fc2ブログ

リヴァイアサン

ロバート・N・ベラー「心の習慣・アメリカ個人主義のゆくえ」みすず書房 より

近代がまさに始まろうとするときトーマス・ホッブズが描いた人間存在の姿は、やがて来る社会をあまりにもみごとに言い当てたものであった。彼は「人の一生」を競争にたとえて言う。「だがこの競争には、つねに先頭を走る以外にいかなるゴールも勝利の栄冠もない。そしてそこでは……」。


(彼がこれでもかと並べるもののほんの一部をここに示せば)

誰かを後に見るのは勝利誰かを前に見るのは卑下突然転ぶのは嘆くべきこと他の人間が転ぶのは笑うべきこといつも後ろから追い抜かれるのは悲惨いつも前を追い抜くのは幸福、そしてコースから外れるのは死


『リヴァイアサン』のなかでホッブズは、人生についての彼の教えを要約して、「人類の一般的性向」の筆頭は「死ぬまで止むことのない、永続的で休み知らずの権力欲につぐ権力欲」であると論じている。しかしいまや私たちは、彼のいう競争には勝者はないということ、そしてもし権力が私たちの唯一の目標であるなら、やがて来るものは個人の死だけではなく、文明の死であることに気づき始めている。


しかしなお私たちには、自分たちが乗り出しているコースを再考する能力がある。過去において道徳的関心をもった社会運動が、共和主義的あるいは聖書的な感情に導かれつつ私たちを大いに支えてくれたし、これからもそうしてくれるかもしれない。


しかし私たちは、かつて自らのもっとも深いところにある前提を、これほどまで根本的に再考する必要に迫られたことはなかった。今日私たちの抱える諸問題は、たんに政治的なものではない。それらは道徳的なものであり、人生の意味に関わるものである。私たちは、経済成長の続く限りは、それ以外のすべては私的領域に委ねてしまえると考えてきた。


その経済成長もつまずき、これまで私たちが暗黙のうちに依存してきた道徳的エコロジーも乱れてきている今となって、私たちは、共同生活には物質的蓄積への排他的関心を超えたものも必要だということを理解し始めている。おそらく人生は、先頭を切ることが唯一のゴールであるような競争ではないだろう。


おそらく真の幸福は、たえず前の者を追い抜くことで得られるものではないだろう。おそらく 真理は、近代西洋を除く世界の大部分がつねに信じてきたこと、すなわちそれ自体において良い、そのものとして充実をもたらしてくれる生の実践が存在するということのなかにあるのだろう。


おそらくそれ自体として報いのある労働の方が、ただ外的な報酬があるだけの労働よりも人間にとってふさわしいものだろう。おそらく愛する者への永続的なコミットメントと同胞市民への市民的友情は、休む間もない競争や不安げな自己防衛よりも好ましいものだろう。おそらく存在そのものの神秘に触れて発する感謝と驚きの表現としての共同の信仰は、何よりも重要なものだろう。

記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
メディアの報道の仕方が偏りすぎていると改めて感じました
長尾和宏コロナチャンネル「ワクチン後遺症」
健康情報発信チャンネル
大石邦彦【CBCテレビ公式】
養老孟司【人間関係と花鳥風月】
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
藤原直哉「歴史は繰り返す」
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
健全な精神の小さな火花を燃やせ!