fc2ブログ

官僚制的個人主義

ロバート・N・ベラー「心の習慣・アメリカ個人主義のゆくえ」みすず書房 より


アメリカの個人主義の両義性と両面感情は、文化的矛盾と社会的矛盾の両方に由来するものである。私たちは真の自己、つまり すべての文化的・社会的影響から独立している自己当の自己に対して以外はいっさいの責任を負わない自己自己実現こそが人生の意味であるような自己を見つけることを、おそらくかつてないほどに主張している。


だが私たちは他者を操作し、他者によって操作される巨大な官僚機構――マンモス大学や企業や政府機関――のなかを潜り抜けることに多大な時間を費している


アラスデア・マッキンタイアは、経営管理者やセラピストに代表されているような生活の形態を「官僚制的個人主義」と呼んでいる。この官僚制的個人主義に、個人主義の両義性と矛盾が寒々と露呈されている。


なぜなら、そこでは私的決定の自由を買い取るために、もっとも公共的な決定を官僚制的経営管理者と専門技術者に引き渡すという犠牲を払っているからである


官僚制的個人主義のもとでは、近代の啓蒙的個人主義の第一の要求である被治者の同意はほとんど形骸化している。これは、個人主義が自らの存立条件を破壊する傾向をよく物語っている。しかし、私たちのインタヴューでは官僚制的個人主義への傾向が見られはしたものの、それが主流を占めているというほどではなかった


むしろアメリカ的個人主義の古典的極性のすべてが見られた。すなわち自律性と独立独行に対する深い欲求に対しては、共同体という場において他者と人生を分かちあうことなくして意味ある人生を送ることはできないという同じように深い確信が。


すべての個人の尊厳に対して平等な権利を与えるべきだという信念に対しては、極端な場合には人々から尊厳を奪うことになりかねない報酬の不平等を正当化しようという努力が。


人生には実践的な有効性と「リアリズム」が必要だという主張については、妥協は倫理的に致命的だという感情が見られたのである。


アメリカ的個人主義の内部にある緊張は、両面感情の古典的ケースであると言えよう。私たちは独立独行と自律性を強調している。


私たちは社会的コミットメントを維持することなしには人生は空虚なものになってしまうと深く感じている。自立は大事だが、人間はたがいに相手を必要としている――そう感じていながら、しかし私たちはそれをはっきりと口に出すことには躊躇してしまう


それを言ったら個人の独立性がなくなってしまうのではないかと恐れているのだ。だが、もし私たちが、個人主義の有する孤立化の作用にたえず歯止めをかけてくれるような実践に取りかからないままでいるとしたら、私たちの人生における緊張はさらに大きなものになることだろう。

記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
健全な精神の小さな火花を燃やせ!
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
金利上げるの?上げないの?【デモクラシータイムス】
2008年金融危機からの禁じ手による反則負け