fc2ブログ

苦悩の抑圧

エーリッヒ・フロム著「自由からの逃走」東京創元社


われわれの社会においては、感情は一般に元気を失っている。どのような創造的思考も――他のどのような創造的活動と同じように――感情と密接に結びあっていることは疑う余地がないのに、感情なしに考え、生きることが理想とされている。


「感情的」とは、不健全で不均衡ということと同じになってしまった。この基準を受けいれたため、個人は非常に弱くなった。かれの思考は貧困になり平板になった。(デストピア➡蓼丸)


他方感情は完全に抹殺することはできないので、パースナリティの知的な側面からまったく離れて存在しなければならなくなった。(極端なポピュリズム➡蓼丸)


私がとくにとりあげたいと思う一つの禁止された感情がある。それは悲劇感である。なぜならその抑圧はパースナリティの根本に深く影響するからである。まえの章でみたように、死の意識と生の悲劇的な面の自覚は、漠然としたものであれ明瞭なものであれ、人間の基本的性格の一つである


われわれの現代は単純に死を否定し、そのことによって、生の根本的な一つの面を否定している


死や苦悩の自覚が、生へのもっとも強力な刺激の一つとなり、人類の連帯性の基礎となり、また喚起や熱情がはげしさや深さをもつためにかくことのできない経験となることを認めるかわりに、個人はそれを抑圧することを強いられている


しかし抑圧は常にそうであるように、抑圧された要素は、視界から消えても存在することをやめはしない。こうして、死の恐怖はわれわれのあいだに不条理な存在として生きている。死の恐怖はそれを否定しようとする試みにもかかわらず依然として残っているが、抑圧されているために不毛なものとなっている


それは経験の平板さと生活をおおっている焦燥との源である。あえていれば、それはアメリカ国民が葬式に払う法外な金額を説明するものである。


記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
健全な精神の小さな火花を燃やせ!
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
金利上げるの?上げないの?【デモクラシータイムス】
2008年金融危機からの禁じ手による反則負け