fc2ブログ

自己縮小的解決法(追従型)

ドン・リチャード・リソ著「性格のタイプ」春秋社


■カレン・ホーナイとエニアグラム

精神分析学者カレン・ホーナイ(1885~1951)は、彼女の臨床観察を基に、神経症には三つの一般的な「解決」があると示唆した一


「他者から離れる」(「遊離」タイプ)

「他者に対抗する」(「攻撃」タイプ)

そして、「他者に近づく」(「追従」タイプ)である。


これら一般的な神経症の解決は、非常に広範囲に、しかも正確に、性格のタイプを分類する有効な方法である。


・原注:カレン・ホーナイ『心の葛藤』14~18頁参照。ホーナイは、それぞれの解決に一章ずつ当てている。私はまた、彼女の『神経症と人間の成長』を高く評価して推薦する。その中で彼女は、


「自己拡張的解決」ー「他者に対抗する」攻撃タイプ

「自己縮小的解決」ー「他者に近づく」追従タイプ

「あきらめ」ー「他者から離れる」遊離タイプという表題で三つの型を発展させている。


私たちは、(三つ組〉が、感情と行動と関係の問題領域として、互いに弁証法的に関連していることを、すでにみてきた。ホーナイの対人関係の概念によって導入された分析段階には、もう一つ弁証法的関係が存在する


自己縮小的解決2


それぞれの<三つ組>において、これらの名称を次のように解釈することができる。

<感情の三つ組>において、

タイプ2は、すべてよしという自分の自我像に従順である
タイプ3は、他の人々に対し攻撃的(すなわち競争的)である。
タイプ4は、引きこもっていて、自分の感情を直接に表現しない。

<行動の三つ組>において、

タイプ5は引きこもっていて、行動を避け思索の世界へ入っている。

タイプ6は、権威の象徴に対し従順(すなわち頼っている)である
タイプ7は、自分の欲望を満たすことに対して攻撃的である。

<関係の三つ組>において、

タイプ8は、自分の思いどおりにすることを攻撃的に強制する。
タイプ9は、自己の発達について引きこもって(表立たない)いる。

タイプ1は、自分が努力している理想に追従している


自己縮小的解決

記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
健全な精神の小さな火花を燃やせ!
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
金利上げるの?上げないの?【デモクラシータイムス】
2008年金融危機からの禁じ手による反則負け