ手による反則負け