fc2ブログ

エピメテウス的な構え

publicdomainq-0024193xiwsoz.jpg


C.G.ユング「タイプ論」みすず書房

周知のように、誰でも外界から入ってくるデータを基準にして行動の仕方を決めているが、しかしこれが決定的な役割を果たす場合もあれば、それほどでない場合もある。


ある人は外が寒いという事実があるとすぐにオーバーを着ようとするが、しかし他の人は体を鍛えたいという理由からオーバーなど余計だと思う。


ある人は世間の人がみな賞讃しているという理由で新進のテノール歌手を賞讃するが、他の人は彼が気に入らないというよりは、むしろ皆が賞讃しているものが必ずしもそれに値するとはかぎらないという考えから、彼を賞讃しない。


ある人は経験に照らしてこれ以外はありえないという理由から既成事実に従うが、しかし他の人はもう千回も同じことが続いたのだから千一回目には新しい事態が生じるはずだと固く信じている。


前者は既定の外的事実を基準にして自らを方向づけるし、後者はつねに自分の意見を持っていて、それが彼と客観的な既成事実との間に割り込んでくるのである。


ところでもっばら客体や客観的な既成事実を基準にして自らを方向づけ、そのためよくなされる重要な決断や行動が主観的な意見ではなく客観的な状況に左右される場合、これを外向的な構えと呼ぶ。これが習慣的になったものを外向的タイプと呼ぶ。


ある人が良い意味でも悪い意味でも客観的状況やその要求に直接応える形で考え・感じ・行動している場合、一言で言えばそのように生きている場合、彼は外向的である。彼はこのように生きているため、 一見して分かるように主観的意見よりも客体の方が意識を決定する因子として大きな役割を演じている。もちろん彼にも主観的な意見はあるのだが、しかしその決定力は外界の客観的状況よりも小さいのである


こうして彼は絶対的な要因をつねに外界に見出すため、自分自身の内界においてそのような要因と出会えるなどとは予想だにしない。*エピメテウス的なあり方においては内界が外界の要求に屈しており、たしかに葛藤がないわけではないが、しかし最後はつねに客観的条件が勝利を収めるのである


*「タイプ論」p183ーーこれ(プロメテウスの場合)とまったく反対なのがエピメテウスである。彼は自分が奮闘しているのは世界と関係するためであり、世界に通用するものを求めるためであることを知っている。

異常な状態に順応している個人

publicdomainq-0003858crxqoj.png


C.G.ユング「タイプ論」みすず書房

重要な決定や最終的な決定はつねに外界からもたらされるため、彼の意識は完全に外界へ向いている。しかしそのように決定が外界から来るのは、彼らがそれを外界に期待しているからこそである。


いわばこうした人間の心理に見られる属性は、それが特定の心理機能が優位に立っているためであるとか、個人的な特殊事情によるものでないかぎり、すべてこうした基本的構えから生じたものである


関心と注意は客観的な出来事に、とりわけ最も身近な周囲の出来事に払われる。人物だけでなく事物も関心を引きつける。そのため行動もまた人物や事物の影響によって左右される行動は客観的なデータや決定因子と直接結びついており、これらによっていわばすみずみまで説明がつく。行動が客観的状況と結びついているのは一目瞭然である。


行動が周囲の刺激に対して単に反応するだけのものでないかぎり、つねに現実の状況に対応し得る性格をもっており、客観的な出来事の範囲内で十分に満足し適切に行動することができる。この範囲を超えようなどと本気で企てることはけっしてしないのである。


同じことは関心のあり方についても言える。すなわち客観的な出来事がほとんど無尽蔵に刺激を与えてくるので、普通これ以外のものに関心が払われることは絶対にないのである。


行動を規定する道徳法則は社会の要求と、すなわち一般に通用している道徳理解と一致している。もし一般的に通用している〔道徳〕観念が変化すれば、主体の道徳的な行動基準も変化するであろうが、そのために心理的な態度全体がこれといった変化を受けることはないであろう。


ところでこのように客観的要因によって強く規定されている状態は、 一見したところ生存条件に完全に・あるいはまったく理想的に・適応しているように思われるかもしれないが、けっしてそういうことを意味しているのではない。


もちろん外向的な見方からすれば、このように客観的な既成事実に順応している状態は完全な適応状態に見える、というのはこの見方はそもそも他の判断基準など持っていないからである。


しかしもう一段高い見地から見ると、客観的な既成事実がいかなる状況のもとでも正常であるとはけっして言えない。客観的な条件は時代や場所によっては異常になることもありうるのである。


こうした異常な状況に順応している個人は、たしかに周囲の異常な流儀とうまくやっていくが、しかしそれは同時に普遍妥当な生の法則という見地からすると、周囲の人々全員とともに異常な状態におかれているのである。もちろんその人間はそうなってもうまくやっていけるが、しかし最後には普遍的な生の法則に背いた罪によって周囲の人々とともに破滅してしまうだけである。


この破滅は、その前に彼が客観的な既成事実に確実に順応していた分だけ、確実に訪れる。彼は順応しても適応はしていない


というのは、適応とは身近な周囲にあるものがその時その時に要求してくるものに対して何の軋轢もなくひたすら歩調を合わせているだけでは不十分だからである。


適応するためには時代や場所に制約された条件よりも一般的な法則に従うことが必要なのである。順応しているだけというのは、正常な外向的タイプが狭く限定された状態である。

外向型の正常と異常

C.G.ユング「タイプ論」みすず書房

外向型にとっての「正常」な状態とは、 一面では、既成の状況に対してたいした軋蝶もなく順応しており、しかも客観的に存在している可能性を成し遂げること以外にはもちろん何の要求もない状態のことである。


すなわち、たとえば現在この場で見込みのありそうな職業につくとか、まさに周囲の人々が今必要としていたり彼に期待していることを実行したり、そうしたものを作り上げるとか、見通しが立たないような・あるいはどうかすると周囲の予想を上回ってしまいそうな・変革は一切やらない、といった具合である。


しかし他面では、外向型の人の「正常さ」は、自分には主観的な欲求や必然性もあるのだという事実をほとんどまったく勘定に入れなくなるという結果をももたらす。


これがつまり彼の弱点である。というのはこのタイプは外の方を向きすぎる傾向をもっているため、主観的な事象の中でも最も明瞭に感知できるもの・すなわち身体の健康・ですら、ともすると少しも客観的でないか少しも「外的」でないとして十分に考慮されず、その結果生理的な健康状態にとって欠くことのできない基本的な欲求がもはや満たされなくなってしまうからである。


こうなるとこころ(*ゼーレ)はおろか身体まで病んでしまう


*こころ(ゼーレ)は、輪郭を持ったある特定の機能コンプレックスを備えた人格。としています。ゼーレでいえば、日常的な生活の中で、外では天使なのに内では悪魔だ。というように人格が分かれていることを意味していて、どちらが本当の性格でどちらが真の人格なのか答えられないような場合のこころの状態を指しています。➡「ユング心理学とは」心理学をもっと身近に!C・G・ユングで学ぶ心理学入門サイトです より


ところが外向型の人は普通この最終的な状態にほとんど気づかず、その代わりにかえって彼のごく身近にいる家族の方が気づく場合が多い


彼はと言うと、身体感覚に異常が感じられるときになって初めて、バランスが崩れていることに気づくのである。


このようにはっきり感知できる事実となると、彼も無視するわけにはいかなくなる。彼がこの事実を具体的で「客観的」なものとみなすのは当然である、というのは彼の心にとって、ともかくもこれ以外に具体的・客観的なものは存在しないからである。


また外向的な構えが行き過ぎると主体に対して何の顧慮もしなくなるため、主体が完全にいわゆる客観的な要求の犠牲になってしまうこともありうる。だとえばともかく注文があるのだからとか、ともかく目の前にある可能性は実行してみなければいけないといった理由から、商売をどんどん拡張してゆくことによって主体が犠牲にされてしまうのである。


図:鈴木秀子著「9つの性格」PHP

外向型の誇り

外向型の無意識の構え

今日我々は神話や歴史がなくても生まれることができ、生きることができる思っていますが、それは病んでいるのであって、完全に異常なことなのです。➡ヒストリーチャンネル「夢の賢者ユング」1、夢の生涯 より


C.G.ユング「タイプ論」みすず書房

次に心理的な基本機能が外向的な構えのためにどのような変化を蒙るかを述べることにしよう。

■無意識の構え

「無意識の構え」などと言うと、おそらく怪計な顔をされることと思う。しかし、これまで十分に明らかにしてきたように、私は意識に対する無意識の関係を補償的なものと考えている。この見方によれば、意識と同様に無意識も構えをもっていることになろう。


私は前項において外向的な構えにはある種の一面性へ向かう傾向があることを、すなわち心的現象の過程において客観的要因が主導権をとることを明らかにした。外向型はつねに(一見したところ)自らを客体の手に委ねようとし、主体を客体に同化させようとする。私は先に外向的な構えが度を過ごすといかなる結果が生じうるかについて詳しく述べておいた、すなわち主観的要因が有害な抑圧を受けるのである。


それゆえ意識の外向的な構えに対する心的な補償は、主観的要素を特別に強調するであろうと予想することができる。すなわち「外向型」の無意識の中には強度の自己中心的傾向が指摘されるはずである。


無意識の構えは、意識の外向的な構えを効果的に補完するために、一種の内向的な性格をもつ。無意識はエネルギーを主観的要素に、すなわち意識の構えがあまりに外向的なため抑圧されたり排除されたりしていた欲求や要求に、集中させる


おそらく前項を読んですでにお分かりのことと思うが、客体や客観的事実に従って方向づけがなされると主観的な心の動き・意見・希望・欲求・の多くがむりやり抑えつけられ、本来これらに注がれるべきエネルギーが奪われてしまうのは、分かりやすい道理である。


人間は機械ではないのだから、必要とあらばまったく別の目的のために作り直すことができ、そうすればまったく別の様式で以前と同じように規則正しく機能するなどということは絶対にないのである。


人間はつねに自らの全歴史と人類の歴史を背負っているのである。ところがこの歴史的要因は生死にかかわる欲求であって、これを満たすには賢明なやりくりが必要となる。過ぎ去ったものが新しいものの中で何らかの発言をし、それと共存していなければならないのである。


図:鈴木秀子著「9つの性格」PHP

外向型の落とし穴


無意識的な反作用が意識的活動を麻痺させる

C.G.ユング「タイプ論」みすず書房


この破局は客観的な形をとることもある、というのは客観的な目的がしだいに主観的な目的に取って代わられるからである。たとえばある印刷工が、20年の長きにわたって身を粉にして働いた結果、 一介の雇われ人から独立して大会社の社長にまで出世した。会社はどんどん拡張していき、彼は仕事にますますはまりこんでしまい、しだいに他の関心もすべてそこに投入していった。


彼は仕事に香み込まれてしまったのであり、その結果彼は次のような形で破滅に襲われた。すなわち関心が仕事だけに向いているのを補償するために子供時代のある記憶が無意識のうちに活動を始めたのである。つまり彼は子供のころ絵画や図案を描くことが大好きだったのである。ところが彼はこの能力をバランスをとるための余技として素直に受け容れる代わりに、自分の仕事に導入して自社の製品を「芸術的」に仕上げようと空想し始めた。


不幸にもこの空想は実行された。本当に彼は自分自身の原始的幼児的な趣味に合わせて製品を作り始め、その結果数年の後に彼の会社は倒産してしまったのである。彼はわれわれの「文化理想」の一つ、すなわち能力のある男は一つの最終目的にすべてを賭けなければならない、という理想に従って行動した。


ただしこの破局的な大詰めは、主観的な形、すなわち神経衰弱による虚脱状態という形をとることもある。こうした事態が生じるのは、無意識的な反作用が意識的活動を最終的には麻痺させることができるからである。


この場合無意識は意識に対して絶対的無条件の要求を押し付けてくるため、解きがたい葛藤が生じるが、この葛藤は大抵の場合、そもそも自分が何をしたいのか分からなくなり、何もする気がなくなってしまうとか、あるいは一度に何もかもやりたくなり、できないことにまで手を出そうとするといった形をとる。


文化的理由からすれば幼児的原始的な要求を抑制することはしばしば必要とされるが、このことはえてして神経症やアルコール・モルヒネ・コカイン・等の麻酔剤の乱用に道を開くことになる。


さらに深刻な事態になると、この葛藤が自殺という結果に終わることもある。こうした無意識の傾向の際立った特徴をなすのは、意識から無視されることによってそのエネルギーを奪われるにつれて破壊的な性格を帯び、その途端に補償的であることをやめてしまうということである。

記事分類
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
原子力発電所の仕組み M.V.ラマナとサジャン・サイニ
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
ウクライナ・オン・ファイヤー
ジョン・ミアシャイマー「ウクライナ戦争を起こした責任はアメリカにある!」
健全な精神の小さな火花を燃やせ!
藤原直哉/4月:時局分析
藤原直哉/5月:時局分析
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸

内村鑑三の箴言
キルケゴールの箴言
芥川龍之介「蜘蛛の糸」朗読
クソどうでも良い仕事" は誰のため?
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
なぜ少なからぬ政治家はカルトに親和的なのか
能力の低い人ほど自己評価が高い/ダニング=クルーガー効果
能力の高い人ほど自己評価が低い/インポスター効果
【真理省】が捏造するプロパガンダ「オーウェル的な」
暴君のいない暴政「カフカエスク」
ナルシシズムという病
加藤諦三「ナルシシズムと攻撃性」
ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」
陰(イン)陽(ヤン)の隠された意味 - ジョン・ベラミー
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
エマ・ワトソン親善大使 国連でのスピーチ
マララ・ユサフザイ 国連本部でのスピーチ
グレタ・トゥーンベリ COP25でのスピーチ
「ミソジニー」ってよく聞くけど、どういう意味ですか?
予備校のノリで学ぶ「エントロピー」
諸行無常と諸法無我
藤原直哉「老齢先進国はどこへ行く」
藤原直哉「世界のタガが外れつつある」
藤原直哉「錯乱から沈黙に」
藤原直哉「トランプがSNSに戻ってきた」
金利上げるの?上げないの?【デモクラシータイムス】
2008年金融危機からの禁じ手による反則負け