fc2ブログ

不確実性と格差の拡大

エーリッヒ・フロム著「自由からの逃走」東京創元社

しかしこの発達のもたらした影響は、それぞれの階級によってちがっている。都市の貧民や労働者や徒弟にとっては、それはますます搾取され、ますます貧乏になることであった。農民にとってもまた、経済的、人間的な圧力が増大することであった。


下層貴族は、もちろん別の具合にであったが、破滅しそうになった。これらの階級にとっては、新しい発達は結局悪化を意味したのであるが、都市の中産階級にとっては、その事情ははるかに複雑であった。都市の中産階級の内部に分化が発達してきたことは、すでにのべたところである。その大部分は、ますます悪い状態へと追いこまれた。


多くの職人や小規模な商人たちは、自分より多くの資本をもった独占者や競争者の優越した力に直面しなければならなかった。そして独立を維持していくことは、ますます困難になった。


かれらはしばしば、圧倒的に強力な力に挑戦したが、多くのばあい、それは望みのない悲惨な戦いであった。中産階級のなかでも、あるものはもっと幸運にめぐまれ、発達する資本主義の上昇的気運に参加した。しかしこれらの幸運にめぐまれたものにとってさえ、資本や市場や競争の役割が増大したことは、かれらの性格に変化をあたえ、動揺や孤独や不安にかられるようになったのである


資本が決定的に重要なものになったということは、経済が超自然的な力によって決定され、ひいては人間の運命までが、それによって決定されるということを意味した。資本は「召使であることをやめて、主人となった。資本は分離した独立の姿をよそおって、自分の過酷な要求のままに、経済的組織を指令するような、支配者の権利を要求した」。


市場の新しい機能も、同じような結果をもたらした。中世の市場は比較的小さなもので、その機能は容易に理解できた。需要供給の関係は直接的具体的であった。生産者はどれだけ生産すればよいか大体わかっており、その製品を適当な値で売ることについても、比較的自信をもっていた。いまやますます拡大する大市場を相手として生産しなければならなくなり、どれだけ売れるかをあらかじめ決めることはできなくなる。


そのため、有益な品物を作るというだけでは十分でなくなった。もちろんそれは商品を売るための一つの条件であったが、製品が一体売れるのか売れないのか、またどれだけの利益で売れるのかは、市場の予測できない法則が決定したのである。


記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
健全な精神の小さな火花を燃やせ!
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
金利上げるの?上げないの?【デモクラシータイムス】
2008年金融危機からの禁じ手による反則負け