fc2ブログ

ジャン・カルバン

ジャック・ブロス「世界宗教・神秘思想百科」JICC出版局


■宗教改革の第二の大司教―ルターよりも急進派のカルバンは、浄化した教会を組織化し、新しい社会を作ろうとした


ノワイヨン司教区教会参事会の法律顧間の父は、カルバンを教会に関係させていた。彼はパリのコレージュ・ド・モンタギュで長いあいだ勉強し、オルレアンとブールジュで法律を修めた。パリに戻って、文学に向かい、人文主義者の仲間と交流し、 1534年にきわめて学問的な『セネカの「寛容論」注解』を出版した。


彼が宗教改革を決意したのは、おそらく1532年のことであろう。同年11月大学長のニコラ・コップは、ルターの命題に好意的な檄を発した。議会は彼の逮捕と、この檄文を起草したのではとの嫌疑がもたれた彼の友人のカルバンの逮捕を発令した。カルバンはアングレームにのがれ、さらにフランソワ一世の妹で、宗教改革の擁護者マルグリット・ド・ナバールがいるネラクに避難した


その後、彼はバーゼルに移ったが、ここで1534年に『キリスト教綱要』のラテン語訳を出版した。ジュネーブに一時滞在したカルバンは、ここで宗教改革を進めていたギヨーム・ファレルに引き止められたが、 1538年に彼らは二人とも反対派に排除されてしまう


カルバンは、宗教改革の中心地となったシュトラスブルクに来るようマルチン・ブツァーに招待されたのを受け、そこでフランス人亡命者の面倒を見た。 1541年にファレルにジュネーブに呼び戻されたカルバンは、この都市を模範的な市にしようと決心し、そこで彼の神学者として、また説教師としての栄光もあって押しも押されもせぬ指導者になった


■改革された教会

彼の「規則」の実践にあたって、新教に四つの聖職者が作られた。説教を担った牧師、教育を任された牧師、病人が貧者の世話をする牧師、宗務局に集まり生活態度の矯正を見守り、めいめいの市民の密接な監視を行う長老である。このきびしさは反対派を生み出したが、カルバンが鎮圧した


彼は、穏健派や直接的な天啓を受けたと主張する人びとたちを刺激した。 1553年に、カトリック教徒に従い、ジュネーブに避難したミシェル・セルベ医師を断罪するのにカルバンは躊躇せず、火あぶりの刑に処した。1559年にジュネーブ・アカデミーが創設され、初代院長はテオドール・ド・ベーズだった。病弱で老け込んだカルバンは、晩年相当苦しんだが、おのれの任務を忘れることはなかった


ジュネーブ出身の宣教師たちがオランダやドイツ諸国やイギリスやスコットランドやポーランドやハンガリーまで教義を広めた。


第一回教会会議が1559年に設立したフランス新教教会は、 1561年に2150を数えた。カルバンが死んだとき、カルビニズムはルター派よりすでにはるかに広まっていた臆病で病的なカルバンは、《神の唯一の栄光》の名において、人間の導き手の使命を果たしていた。このことは、彼がしばしば非難された頑固一徹であることを証明していた。

記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
健全な精神の小さな火花を燃やせ!
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
金利上げるの?上げないの?【デモクラシータイムス】
2008年金融危機からの禁じ手による反則負け