fc2ブログ

正常は、もはや異常に

エーリッヒ・フロム著「自由からの逃走」東京創元社


精神分析家も合めて多くの精神病学者は、過度の悲しみや怒りや興奮をもたない「正常な」パースナリティの像をえがきだした。かれらは「正常な」個人の通例の型と一致しないパースナリティの特性やタイプを呼ぶのに、「小児的」とか「神経症的」とかいう言葉を用いる


この種の影響は、見方によれば、以前のより直接的な呼びかたよりも危険である


以前には個人は少くとも自分を批判するある人間なり原理なりが存在することを知っていて、それに抵抗することができた


しかしいったいだれが「科学」に抵抗することができるであろうか

同じような歪みは感情や感動と同じく、独創的な思考にもおこる。教育のそもそもの発端から、独創的な思考は阻害され、既製品の思想がひとびとの頭にもたらされる


このことが、幼児のばあいには、どのようになるかはたやすくみることができる。かれらは外界について好奇心でいっぱいになり、知的にも肉体的にもそれを把握しようと欲する。かれらは真理を知ろうと欲する。というのは真理は未知の強力な世界のなかで、自分に方向をあたえるもっとも安全な道であるから


ーー 欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。 ➡ 内村鑑三 ーー蓼丸


ところがかれらは真剣にとり扱われない。その態度があからさまな軽視となろうと、(子どもや老人や病人のような)力のないすべてのものにたいしてよくとられるような、巧妙な丁重さとなろうと、それは問題ではない。


この取りあつかいはそれだけで独立的な思考を強く妨害するが、さらにいっそう悪いハンディキャップが存在する。すなわち一般の大人の子どもにたいする態度に典型的にみられる不誠実――その多くは意図的なものではないとしても――である。その不誠実は、世界について架空なことが子どもにあたえられるばあいにもみられる。


それはちょうど、サハラ沙漠を探検するにはどんな準備をしたらよいかとたずねる人間に、北極の生活についての知識が有益であるというのと同じことである。この一般的な、あやまった世界の表象のほかに、個人的ないろいろの理由で、子どもに知らせたくない事実をかくそうとする特殊な嘘もたくさんにある。


記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
メディアの報道の仕方が偏りすぎていると改めて感じました
長尾和宏コロナチャンネル「ワクチン後遺症」
健康情報発信チャンネル
大石邦彦【CBCテレビ公式】
養老孟司【人間関係と花鳥風月】
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
藤原直哉「歴史は繰り返す」
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
健全な精神の小さな火花を燃やせ!