fc2ブログ

アメリカの分派

ジャック・ブロス「世界宗教・神秘思想百科」JICC出版局


19世紀と20世紀で、あらゆる種類の宗派が林立したアメリカでは、ジョン・スミスが受けた啓示からモルモン教団(末日聖徒)が生まれた。


千年至福論を唱えるもう一つの教会、キリスト再臨派(ラテン語で到来の意)は、 1843年―1844年にキリストが帰ってくることを告げた自営農家ウィリアム・ミラーの説教から始まっている。彼らの期待は挫かれたけれど、キリスト再臨派は今日なお百万人以上に及んでいる。


この予言の失敗のあと、エレン・G・ホワイトはこう主張した。キリスト再臨の日が正確に告げられないにしても、それに準備したほうがよいと。この考え方によるセブンスデー・アドベンティストは、おもに祝福された安息日(サバト)として土曜日を敬いながら、多くの健康法を実践(たとえば肉、アルコール、煙草を断つこと)する。


彼らにとって、キリストのつぎの到来は、千年あとで、そのとき選ばれた民はキリストとともに天に召されるだろう。それから悪人の根絶を見ることになる神の王国の復活が起こるが、善人は、それ以来不死となり、楽園となった地上で再び生きるであろう。


1873年―1878年にキリストの再来をむなしく待ったあとで、アメリカ人C・T・ラッセルは聖書研究に関する国際的な学生運動を創始したが、彼の死後、運動は分裂した。主流は、ラザフォードの指揮のもとで、1921年に《エホバの証人》となり、闘争手段として組織された。


《エホバの証人》は、黙示録で示された最終決戦ハルマゲドンの戦いのときに、世界が破滅するのを待つ。神の唯一の子ではなく、たんに神の主たる代理人にすぎないイエスに導かれた「善」の力が、サタンによる「悪」の力を決定的に叩きつぶすことになる。すべての悪人は消えてしまい、甦った大地に救世主の王国をイエスとともに享受する《エホバの証人》教団だけが生き残る。1987年に、 エホバの証人の信者は三百万人近い。


1879年に、ボストンで、メアリー・ベイカー・エディが、科学主義的なキリスト教会を創立した。彼女はキリスト教に《失われた要素を復活させ》ようと、霊魂の病と同じく身体の病を治すことができる再調和の実践を制度化した。クリスチャン・サイエンス(キリスト教の科学)は今日およそ二百万の信者を数える。


1865年以来、ウィリアム・ブースはロンドンの貧しい大衆に福音を説こうと企てた。1878年に、彼の社会的な仕事でよく知られている救世軍を作った。1987年に、86カ国に広がった二万五千人以上の《士官》で形成された。この救世軍への信仰に三百万人が従った。


以上が、宗教改革が解放した予言的な流れから生まれた主要な分派活動のパノラマの簡単な要約である。この流派の創始者たちは信者たちから霊的な指導者と見なされている。

記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
メディアの報道の仕方が偏りすぎていると改めて感じました
長尾和宏コロナチャンネル「ワクチン後遺症」
健康情報発信チャンネル
大石邦彦【CBCテレビ公式】
養老孟司【人間関係と花鳥風月】
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
藤原直哉「歴史は繰り返す」
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
健全な精神の小さな火花を燃やせ!